拉麺BLUES

駅前豚骨ラーメンニネンヤ ラーメン

先日朝の情報テレビ番組「す・またん」のラーメンファイルのコーナーで取り上げられていた「駅前豚骨ラーメンニネンヤ」に行ってきた
契約期間2年間だけの営業で「ニネンヤ(2年屋)」という屋号らしい
テレビで取り上げられていたのはマー油(焦がし油)をスープの表面にかけた「ニネンヤラーメン」だが私はマー油はいらないので博多風の「ラーメン」を注文した
e0208833_16341600.jpg
スープは灰汁処理をきっちり行った臭みのない味に仕上がっている
極上の博多ラーメンといった雰囲気だ
それゆえクセが抑えられていて荒々しいところがなく若干物足りなさも感じられる
いや、物足りなさというかその店の特徴が弱いのかもしれない
麺の固さは伝え忘れたのでノーマルで茹で上がった
それも弱々しいイメージになってしまった原因なのかもしれない
臭いスープにバリバリの固めんがいわば博多の通ぶった食べ方でその流儀にのっとることができなかった
麺は「ミネヤ食品工業」製でかつては博多ラーメンに使われる麺は博多より空輸ということが多かったのだが、今は大阪であっさり調達できるようになった
間違いなくおいしいのだがこれは今の博多のラーメン屋も同じで観光客向けに食べやすくしている傾向が今回の「駅前博多ラーメンニネンヤ」でもあてはまる
それでも麺の上に添えられた、博多万能ねぎがなんとも懐かしく博多ラーメンを食べているという実感を味合わせてくれた

[PR]

by oretokumou | 2017-07-10 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< みつ星製麺所西中島店 和風らーめん たまに出くわすとてつもなくおい... >>