拉麺BLUES

麺屋つばき 台湾まぜそば

e0208833_20124116.jpg


名古屋の麺屋はなびの姉妹店
支店ではなく契約で営業するフランチャイズ的な存在
関西においては麺屋はなび系列店はここが第一号
ラーヲタ諸氏の評価はどちらかといえば芳しくない

中部圏と関西圏って食文化においては恐ろしいほどの隔たりがある
その境目は言わずと知れた関ヶ原
うどんだしの色はこの関ヶ原できれいに分かれる

つけ麺も濃厚豚骨が嫌われるのはこの関ヶ原から
名古屋周辺はつけ麺といえば濃厚豚骨

で、この台湾まぜそば
関西では認知度は上がってきたが実食度はまだ低い

で、興味津々で食べに行った人はうま味がないという意見が大勢
やっぱりな、関ヶ原の壁は高すぎる

さて私の評価だが、これは確かにタレの旨味が弱い
わたしが以前麺屋はなびの高畑本店で食べた台湾まぜそばは、タレの味は雑だがしっかりした味が麺にのっかっており、
この麺自体のうまさもまたすぐれており麺とタレの一体感を感じた

麺やつばきにおいては麺は同じ製麺所の麺を使っており非常にうまい
だがタレの弱さが命取りになっている

タレの弱さが具の味を強調してしまい、特にニラと海苔が口の中でパサパサした食感を異様に感じさせている
この異様さが麺のうまさを損なっているし、食感の悪さも与えてしまっている

私も関西人の端くれで名古屋の麺屋はなびの台湾まぜそばはそんなにおいしいとは思わなかった
でも、元祖というか本店効果で何度かリピートをしている
だが今回食べた麺屋つばきの台湾まぜそばは、リピートしたくなることはこの先まずないだろう

北新地に盛大にオープンした名古屋の名店の姉妹店として立ち上げたこの店
いつまで持つか?
その方が気になって仕方ない
[PR]

by oretokumou | 2015-06-28 20:33 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 麺やマル匠 塚口店 台湾まぜそば 中華そばうえまち 中華そば塩 >>