拉麺BLUES

麺やひなた 醤油らーめん

JR塚本駅近くにできたきんせいDNAを受け継ぐ本格ラーメン店で初訪問の前回は看板メニューである「塩らーめん」を食べた
あまりにも淡麗すぎておいしいのだが攻めてくるものが弱いと感じた
今回はもう一つのレギュラーメニューである「醤油らーめん」を実食
醤油というパワー調味料が加わっているのでこちらは攻めてくるのかも・・・
e0208833_08360364.jpg
一口麺をすする
断り書きを入れると私は最初に麺をすする主義だ
ラーメンという食べ物、スープと絡めてこその食べ物だと思うからだ
ファーストインパクトをスープだけに取られたくない
そういう思いが強い
さてその一口目だが麺に絡んだスープの味がなかなかいい
決して濃くない醤油だが麺に醤油のうまさを連れてくる
そしてあの「きんせい」独特の香味がたまらない
これぞ「きんせい」の醤油ラーメンという印象だ
そして二口目にスープだけをすする
これがまたうまい!
スープの持つ旨味と深みがじんわりと胃にしみこんでくる
これはもう味覚というより胃覚
味蕾で味を感じるのではなく内臓で味を感じる異次元感覚
ラーメン大好き小池さんなら思わず「は~っ♡」と感嘆詞を発するだろう
このスープにこの麺は申し分ない
麺とスープの一体感がある
麺の伸びるのが早いのと油分が少なくなるにつれてうどんだしのようにあっさりしてくる嫌いはあるが私はこの「醤油らーめん」をお勧めしたい

[PR]

by oretokumou | 2017-04-22 13:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 豊中麺哲 醤油 極汁美麺 umami 塩ラーメン >>