拉麺BLUES

もっこす兵庫店 中華そば

緊急特別企画「もっこすスープ工場火災の復興祈願 もっこす復旧奮闘記」へようこそ!
まあ勝手に立てた企画だが、私自身途中で投げ出すと思っていたのに意外と引き込まれている
もっこすを研究すればするほどその魅力に憑りつかれるようだ
もっこすには恐ろしいほどの魅力がある
それは二郎や家系に通ずるものがある
いまでこそラーメン不毛地帯と言われる神戸に実は早くから「神戸の中華そばもっこす」というラーメン信仰があったのだ
あまりにその信仰が強くて他を排除せざるを得ないということが今でも継続されている
あまりにも恐ろしいラーメン信仰・・・
そんな妄想に明け暮れている私に誰か目を覚ませと言ってくれ
e0208833_17370373.jpg
さて「もっこす兵庫店」
この店も直営店ではなくフランチャイズのようだ
写真で見るとスープの喫水線は低くケチり気味なのだがよく見ると油の層は分厚い
そう、オイリーでこってり感の強いのがここ「もっこす兵庫店」の特徴のようだ
来る客が口々に「油抜きで!」と唱える
「油抜き?」
背脂を抜いてくれというのか?
いやそうではなく、スープが油あぶらしていて、こってりしすぎて、「油分を減らしてくれ!」というオーダーのようだ
私はノーマルの油分で食べてみたのだが、かなりの油っこさがある
スープはといえば今は「もっこすスープ工場」からの供給が途絶えているのだが、この店で作られているスープはやや臭みが感じられる
ふと思い出した
油っこくてスープの臭み
そう、私がかつて花隈店で食べていたころの20数年前の味がこんなだった
決しておいしいとは思えないのに、なぜかついつい通ってしまうかつての「もっこす」の味だ
今の「もっこす」の直営店はとても食べやすい味にスライドしているのだが、かつての味をフランチャイズであるこの「もっこす兵庫店」に思い出させてくれるとはつゆ思わなかった
懐かしくて懐かしくて箸が進むということは決してなくて、それどころかかつてのように食べた後に油っこさで汁を残してしまうという
そんなことも今回も再現させてくれて、とてつもなくセンチメンタルになってしまった
私のもっこすの記憶はここ「もっこす兵庫店」に残されていたとは・・・
素晴らしきかなもっこすだ!


[PR]

by oretokumou | 2017-02-26 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< もっこす石屋川店 中華そば もっこす高速長田店 中華そば >>