拉麺BLUES

中華そば堀川 醤油そば(大盛)

この濃い色のスープの写真を見ると煮干しの効いた出汁が想像されて脳が活性化される
何という条件反射
e0208833_08525472.jpg
さて以前に今回と同じ「醤油そば」の大盛りを頼んだ時は麺がだんだん伸びて最後は柔らかくなり大盛りの欠点を感じてしまったのだが、いつからかこの店の麺が腰のあるようになって大盛りでも大丈夫かなという期待で注文してみた
麺は細麺と言ってもいいくらい細いのだがしっかりした密度があり時間がたっても伸びることはない
湯がく時間も調整しているのだと思えるがこれなら大盛りでも大丈夫だ
スープはやはり塩分の効いた濃い味だ
以前一時まろやかになりスープの色も淡くなったようだがまた元の濃い味に戻っている
塩分補給が必要な夏場だからだろうか?
この濃さでさらに煮干しの苦みが効いていれば申し分ない
余談になるがこの日は冷やしメニューが休止で数名の客が冷やし目当てで来ていて残念がっていた
ラーメンもすでに冷やしが認知されてきたようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-21 10:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 麺や福はら 特製濃厚魚介ラーメン 和海 醤油 >>