拉麺BLUES

吟醸らーめん 久保田 吟醸つけ麺味噌

京都といえばまだつけ麺がブームになっていないころに高倉二条のつけ麺をよく食べに行った
京都といえばいまだにつけ麺のイメージ
京都の町並みにはラーメンよりもつけ麺のほうがよく似合う
e0208833_15262174.jpg
「吟醸らーめん久保田」は今回初めて行ったがやはりつけ麺が人気のようだ
客のほとんどがつけ麺を頼む
よって店はつけ麺をどんどん茹でていく
意外と回転は速い
「吟醸つけ麺味噌」だが一口で言うとピリ辛味噌つけ麺
ピリ辛がちょっと意外だったが最初は辛いと思ったが食べ続けるとそうでもない
味噌がこれぞ味噌といった味で懐かしさのある味だ
味噌つけ麺は初めて食べたが文字通り味噌に麺をどっぷりつけて食べる感じだった
そして麺だがうまみがある
やはりつけ麺は麺を食べるものだと実感させてくれた
京都はつけ麺というイメージがさらに頭に焼き付いていくようだ



[PR]

by oretokumou | 2017-07-24 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 如水 しおラーメン 支那そばかりん 塩そば >>