拉麺BLUES

麺やひなた 塩らーめん

先日十三に「中華そば桐麺」がオープンしたがその前にオープンしたのが「麺やひなた」
どちらも「きんせい」の流れを継承しており特に「麺やひなた」は中村氏の直弟子だという
「きんせい」の支流が淀川区まで来たのがなによりうれしい
「きんせい」は関西ラーメンの中核といってもいいくらいで、その中心人物である中村氏は弟子を育てながら自らもラーメンイベントに積極的に参加している
関西ラーメンの向上を願うその姿に尊敬の念が深まるばかりだ
e0208833_18122263.jpg
さて「麺やひなた」の塩らーめんだが、しっかり「きんせい」の味を受け継いでいて自家製麺であるその麵もやや細めであるもののそのつるりとした食感は「きんせい」らしさを感じる
スープも「きんせい」独特の深みのあるタレを生かしたあっさりした仕上がりになっている
魚介を使っているのであろうがさほど主張はせず塩と鶏の味を前面に引き出している
ただ、先日「中華そば桐麺」で食べた「塩そば」があまりにも力強い塩ラーメンだったのでその格差でどうも弱く感じてしまう
もっともそういう比較がなければ弱いという印象はなかったはずで、スープも残さず完食したくらいだからおいしいラーメンであるのは間違いない

[PR]

by oretokumou | 2017-03-31 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< らーめん香澄 中崎町店 とり塩 中華そば桐麺 塩そば >>