拉麺BLUES

らーめん颯人 しょうゆらーめん

e0208833_2282462.jpg


今日で5~6回目の訪問
いろんなラーメン店を食べ歩く私としては、かなりの訪問頻度

それは初訪問の一口目でこのラーメンの味の虜(とりこ)になったからだ

ふくよかな節系の味
昆布のまろやかな味
複雑ではない単純明快な旨さ
それを切れ味鋭い醤油ダレが旨味を倍加している

でも、悪く言えば、一口目の快活に流れゆくうまさゆえ
食べ進むにつれ飽きるという弊害を併せ持っている

それは二度目の訪問時に如実に感じた

感動って二度三度味わえるものではなく一度っきりだから感動であり得る

ただその間に味噌らーめんや裏メニューの裏しょうゆを味わって
プチ感動を得ることはできる

今日がそうだった
やはり一口目はうまい
でも二口三口はそうでもない

おいしいのは確か
でも持続力が弱い

逆に、一口目は「ええっ?」と思っても食べ進むうちにハマる味だってある
豚骨系の臭い味がそう
だからラーメンは怖い

それは意外性のうまさといっていいのか?

きれいすぎて飽きられるって何かにつけあること
ただ私としてはそれでも既に数回訪れているし、この店が好きなのには違いない

でも今の客数(だんだん落ち着いてきている)がこのコラムで書いたことに裏付けになっていやしないだろうか?

すごく複雑
いまのままであってほしいし、大化けに化けてほしい気持ちもある

余計なこと言い過ぎた
それでも私はこれからも行くだろうし身近な友人知人にお勧めしたい
[PR]

by oretokumou | 2015-06-24 22:27 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 麺乃家 ひやあつ十八番 麺やなないち 塩ラーメン >>