拉麺BLUES

中華そば堀川 醤油そば

阪急服部天神駅近くに出来た新店
おそらく本日15日オープンなので前知識はなんにもない
当たりかハズレか運試しのつもりで行ってきた
e0208833_2194045.jpg

ラーメンは醤油そばのみという王道を行くがごとくの強気のメニュー
店主の自信のほどがうかがえる
立地的には駅前商店街の通りに面した場所で集客には恵まれている
無名のラーメン店の新規オープンだが外待ちもできていてどうやら好調なスタートを切ったようだ
そもそもこの周辺にラーメン店が少なくラーメン難民にとってもありがたい存在でもある
e0208833_1565350.jpg

中華そば(並)
まず結論から言うと、かなりいい!
新店なのに枯れた味がして店はピカピカなのだが風格を感じてしまう
ひとくちスープを飲むとかつお油が口の中を支配するがそのあとに煮干スープがコクと苦みを連れてきてくれる
カテゴリー的には魚介醤油ラーメンだが関西ではなかなかおめにかかれない関東風の味がする
東京の「永福町大勝軒」「柴崎亭」戸塚の「支那そばや」を彷彿とさせる枯れた味
関西では閃の初期の味を思わせる
ちょっと違うかもしれないが「中華そばえぐち」に通ずる部分がある
塩だろうか?醬油だろうか?酢だろうか?スープに若干のエグミを感じるが、醤油に張りがある
関西の醤油ラーメンはまろやか系の醤油が多く、ともすればうどんやそばのような節系が際立った味になるのだが、「中華そば堀川」の醤油そばはその逆を行くパンチのある味になっている
動物系は鶏ガラがメインだと思われる
先に「支那そばや」に似ていると書いたが支那そばやほど動物系は強くなく塩と醤油が軸になっている
麺は祝い花のネームからツルミ製麺所のストレート麺を使っていると思われる
若干柔めの麺が関西流と思わせるが、もしこれが三河屋製麺の歯ごたえ十分な麺を使えば完璧に関東流魚介醤油ラーメンの完成だろう

大阪府豊中市服部西町1-3-3
水曜日休み
[PR]

by oretokumou | 2016-01-15 15:07 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 塩元帥 本店 天然塩ラーメン ロックンビリーS1 尼ロック >>