拉麺BLUES

もっこす舞子店 中華そば

緊急特別企画「もっこすスープ工場火災の復興祈願 もっこす復旧奮闘記」はまだまだ続きます
さてもっこす全12店中8店目は直営店である「もっこす舞子店」に行ってみた
通常は朝5時からのオープンであるがスープ工場が火事になってからは朝8時のオープンで対応している
そして朝の時間は朝割といって中華そばが200円引きで提供されている
まだ朝の9時30分過ぎというのに客が入れ替わり入ってくる
このような光景は私は関西では見たことがない
初めての光景で感動すら覚えた
神戸はラーメン不毛の地と言われながらこういう地域に根付いたラーメン文化があるのだ
e0208833_16564444.jpg
さて中華そばだが今はスープを店ごとで煮込んでいるので、その出来栄えは店舗格差が激しい
だがこの舞子店は現状最高の濃度で出されているようだ
スープにとろみがあってとにかく今まで食べたもっこすの中では一番濃い
写真で見るとよくわかるのだがスープの表面が泡立っている
これは今までに食べた7店舗にはなかったことだ
そしてその味は実にマイルドで臭みがない
長田店も臭みのないスープでおいしかったのだがそれ以上のクリーミーさである
舞子店のタレは薄いと聞いたことがあるがここまでクリーミーでおいしいスープならもうタレの濃い薄いというのはどうでもよくなってしまう
特別の薄いと感じることもなく濃いとも思わなかった
これはもっこすの最高傑作と言っていいかもしれない
これならまた来てもいい!
だが、スープ工場が再開されたらこのクリーミーなスープはなくなるのかもしれない
画一的なやや薄いスープに戻ってしまうのかと思ったらまた足を運ばないといけないと思わざるを得ない
実に素晴らしかった!

[PR]

by oretokumou | 2017-03-05 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< もっこす西明石店 中華そば もっこす西宮店 中華そば >>