拉麺BLUES

つけ麺繁田 つけ麺

スープはかつお魚粉に豚骨ともみじのWスープ
いわゆる忌まわしきあれ系
もう関西のつけ麺はあの呪文で衰退していったといっても過言ではなかろう
その忌まわしき言葉の発信源である超有名ブロガーさんには悪気はないことは十分承知している
でもその呪文が独り歩きしすぎた
本当はおいしいつけ麺なのに世間のラヲタの誤認で悪い方向に辿りついてしまった
今関西でつけ麺は蚊帳の外に追いやられてしまってまぜそばにトレンドが向いてしまっている
でも俺自身はこのまたおま系ってさげすんで言われるこの系統のつけ麺は大好きだ!
かつてはラーメンと濃厚魚介豚骨つけ麺を交互に食べていた時期もあった
でもそれも2年ほどで終わってしまった
店が激減したのである
それでも三田製麺所、つぼや、みさわが継続して営業しているのは敬服に値する
今関西で認知されているつけ麺は魚介醤油ラーメンの延長線上である
いわゆる清湯スープの延長線上で、またおまと呼ばれた濃厚魚介豚骨ではない
関西特有のつけ麺の一種である
そもそもラーメンで完結してもいいと思う魚介醤油を太い麺でつけ麺に仕立て上げてがっつり食べたい魚介醤油として存在価値を見出している
それはそれでうまいし、ひとつのジャンルとして存在してもいいと思う
e0208833_186884.jpg

前置きがかなり長くなってしまったが、さてこのつけ麺
提供された時に「最初に麺だけ食べてください!」と釘を刺された
私的にはそういう指図を受けるのは嫌なほうだ
でも見た感じ、麺だけ食べてみる価値があるような雰囲気にさせてくれるので敢えて麺だけ食べてみた
たしかに麺の旨味が伝わってくる
極太麺ちょっと手前の太麺でコシがありながらしなやかさもある噛んでちょうどいい具合の太さ
だからといってこのまま麺だけ食べる訳にもいかないのですぐさまつけダレに浸して麺を食ってみた
うん、うまい
かつお節の魚粉が強烈に効いている
豚骨は濃厚ではなくあっさりしていて鶏のモミジが甘みととろみを引き出している
全体的に酸味は少なく甘みが前面に押し出されている
これは関西でも受け入れられるつけダレと思われる
大阪では廃れてしまったこの手のつけ麺は神戸ではまだまだ捨てたもんじゃない
今神戸では三豊麺グル―プが幅を利かせているがまたおま系の復活を大阪にも推し進めようとしている
単独店ではなくチェーン店がまたおまを推進するのも微妙な感じもするが、決して廃ることのないよう願わざるを得ない
いや、最後のスープ割りまでおいしかったのでまた定期的に来たい店だ
[PR]

by oretokumou | 2016-02-13 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 麺屋てっぺん西宮店 台湾まぜそば 大阪麺哲 醤油 >>