拉麺BLUES

麺屋いぶき 四川式汁なし和え担々麺

JR塚本にまた新店がオープンした
もう何軒ラーメン屋ができるねん?

といっても「日本酒バルいぶき」という料理屋が昼営業で汁なし担々麺の店を「麺屋いぶき」という屋号で営業しただけだ
ラーメンって他ジャンルの料理人からすればやりたいジャンルナンバーワンではなかろうか?
尼崎でも居酒屋が昼にラーメン店をオープンさせ好評だと聞く
ラーメン屋じゃないのにラーメンのうまい店って意外と多いような気がする
ただこのお店は「ラーメン」でなく「汁なし担々麺」のみの取り扱いである
e0208833_14343389.jpg
さてこのお店の取り扱い商品名は「四川式汁なし和え担々麺」である
四川式というからには担々麺の本場四川の担々麺に忠実なのだろうか?
それとも汁なし=四川式ということなのだろうか?
いろいろ頭をよぎる
ただ、四川の担々麺にしても店ごとに味が違うだろうし決まりきったものはないのかもしれない
それ以前に中国の四川と日本の大阪では味に対する嗜好がまったく異なっているだろうし、四川の味をそのまんま大阪で出してもそれが受け入れられるとは思えない
大阪のそれはいわゆる「四川風」であり、その中身は大阪ナイズされていないと当然商業ベースにのらないであろう
ダラダラ書いてしまったがメニューは次のとおりでだ
e0208833_14344322.jpg
強気に「汁なし」だけで「汁あり」も「ラーメン」もない
おそらくこれだけではやっていけないと思う
夜の常連客ならほかの食べ物も作ってくれよというリクエストにこたえるのではないかと思う
まあ私は一見さんなのでメニューに載っているものしか頼まないのだが・・・
e0208833_14345031.jpg
ラー油はかけられていなくて写真左にある別添えのラー油をお好みでかけるシステムである
ということで最初はラー油をかけずに麺だけを食べてみた
なかなかおいしい麺である
ちなみに麺は「至誠の麺」でおなじみの「池村製麺所」製
食べてみてもなかなかのイケメンである

混ぜる前の見た目はイケメンではなくてあまりそそられないが、どうせ混ぜてしまうのでそんなことはどうでもいい
タレがすごくねっとりしていて、麺と混ぜるとまるでカルボナーラのように麺とソースが一体化する
これは今まで食べた汁なし担々麺でもあまり感じることのなかった食感だ
ラー油は全部かけてみたのだが辛さはややピリッとするくらいでそれほど辛くはない
ほかの汁なし担々麺でよくあるフォアジャン(花椒)はあまり使っていない
フォアジャンが弱いので旨みは弱いのだがタレの味が本場っぽい印象でなかなかいい!

池村製麺の平打ち太麺がいい仕事をしているおいしい担々麺なのだが個人的にはもっとフォアジャンを利かせてほしかった
唐揚げ2個とサラダとライスの付いたセットメニュー(900円)は満腹感がありお得
モモ肉の唐揚げはかなりのおいしさである

[PR]

by oretokumou | 2017-02-17 15:30 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< もっこす王子公園店 中華そば らーめんCiel 醤油らーめん >>