拉麺BLUES

サバ6製麺所 サバ醤油そば

良くも悪くも評判の店
天六時代から行きたかった店だがなかなか行けずじまい
今回「ラーメン人生JET(福島)」に行ったついでに寄ってみた
オーナーは私が敬愛する「みつ星製麺所」を立ち上げた人物だけに遅ればせながら行ってみた
e0208833_07311710.jpg
スープをかき混ぜるとサバ節が汁の中で舞っている
鯖がどういうふうに使われているのかが一番気になるところだったが、サバ節を砕いた物を入れている
すごく直接的な手法だ
直接的な手法で思い出すのが武庫之荘の「和心」(なごみ)
カツオ節を熱いダシで濾して魚介風味を際立たせている
カツオ節を香り付けだけに使うというすごく贅沢な手法だ

一方サバ6製麺所で使われるサバ節は鰹節や煮干しに比べると際立った特徴的な味はないが半面力強さがある
スープは鶏ガラなどの動物系も使われているらしいがこのラーメンの主役はサバ節だ
サバ節と醤油と酸味が今時のラーメン風でもある

このスープが盛り立てているのが自家製の麺だ
口当たりがプリッとしていて食感はいいし味もいい
ラーメンって麺推し、スープ推し、具材推しなどいろいろあるがやはり麺を推すのが一番だと思う
この麺を生かすべくサバ節などが活躍して盛り立てている

さて、チャーハンがちょっとした感動だった
まあチャーハンを褒めるブログではないのだがこれは特筆すべきチャーハンだった
その昔京都の四条大宮駅に中華料理屋があってそこのチャーハンが私は好きだった
学生時代でチャーハン一品だけを食べに行ったのだった
今はその店はない
で、かつてうまかったチャーハンを自分で作ろうとしていろいろ調味料を使って作ってみたがなかなかできない
もうあきらめの境地だったが、今回食べたチャーハンはそれに一番近い味だった
若干違う点もあるのだがよく似ている味だ
もうそれだけでも十分価値がある
むしろラーメンよりもおいしいく感じた
天六の店は近々つけ麺の店にリニューアルされる
この店のオーナーが腕を振るうチャーハンをぜひとも食べてみたい
今回この店に行った甲斐が十分あった
麺がうまくてチャーハンがうまい
そんな店がサバ6だ



[PR]

by oretokumou | 2017-04-03 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< サバ6製麺所 中華そば ラーメン人生JET 煮干し塩ラーメン >>