拉麺BLUES

中華そば煮干しや 煮干し豚骨そば

3年前ならまだこういった濃厚煮干しラーメンは受け入れられなかったのだがいまや関西でも濃厚煮干しラーメンが市民権を得ている
過剰な煮干しはおいしさはそれほどでもないのだがその濃さはクセになりますます度を増してくる
そんな濃厚煮干ラーメンが2年くらい前に南巽に出来て以来評判を呼んでいるという
これは一度行っておかなければなるまい
e0208833_18202104.jpg
「煮干し豚骨そば」850円
大量の煮干しとこってり豚骨のダブルスープでお値段もそれなりだ
これはかなり期待できると読んだのがやはりその通りだった
濃い豚骨と濃い煮干しが合わさった味はかなりのうまさだ
麺は細麺を選んだのだが中細というかさほど細くはなく加水も多くて口当たりは柔らか目だ
関東ならポキポキの硬い麺が標準だと思うのだがこの麺はいかにも関西風だ
もう最初から最後まで夢中になるくらい麺をすすりスープを飲み続けた
そして食べた後も煮干しの余韻が家に帰るまで続くという強烈なインパクト
久々に強煮干しが補給できて大いに満足した


[PR]

by oretokumou | 2017-04-24 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 人類みな麺類 らーめん原点 豊中麺哲 醤油 >>