拉麺BLUES

麺屋はなび桑名店 元祖台湾まぜそば

四日市市「鉢ノ葦葉」よりの連食は「麺屋はなび桑名店」で「元祖台湾まぜそば」
同じ「麺屋はなび」でもまだ行っていない弥富店まで足を運ぼうと思ったが並びが10人ほどだったので桑名店にした
タイミングが良かったのか、その10名もどんどん店の中に引き込まれていく
e0208833_06222470.jpg
いつもの「台湾まぜそば」
もう汁そば系は頼む気もない
ほかの客もほぼ全員がまぜそばを頼んでいる
4~5年前はまだ汁そばが半分以上を占めてたのに
e0208833_06223107.jpg
あまり情報がないのだが麺が変わったのだろうか?
「麵屋はなび」といえば「林製麺所製」の麺を使っていたはずだが、大阪に出来た系列店の「麺屋つばき」では「麺屋はなび」の製麺部門である「はなび製麺」製の麺を使っているという
食べて直感的に思ったのだが以前食べた時の味や食感が違うような気がした
辛さにかき消されて麺のうまみや歯ごたえが感じられない
以前は麺もかなり主張していたはずなんだが・・・気のせいだろうか?
タレも辛さ一辺倒でうまみや深みが押し寄せてこない
桑名店は今回で三度目だが以前からそういう傾向があったので店の特徴なのかもしれない
次回こそ弥富店に行ってみよう
なお、今まで一番うまいと思ったのは蟹江店だ


[PR]

by oretokumou | 2017-05-15 22:30 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< ラーメンあおやま 鉢ノ葦葉 塩大盛 >>