拉麺BLUES

麺物語つなぐ 今も昔も中華そば

あまりにも新店のオープンが多すぎて行きそびれている店が結構あり今回行った店もそうだ。
オープン当日には盛大な生花が贈られていたのを新店ハンター達のブログで目にし、落ち着いた頃に行こうと思っていたのだがなかなかこの方面に行く機会がなく、どうこうしているうちにおおよそ半年がたち、ついには忘れていたのだが、ようやく機会に恵まれ行ってきた。
しかし、こうも暑いと外に出るのも億劫になる。
この店の店主ははままつ静岡県の店で経験を積み大阪で独立を果たしたらしい。前日今里にオープンした「麺屋福はら」も東京から大阪に来てオープンしており異文化ラーメンに接するのが楽しみだ。
さて、今回頼んだのは「今も昔も中華そば」。
e0208833_07022332.jpg
麺を一口すするとやはり東のラーメン文化の味がする。
店主の修行店が東京ではないものの煮干しが口の中に香るのは関西風ではなく関東風に近い。
香味油に煮干し油でも使っているのだろうか鮮明に口の中に拡がる。
麺も歯ごたえよく煮干し風味と絡んでされさらにうま味を生み出す。
最初の一口に如実に感じた煮干し味も徐々にそのほかの魚介味に変化していく。
おそらくスープの中層に含まれる節系の味が口に伝わってくるのだろう。
塩気が強く醤油もまろやかで魚介の味がストレートに伝わってくる。
塩ラーメンや塩つけ麺も楽しみだ。



[PR]

by oretokumou | 2017-08-01 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 池田麺彩 なかた屋 こく煮干しそば >>