拉麺BLUES

台湾まぜそばはなび大阪本店 元祖台湾まぜそば

「麺屋はなび」の大阪直系店「麺屋つばき」が今年7月に「台湾まぜそばはなび大阪本店」と店名を変えリニューアルオープンした。
平日に行ってきたのだが常に店内満席で中待ちと外待ちまでできている。
「はなび」というブランド力の凄さを見せつけられた思いだ。
e0208833_15483732.jpg
店の前に麺箱が置かれている。
「はなび製麺」と書かれているので名古屋の本家で使われている「林製麺所」の麺と違う。
これは予想できたことなのだが少々がっかりした。
「はなび製麺」は要するに自家製麺で「林製麺所」は製麺の専門業者だ。
これは食べてすぐにわかるくらい違いが大きい。
果たしてこの日食べた「はなび製麺」の麺は柔らかくて茹で上がり後に麺を棒でかき混ぜてわざと傷を付けているので歯ごたえがない。
先月名古屋で食べた「林製麺所」の麺は棒でかき混ぜた後も麺に歯ごたえがあってしかもうまみもあった。
これこそが「麺屋はなび」の台湾まぜそばが絶大な人気を誇っているの所以であってフランチャイズ店や遠隔地の店舗で使っている「はなび製麺」の麺は台湾まぜそばのだいご味を十分発揮しきれていないように思う。
ちょっと話がややこしくなったが、次に台湾ミンチ。
この日食べた台湾ミンチはやや甘みがある。
ただし本家の台湾ミンチも店ごとに味付けに若干の違いがある。
私は甘いほうが好みでありミンチはあまり辛くしてほしくないのでこれはよかった。
魚粉だが先月名古屋店で食べたのは魚粉自体にうまみがありよかったのだが今回はやや雑味の感じられる魚粉で残念。
ただこれも仕入れ先や時期や産地で味に変化がありたまたまよくなかったのかもしれない。
細かく比較するとちょっと劣勢の評価となってしまったがタレの味は本家とあまり変わらなかったので麺さえよければといったところだろう。





[PR]

# by oretokumou | 2017-09-21 00:00 | Comments(0)

麺のようじ海 塩ラーメン(鯛)

過去に食べた鯛出汁ラーメンでこれはと思ったものがなかったのでやや消極的なのだが、この店の看板メニューでもあるので食べてみた。
e0208833_20211933.jpg
鯛出汁ラーメンの弱点でもある鯛の臭み(白身魚の臭み)は抑えられている。
しかし鯛のうまみというものがなかなか伝わってこない。
魚の味はするのだがそれがラーメンのうまみにはなっていない。
前回食べた鮪出汁は赤身系の魚らしいいい出汁が出ていたのだがやはり鯛はなかなかラーメンになじまないような気がする。
スープ単独ではおいしいのだが麺をすするとだしから漂う香りがやはり魚臭くて麺の味を殺してしまう。
いまだに鯛出汁系は好きになれない。

[PR]

# by oretokumou | 2017-09-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

会津山塩らーめん塩々 会津山塩らーめん

台風も去り天気がいいのでちょっと福島まで行ってきた。
お目当ては会津らーめん。
喜多方ラーメンともいう。
e0208833_21040499.jpg
「会津山塩らーめん」を注文!
e0208833_21041189.jpg
喜多方ラーメンらしい塩味の効いたほんのり鶏ガラの味がするおいしいラーメンだ。
旅気分で食べるご当地ラーメンは最高!
麺も縮れた平打ち麺でおいしい!(喜多方の朝日屋食品製使用)
チャーシューはもうちょっと入れてほしい。
e0208833_21042256.jpg

 

会津山塩らーめん塩々(しょっぺしょっぺ)

大阪市福島区玉川1-2-51


[PR]

# by oretokumou | 2017-09-18 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

和楽大勝軒 ラーメン2玉

前回の出来が悪かったため二の足を踏んではいたが、それではラーメン好きの名が廃るのでリベンジ、チャレンジ!
e0208833_19371468.jpg
今回は前回のような臭みは全然感じない。
実は前回と条件が違う。
前回は午後2時か3時に行ったのでスープが煮詰まっていたのだろう。
今回は11時30分の開店時間直後。
だからコンディションがいい。
スープはコクの少ないあっさりした感じでこれは前々回にも感じたことがある。
でもこのほうが前回の臭みの残るスープよりもいい。
むしろこのほうがおいしいと思える。
コクがあるからおいしいというのは条件次第では当てはまらないこともある。
今回も二玉頼んだのだがこれなら三玉の大盛りでも食べることが出来そうだ。
麺は取り立てておいしいというほどでもないがいつも同じコンディションを保っているようだ。
スープはブレが激しいので次回はどうなることやら。
チャーシューはもうちょっと大きくしてほしい。
見た目が寂しいので。

[PR]

# by oretokumou | 2017-09-17 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

極汁美麺 umami セアブラニボシ (背脂煮干しラーメン)

諸事情により今月は鶏清湯の塩と醤油を封印して煮干し系のみで営業中の「極汁美麺umami」
e0208833_08573663.jpg
清湯スープでは大阪ナンバーワンと私が勝手に思ってる「極汁美麺umami」が煮干しラーメンを出せばやはり絶品のものを出してくれる。
関東風のビターな煮干しではなくうまみを閉じ込めた煮干しラーメンだ。
背脂でこってり感を十二分に味あわせるのもすごい!
煮干しのネガな部分を取り払い、なおかつ背脂による動物系のコクもふんだんに取り入れる。
山芋やカイワレという凝った具材も不必要なくらい麺とスープだけで満足させる。
麺はこのスープ用に作った(外注だったかな?)太縮れ麺。
縮れは手もみでしっかり出している。
この太麺にスープが乗って麺とスープの一体感がいい。
一か月だけの提供は惜しすぎる一杯だ。

[PR]

# by oretokumou | 2017-09-16 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)