拉麺BLUES

めんや雲珠桜 醤油らーめん

空前の新店ラッシュで賑わう関西ラーメン界
いろんなタイプの店が出てくるが、それぞれがインパクトのある味を作り出してくる
昔ながらの鶏ガララーメンなんて化調たっぷりでもはや味わうこともできない
今はスープよりもタレ
タレに工夫をこらし油と煮干しなどの魚介でうまみをよりわかりやすくしている
そんななかで意外と素直においしさを醤油で伝えようとしているラーメンに出会えた
苦楽園という高級住宅街にはラーメンやは似つかわしくないのだが、内装はなかなかこの高級住宅街に溶け込んでいる
e0208833_9591325.jpg

さてスープは見たとおりの鶏清湯
透き通ったスープの中には鶏ミンチが入っている
一瞬これはいらないと思った
清らかなスープを濁らせる要素だと思ったから
でもスープを飲んでみると濁った味はなくすっきりした醤油の味が口に広がる
タレに油分が少ないのでインパクトはさほどなくこってり感もない
ただただ醤油のうまさが実感できる
白髪ネギと合わせて添えられた人参が珍しさを思わせるが、これが甘くてすっきりした醤油ダレによく合う
麺を食わせる前に具材を食わせてうまさを感じさせることはそうそうない
そして麺も縮れた麺だがスープが麺のうまさを増加させる
近年のラーメントレンドからははずれているのだが、それがまたオリジナリティーを感じさせ勢いで食べるのではなくじっくりと味わえるラーメンに仕上げられている
今後を注目していきたいラーメン屋だがさてどうなるのか?
不安であり楽しみでもある
[PR]

by oretokumou | 2016-04-24 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 和楽大勝軒 ラーメン2玉 中華そば堀川 いりこそば(限定) >>