拉麺BLUES

中華そばひのき屋 和風鶏醤油中華そば

てっきり清湯だと思っていた
だが配膳されて驚いた
これ鶏白湯じゃん
そういえばこの店、野江内代に移転したときに鶏白湯が素晴らしいという触れ込みでやってきたのを思い出した
最初は出し惜しみしていて限定で小出しにしていたような・・・
間違っていたらごめんなさい m(__)m
e0208833_19402788.jpg

まったく予期してなかった鶏白湯だが、表面の泡々に食欲をそそられる
スープを飲んでみるとこれがうまい!
鶏味もくどくなく魚介もやたら強調しているわけでもない
適度なバランスが落ち着きを感じさせる
これを引っ提げて奈良から大阪にやって来たんだ
麺は他のラーメンと共通なのか?
もう少し太くてもよさそうな感じだ
そして醤油ももう少し利かせてもよさそう
いや、個人的な希望を述べてもそれが何にもならないのは明らか
美味しいものは美味しいのである
e0208833_19403655.jpg

さて、これはもうサービスと言っていいであろう
「〆の煮干し混ぜそば」
もちろんこれは単独では注文できない
「和風鶏中華そば」に付随してるサービスメニューで150円で混ぜそばがついてくる
これはもう頼まずにはいられなかった
タレもついているしネギもチャーシューも添えられている
これ、単独でも400円くらいは取れる価値がある
このままで食べるとタレが強いのでお好みでラーメンスープを入れたりして味を調整する必要があるがそれがまた楽しい!
ラーメンスープにつけて食べてもいいしとにかく自由にカスタマイズできる
煮干し系ラーメンに「あえ玉」というのがあるが、そういう感じのものである
この替え玉に代わる〆の混ぜそばは今後ほかの店にも伝播していくと私は予想している

[PR]

by oretokumou | 2016-10-01 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 中華そば堀川 醤油そば(大盛) ラーメン颯人 しおらーめん >>