拉麺BLUES

麺処葵 豚骨魚介つけめん

もともとこの豚骨魚介つけ麺が「麺処葵」の看板メニューだった
だがその後の新メニュー登場によりだんだん格下メニューになっているような気がする
いや、格下というのは語弊がある
他のメニューと同列というのが現状だろうか
e0208833_16571587.jpg
最初にこのつけ麺を食べたときは「六厘舎」のようだと思ったし、今日食べてみても「六厘舎」らしさを感じさせる
もっとも麺は「六厘舎」より細いのだが豚骨の甘い味や魚粉の味が六厘舎チックである
ただ、うま味の突き抜け感が「六厘舎」より手前で止まってしまう
丁寧に処理されたためにアクの部分が抜けてしまってうまみのピークに伸びがない
これは当初から感じられたことで「六厘舎」にあらずという「麺処葵」の意思表示なのかもしれない
言い換えればさっぱりした味わいである
ずいぶんこの手のつけ麺も廃れてしまった感があるが「麺処葵」にとってはモニュメントでありメニュー落ちしてほしくはない


[PR]

by oretokumou | 2016-10-22 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 三豊麺 つかしん店 らーめん一宇 醤油らーめん >>