拉麺BLUES

西梅田らんぷ

また大阪に新しい店ができた
だがその裏では閉店する店もある
あべのキューズモール4階の「支那そばや」が閉店した
3度行っただけだが機会があればもっと行きたいと思っていただけにすごく残念だ
ラーメンの鬼佐野実氏の「支那そばや」のフランチャイズではあるが味は横浜ラーメン博物館と同じ
ただやや味が落ちたころのラーメン博物館の味と同じということで古き良き時代の味ではなかった
それでも戸塚本店がかつての味に近づいてきたという話を聞きこのキューズモール店もと期待していただけに思わぬ閉店は返す返すも残念
関東の店が関西に根付かない状況は今も続いている
e0208833_20172284.jpg
さてその佐野実氏と親交の深かった「カドヤ食堂」橘店主がプロデュースしたのが「西梅田らんぷ」だ
前知識として「醤油ラーメン ポーク」が主力メニューというのがわかっていたのでカドヤ食堂とは大きく路線を変えたラーメンだと予想していた
だが麺までは変えないだろうと思っていたのだが並んでいる最中に麺が宅配便にて届けられたのを見て軽いショックを覚えた
まさか外注麺はないだろうと・・・
伝票を注視すると送り主は「エヌアールフード」と記載されており発送元は横浜市だ
それを見て仮説を立てた
横浜市発送ということは「支那そばや」の麺かもしれないと
であれば話は分かる
「西梅田らんぷ」は「カドヤ食堂」のセカンドブランドではなく「カドヤ食堂」がプロデュースした別の店だから外注麺を使ってもいいだろう
そしてそれが「支那そばや」製の麺であれば佐野実氏を偲んで作った店に違いない
では、ポーク味のスープと「支那そばや」の接点はどこにあるのだろう?
疑問に思いつつようやく店に入り「醤油ラーメン ポーク」を注文した
見た目はチャーシューがどんぶり一面に敷き詰められており、ある意味乱暴だ
この時点でも「支那そばや」との接点が思い浮かばない
ところがスープを飲んで思った
この味は「支那そばや」の「ラー博」や「キューズモール店」で食べた「醤油らぁ麺」の鶏ガラと合わせた豚骨の味を強調した味だったからだ
冒頭で書いたやや味が落ちたころの味とは鶏ガラ比率を低くしてポークを強くしたころの味だ
もしかしてポーク味を強くしたかったのは佐野実氏の意思だったのだろうか?
ラーメンが鶏ガラ回帰の味にスライドしつつある現在、むしろ真逆な、それこそ支那そばと言われた頃の日本のラーメンの原点がこのポーク味なのかもしれない
日本のラーメン創成期にはスープに鶏ガラではなく豚骨を使ったというのが定説だ
「西梅田らんぷ」という摩訶不思議な店名にもそのヒントが隠されているのかと深読みしてしまうのだがその明確な答えは見つからない
ランプといえば高架道路の出入り口だ
ということは日本のラーメンの入り口がこのポーク味ラーメンなのか?
私はそのように解釈したい

さて外注麺の製造元である「エヌアールフード」は佐野実氏が起こした会社であり仮説が当たって一安心だ
(帰って家で調べた)
それとあべのキューズモールの「支那そばや」跡に入った店(5月18日にオープン)は「鶏白湯らーめん 自由が丘蔭山」ということでこの店も東京発信の店だ
末永く営業し続けることを祈るが、「支那そばや」にまた大阪のほかの場所でもいいから来てくれることも切に願う



[PR]

by oretokumou | 2017-05-20 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< ラーメンまぜそばえにし 百日鶏... 中華そば桐麵 塩そば >>