拉麺BLUES

麺舗さくら とりそば

尼崎センタープール前に数年前に出来た「麺舖さくら」
いろいろ種類があるが一番安いメニューの「とりそば」590円
ほぼ600円だがしっかり具材も入っていてお手頃価格だ。
e0208833_09200477.jpg
スープは鶏白湯だがこの店は「濃厚とりそば」もありこの「とりそば」は濃度が低いタイプ。
でもシャバシャバのスープではなく中程度の濃さがある。
ただスープの味付けが甘いのが気になる。
好みとしては人工的に甘くした鶏白湯は好きではない。
それでも食べやすさ重視の甘さであり食べるには普通に食べられる。
麺はやや縮れのあるストレート細麺で加水が少ない分麺自体の固さが感じられる。
「とりそば」というネーミングに清湯系を想像して頼んだのだがこの店はすべて白湯スープのようだ。

[PR]

# by oretokumou | 2017-08-21 10:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

縁乃助商店 丸鶏の極み醤油(限定)

e0208833_21422814.jpg
スープは甘さが気になった。
このビジュアルからキレッキレのスープを想像していたからそれが後を引く。
麺は平打ちだが「This is 中川」に共通する麺だ。


[PR]

# by oretokumou | 2017-08-19 23:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋貝原 貝しおそば

神戸市西区の伊川谷に7月7日にオープンした新店。
神戸といえばチェーン店の陰に隠れなかなか個人店がオープンしない。
この店の店主は脱サラでラーメン店を始めたのだが神戸の出身ではない。
なぜ神戸に店を構えたのか不明だがこの地のラーメンファンにとっては待望の新店現るだろう。
e0208833_20200902.jpg
「貝しおそば」
貝からだしを取ったラーメンだがスープが澄まし汁になっていないところがいい。
コクと深みがラーメンらしさを感じさせてくれる。
動物系はチャーシューの煮汁くらいだろうか?
麺はモチモチというよりプリッとしたスープをはじく麺だがこれが貝のスープに意外と合っている。
あまり好きなタイプの麺ではないがスープに合っていると感じるのだからベストチョイスだろう。
どこかで食べたような麺だなと思考をめぐらして思い当たったのが和海・和心の麺だ。
家から遠いのだがたまには様子を見に来たくなるような魅力のある店だ。
不評の赤パプリカだがこれは食べるものというよりこの店の象徴みたいなものであり必要だと思う。

[PR]

# by oretokumou | 2017-08-16 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺物語つなぐ 明日の塩ラーメン

先日は醤油ラーメンである「今も昔も中華そば」を頼み今回は塩ラーメン。
e0208833_07092136.jpg
「明日の塩ラーメン」
具材が別皿に入ってお入りこだわりを感じる。
よくスープを先に味わってくださいという店はあるが、それでも具材が入ってしまうとスープは本来の味ではなくなっている。
麺が入っているとはいえ具材が入ってないとスープの本来に近い味が味わえる。
これはなかなかいいアイデアだと思う。
ということでさっそくスープを味わうとしっかりした削り節の味が感じられる。
麺もしっかりした歯ごたえがありおいしい。
2~3口麺を具材なしで食べてそれから具材を放り込む。
するとさっきとは違ったスープの味がする。
さすが薬味とはよく言ったもので薬ではないけど若干クセのある青臭い味わいが口に拡がり魚介との混在感や味の広がりがなかなかいい。
ただ麺が伸びるのが早く食感がだんだん悪くなりスープも濁っていくうちに最初のインパクトが薄れていくのがちょっと残念。
冷やしとかつけ麺だといいかもしれないのでまた訪問したい。
客のもてなしが素晴らしいからそう感じさせてくれる。


[PR]

# by oretokumou | 2017-08-15 08:00 | Comments(0)

ラーメン家みつ葉 鶏CHIKIしょうゆラーメン 

あべのハルカス近鉄本店で催事にまた行ってきてまた「ラーメン家みつ葉」の「豚CHIKIしょうゆラーメン」を食べた。
(2107年8月9日~15日)
とにかくうまかったのでまた食べたくなってしまった。
e0208833_14465409.jpg
スープは豚骨優勢なのか?豚骨のうまみがあふれていて鶏白湯の味もさらにうま味を付け加えている。
鶏豚骨の王道のようなラーメンで醤油ダレで食べやすくなっている。
表面に浮かんだ泡もおいしさに一役買っている。
麺はツルんとしつつも芯の残った歯ごたえのあるタイプでゆで具合はやや固め。
もう少しゆがいてもいいのだが催事だし手っ取り早く出してくれたのであろう。
先日食べた感動はさすがに今回は薄れてしまったもののおいしいのは変わらない。
富雄の本店に行きたいのだが行列必至で今回の催事はすごくありがたかった。

[PR]

# by oretokumou | 2017-08-14 17:00 | 百貨店催事 | Comments(0)