拉麺BLUES

ラーメン人生JET 丸鶏醤油そば 改

よく趣味の話になると私は「ラーメン食べ歩き!」と答える
そして必ず聞かれるのが、「どこの店がおススメ?」
そう聞かれると実に困ってしまうのである
世の中そうそうラヲタはいない
そしてラヲタは特殊な人種である
ということで私に質問する一般人と特殊な人種である私のピント(焦点距離)が全然違うからなかなか答えにたどり着かない
それでも答えないわけにはいかないから「ラーメン人生JET」とか「塩元帥」と適当に答えてしまう
「本当はほかに薦めたい店があるんだけどな・・・」と私はいつも心の中でつぶやく
とはいってもラーメン人生JETは好きな店の一つで、本当ならもっと食べに行っててもいいはずなのだが、それを妨げているのがあの行列
ただ、和海や和心、紡、人類みな麺類と違うのはJETは回転が速いので意外と待たなくてもいいようだ
ほかの行列店もこうであってほしいのだが、それは店それぞれということで個性を重んじ深くは望まないことにしよう
e0208833_18135791.jpg

丸鶏醤油そば 改(限定)
このラーメン限定メニューであるのだが、メニューを見て驚いた
この店の「鶏煮込みそば」及び「鶏煮込みつけ麺」「カレーラーメン」意外はすべて数量限定である
いつのまにか鶏煮込みそば系がメイン商品で、あとは付けたしみたいな扱いになっている
それだけ鶏煮込みそばの評価が高いということか?
私も数年前に大阪伊勢丹の催事で食べた「鶏煮込みそば」があまりに美味しくてその評価に異論はない
催事特有のダレたやわやわの麺が出てきたのだがそれでもうまかった
このようにJETが鶏煮込みそばを主力として扱っているのは当然のことだろう
さて話をもどし、丸鶏醤油そば 改だが、さすがに丸鶏を使っただけあってスープに鶏のコクがしっかりと感じられてうまい
そして醤油ダレもありきたりだが昔ながらの醤油ラーメンを濃くしたようなオーソドックスでありながらしっかりした味わいになっている
うま味を魚介に頼ることなく鶏と醤油を前面に打ちたてた満足のいく味である
ただ幾分ワイルドな味になっており優しさというかすっきりした感じがなく雑さ加減も感じられるのが今風でないような気もした
麺は例のつるっとした麺で、この麺はつけ麺なら最高にうまいのだが、ラーメンの麺となるとちょっと私の好みから外れてしまう
固めお断りはもはや周知のことなのだが低加水の固い麺ならもっと合うように思えてならない
だが、この麺は鶏煮込みそばならうってつけだと思うのは大阪伊勢丹の催事で食べた時に確認済みである
次はぜひ本店で鶏煮込みそばを食べてみたい
蛇足だが、JETのカップめん、もうひとつだったな
東洋水産さん、もうすこしJETの味を研究してよ
[PR]

by oretokumou | 2016-02-20 19:36 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 片岡製作所 ラーメン ラーメンまぜそばえにし 汁なし... >>