拉麺BLUES

ラーメン哲史 醤油

麺哲麺野郎からの独立店
赤シャツ氏も常駐しており息のかかった店であることがわかる
e0208833_20561930.jpg
一口スープをすすってみると意外とおとなしい醤油ラーメン
麺哲風でもあるが麺哲のクセが弱い
鶏ガラと醤油だけで勝負する潔さは感じられる
魚介風味は感じられない
昔ながらのラーメンという趣もある
やはりラーメンは鶏ガラと醤油
さらに言えばうまみ調味料の力強さがラーメンの昔のだいご味だった
インパクト不足と場所の不利さをどう克服していくのだろう
でも私はこういう店は好きだ
応援していきたい

[PR]

by oretokumou | 2016-08-11 21:30 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 中華そば堀川 冷やし魚そば This is 中川 1983... >>