拉麺BLUES

大阪麺哲 醤油

3度目の実食で毎回醤油をいただいている
限定やまぜそばなどもあるがあまりそちらには食指が動かない
e0208833_19514339.jpg

これは醤油ラーメンなのだが薄口しょうゆを使った淡麗ということばがぴったりのラーメンだ
それゆえ素材の持ち味をしっかり伝えてくれるのがうれしい
鶏ガラや丸鶏の味がしっかりと感じられるし魚介系の旨みも下支えしている
強引に分析すれば、
カドヤが醤油勝ちで麺哲が鶏勝ち、そしてきんせいが鶏と魚介の接戦
大阪の三大勢力はそれぞれに特徴を出しているところがいいし、食べる側にとってもいいタイミングでローテーションが組める
麺もそれぞれ独特な主張があり、今回食べた麺哲の麺はポキッとした食感が小気味よく箸を進ませてくれる
ちょっと驚いたのが肉が薄くスライスされていたこと
最初に来たときは分厚い肉で噛むのに苦戦したのだが、やはり評判がよくなかったのだろうか?
それでも個人的には分厚いほうが麺哲という感じがしていいと思うのだが・・・
[PR]

by oretokumou | 2016-02-12 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< つけ麺繁田 つけ麺 らーめん颯人 しょうゆらーめん >>