拉麺BLUES

麺処葵 麻辣たんたんめん

「麺処葵」に異変が起きていた
それは、メニューが注文するときに差し出され、注文が終われば回収されてしまう
まるで高級レストラン
私としては注文が済んでもメニューをじっくり眺めたいのだが・・・
注文変更をさせないための措置だろうか?
たしかにコロコロ注文を変える客は多い
店にとってもめんどうだとは思うがメニューまで回収されるのは残念でならない
e0208833_1422235.jpg

とまあ冒頭でネガティブな意見を述べてみたが、この日頼んだ「麻辣たんたんめん」は久々に幸せな気分になれた一杯だった
10点満点中の10点を付けてもいい
食べログなら味4.5で冒頭の件を差し引いても4.3は付けたい
もっとも私は食べログには投稿していないが・・・
さて、担々麺と言えば汁なしが本来の姿のように言われている
汁ありは日本流にアレンジされたものということもよく聞く
そういう情報に感化された私は汁ありはあまり好んで食べることはない
だが「麺処葵」が出すのであれば汁ありであろうが期待はふくらむ
果たしてその期待は裏切ることがなかった
とにかく花椒のかおりやしびれ感がよかった
辛い物は決してうま味とはならないのだがクセにはなる
食べたとたんにクセになり次から次から箸が進む
麺がうまいとかというのではなくとにかく食欲をかきたててくれる
そのなかで旨味を与えてくれるのがスープである
おそらく豚骨ベースと思われるスープに芝麻醤が加わり、辣油の辛さがあるのにうまくてうまくて飲んでしまう
最初の一口目から最後の一滴まで満足のしっぱなしで飽きることがない
冒頭に挙げた接客の不満ももうどうでもよくなってしまう
それくらいに恐ろしくうまい1杯だった
そういえばほかの客も半数以上が「たんたんめん」を頼んでいた
もしかしてこれは葵の新名物になったのかもしれない
[PR]

by oretokumou | 2016-04-12 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< みつ星製麺所西中島店 濃厚らーめん 虎一番 鳥塩ラーメン >>