拉麺BLUES

麺や紡 大盛り熟成らーめん

「麺や紡」は行列確認と称したまに前を通るのだがこの日は開店30分後の11時半に10人の外待ち。
これはラッキー!
すかさず列の最後尾に並んだ。
そしていつになく回転が速い。
30分待っただけで中に入りすぐに着席。
いつもなら半分くらいの人が2杯食いするのだが、この日は全員が1杯しか頼んでいない。
そして学生の客がいなくて外回りや近くの職場からの客が大半。
そのため食べたらすぐに出ていく。
こんなに回転のいい「麺や紡」は初めてだ。
e0208833_18344969.jpg
さて、「大盛り熟成らーめん」だが鶏白湯スープはクセがなく食べやすい。
鶏白湯にありがちな甘さは控えめでやや塩辛い。
そのためこってりした感じがなくとても食べやすい。
麺は中太の多加水でつるんとした食感。
飛びぬけておいしいわけではないと感じるのはいつものことでむしろこのスープなら甘さと酸味を加えてつけ麺にして食べたほうがおいしいと思う。
(以前つけ麺もあったが調理に時間がかかるのでなくなった)
それでもこの店の奥さんのはきはきした応対とテキパキした仕事ぶりはいつも感心する。
食べ終えてお金を払って送り出されることでまた来たいという気持ちになる。
この日も奥さんは10人くらいの客なのに「時間がかかります」と言っていたのだがいつもと違って全然時間はかからなかった。
珍しく回転が良かったのは2杯食いがなかったことにつきる。
ここの大盛りは800円で結構量も多い。
私は1杯だけで十分だ。
e0208833_16405314.jpg

[PR]

# by oretokumou | 2017-12-13 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺処葵

Twitterを始めた「麺処葵」。
これで臨時休業を察知できるようになったのはありがたい。
コロコロ変わるメニューはどんなのか?
写メでカシャ!
特に目新しいものはないようだ。
e0208833_01095344.jpg
「麻辣たんたんめん」大盛り950円。(並盛り900円)
もうこのごろはどの店も急激に値段が上がっていよいよ大台目前だ。
e0208833_01291265.jpg
この日食べたのはいつもより辛い。
今までは汗などかくことなかったのに食べている途中で汗が噴き出してくる。
寒いので鼻水まで出てきて顔面水浸しだ。
そして大量の四川山椒で痺れること痺れること。
麺が今までよりも柔らか目。
たしかTwitterで麺を変えたと書いていたが私はもうちょっと固めのほうが好みだ。
それでも濃い豚骨スープが旨味も引き連れてくる。
これが清湯スープならただ辛いだけになっただろう。
いつもより辛いのといつもより麺が柔らかいので満点まではいかなかったが、それでもこの店のたんたんめんは十分に満足できる担々麺だ。

[PR]

# by oretokumou | 2017-12-12 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

北九州毘侍家 博多アゴだしが豪華に香る北九州とんこつらぁめん ラーメンEXPO2017

ラーメンEXPO2017の第2幕。
尾道ラーメンを食べて同時開催の「ギョーザEXPO」の餃子でも食べて帰ろうかと思ったのだが、北九州市からの出店があったので俄然食べたくなってきてチケットを買い列に並ぶ。
e0208833_22124326.jpg
「毘侍家(びしゃ)」って店は知らないのだが私がかつて住んでいた北九州市のラーメン店だから興味がわく。
e0208833_22131337.jpg
豚骨スープにアゴだしを加えたダブルスープだ。
ただこのアゴだしだが意外とクセがある。
スープだけを飲めばそれほどクセもないのだが麺を絡めて食べるとかなりえぐい。
豚骨スープだけのえぐみならむしろ好きな味なのだが、このアゴだし豚骨は食べ慣れていないだけに異様に感じた。
あとで調べたのだがこのメニューは通常メニューでなくイベント限定だ。
であればオリジナルメニューのほうがいい。
豚骨スープはそれだけでうまいのだから手を加えることはないとおもうのだが。



[PR]

# by oretokumou | 2017-12-10 07:00 | ラーメンイベント | Comments(0)

尾道ラーメン喰海 かぶりつける角煮と炙りチャーシューのせ尾道ラーメン ラーメンEXPO2017

先週始まったラーメンEXPO2017。
今週は第2幕だが第1幕も第2幕も特に行きたい店はなかった。
ただ尾道ラーメンは過去一度行って食べただけでそれ以外はあまり食べたことがない。
今回食べた「尾道ラーメン喰海」も特に知っていたわけではない。
それでも尾道から駆け付けた本場のラーメンを食べてみたいという気持ちに駆られて万博公園までやってきた。
天気も良くてそれほど寒くもないので客足もよい。
ラーメンEXPOも師走の名物として定着してきたのだろうか?
e0208833_20514027.jpg
「かぶりつける角煮と炙りチャーシューのせ尾道ラーメン」800円。
e0208833_20514754.jpg
チャーシューと角煮と半玉のせで結構豪勢な盛り付けだ。
尾道ラーメンの特徴である背脂も入っている。
さて味だが予想していた通りの尾道ラーメンの味だ。
醤油ダレはすっきりしていて背脂がコクをだしている。
麺は中太ストレートでありふれた麺だがスープをしっかりとつかんでいる。
私は3年くらい前に尾道に行ったのだがその時のことがこのラーメンを食べてよみがえってきた。
海と山に挟まれその狭い土地に鉄道が走っていてそこで食べたラーメンはまさにこの土地にぴったりのラーメンだった。
今年は広島市と宮島には行ったのだが尾道まで回る時間がなかった。
今回「尾道ラーメン喰海」はその穴をしっかり埋めてくれて感激もひとしおだ。

[PR]

# by oretokumou | 2017-12-09 21:00 | ラーメンイベント | Comments(0)

元祖博多中洲屋台ラーメン一竜 西宮北口店 赤ダレとんこつラーメン

本日12月8日福岡に本部のある豚骨ラーメンのチェーン店(もしくはフランチャイズ)「一竜西宮北口店」がオープンした。
e0208833_16315978.jpg
場所は西宮市の中津浜線沿いで阪急電車踏切のすぐ南側。
西宮北口店ではあるが駅からはちょっと遠い。
だが駐車スペースが14台分あるので車で移動する人にとっては便利かもしれない。
e0208833_16320720.jpg
店内はテーブル席も多くファミリー向けの様相も漂う。
サイドメニューは焼きめしや餃子もありじっくりラーメンを楽しめる雰囲気がある。
九州でもこういうラーメンレストランが数多くあり昼休みにふらっと寄れるのが懐かしく感じられる。
さてラーメンだが一蘭のような「赤ダレ」入りを頼んだ。(710円)
赤ダレ無しだと680円になる。
スープは関西を意識したのだろうか、臭みというかえぐみを抑えていてまろやかに感じられる。
福岡なら店の中に充満した豚骨の臭さが魅力なのだが関西ではそれがネックになってしまう。
せっかく中洲屋台ラーメンと店名に入れているのだからもっとえぐいのを期待していただけに拍子抜けだ。
麺は固めで頼んだがちょっとほぐれにくいようだ。
関西では「一蘭」と「一風堂」が人気を得ているがこの「一竜」はどちらかと言えば「一風堂」に近いように思える。
この二大巨頭に割って入って行けるのか興味は深い。

[PR]

# by oretokumou | 2017-12-08 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)