拉麺BLUES

カテゴリ:百貨店催事( 14 )


博多だるま 博多ラーメン (京阪守口店 九州うまかもん大会) 

また催事。
このところ気になる催事続きで嬉しい。
今回は博多の人気店が京阪守口店に!
食べてみんしゃい九州うまかもん大会(11月23~30日まで)に行ってきた!
e0208833_06272903.jpg
これぞ博多ラーメン!
スープもほどほど濃くておいしい。
スープがぬるいので表面のラードが固まりつつあるが気にならない。
チャーシューが2枚も入っているので更に嬉しい。
しかも巻きチャーシューということで手が込んでる。
スープをどこで仕込んでいるのか気になるが食べた限りではそんなことどうでもいいくらいのうまさ。
麺量は100gなのであっというまに食べつくし替え玉を頼む。
スープの量が多いので替え玉を放り込んでもまだスープはたっぷり残る。
さすがに替え玉とスープ全汁で食べた後は胃がもたれたが空腹感が満たされるので意外とダイエットにいいかも。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-30 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

みつか坊主 やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン(阪神百貨店催事)

阪神百貨店催事「食と器と調理道具台所マルシェ」に行ってきた。(11月22日~28日)
「みつか坊主」がイートイン出店しているからだ。
みつか坊主は先日大阪城公園のラーメンイベント「森ちゃんのラーメンフェスタ2017」にも出店されていた。
e0208833_20405146.jpg
「やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン」全部のせ。
「五味醤油」という味噌店とのコラボで甲州味噌を使っている。
食べた感じは「みつか坊主」の白味噌らーめんに近い味でその違いが判らない。
それでも麦麹の残った味噌はすっきりしていて田舎風味を感じさせる。
麺茹では少々柔らかいがおいしい麺である。
ラーメンとしてのインパクトはないものの落ち着きのある味噌ラーメンは「みつか坊主」ならではのもの。
行けそうでなかなかい行く機会のない「みつか坊主」だが催事という機会で2週連続で味わうことができたのはさいわいだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-11-25 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和dining清乃 こってり和歌山らーめん(近鉄奈良店)

最近百貨店の催事に行くことが多い。
結構魅力ある店が出店している。
それだけ百貨店もラーメン店に力を入れ、また有名店も催事に出店する力を付けてきている。
この傾向はますます強くなっていくだろう。
ということで今回も近鉄百貨店奈良店に行ってきた。
「和dining清乃」ということでわざわざ奈良まで行ってきたが有田まで行くよりは近い。
e0208833_21060709.jpg
近頃の催事の傾向として店主自ら催事会場に赴いているということ。
今回も店主が顔を出していた。
先日有田に行った時はいなかったのに催事には顔を出す。
それだけ催事にかける意気込みが強いということ。
かつての催事はめったに店主が顔を出すことはなかった。
ある意味お祭りに近いので店主がいないと様にならない状況になりつつもある。
さて今回食べたのはこってり系のラーメンで店でも出しているレギュラーメニューだ。
一口食べてその色合いからインプットされてしまったのか、カレーのような味が頭を駆け巡る。
じっくりと味わうとカレーなんて入っていないころがわかるのだがもう見た目で脳がカレーと思わせてしまう。
人が経験に左右されて生きているのがよくわかる。
濃厚な豚骨に醤油で味を濃くした和歌山ラーメンなのだが「和dining清乃」という清らかなラーメンのイメージからちょっと意外に思えてしまう。
麺は茹で加減のせいもあるんだろうがパキパキの中細麺。
これも和歌山ラーメンのイメージとちょっと違うような気がした。
ということで終始イメージのブレが発生してしまう。
地元有田の常連客からすれば清らかな醤油ラーメンの合間にこってり系を食べるのだろうけどやはり「和dining清乃」は清らかなラーメンがよく似合う。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-02 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

らーめん信玄 コク味噌ラーメン (近鉄橿原店 北海道大物産展)

先日札幌に行って気になったけど行けなかった「らーめん信玄」が近鉄橿原店の催事にイートイン出店したので行ってきた。
この「らーめん信玄」は札幌の「麺屋一幻」の近くにあり一幻以上に行列をなしていたので連食したかったのだがどうしても連食2軒目はおいしさが半減するのでやめたのだった。
e0208833_03501231.jpg
味は標準的な札幌味噌ラーメン。
「すみれ」ほどのラードの油の層はないがその分味噌が濃く感じる。
「麺屋彩未」は豚骨の濃さを感じたが「らーめん信玄」は動物系がさほど感じられない。
結局どっちつかずな特徴のない味になってしまうのだがこれは催事仕様なのだろうか?
最近は結構催事でも本店に近い、いやそれ以上に熟成されたおいしいラーメンを出すことが増えたがこちらに関しては店に行って食べたほうがよさそう。
でも物産展で食べるなら全然問題のないおいしさだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-27 09:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

長尾中華そば こく煮干し (阪神百貨店梅田店催事)

最近は百貨店のバイヤーも気合が入っていて結構有名な地方のラーメン屋を呼んでくる。
ラーメン店のほうもイベント出店の機会が増えて手慣れてきた感がある。
ラーメン店にとって儲かるのかそれとも名前を売るために出店するのか?
どちらだろう。
e0208833_08154259.jpg
煮干しラーメンも関西で認知されてきたのだろうか?長蛇ではないものの行列ができている。
客も若い人から年配の人まで幅広い。
「あっさり」と「こく煮干し」がありどちらにしようか迷ったが濃いほうの「こく煮干し」を選んだ。
e0208833_08155078.jpg
動物系の濃さではなく煮干しがたっぷり入った濃さだ。
かといって強煮干しのようなえぐさはなくすごくおいしい味に仕上げられている。
さすが青森の煮干し系ラーメンで、西宮にある青森煮干し系の「なかた屋」もリニューアルオープンしたときはあっさりをやめてこの濃いほうの煮干しに転換した。
麺もちょっとスカスカな感じもするこれも「なかた屋」のような麺で自分の好みではないものの結構すんなりと受け入れられる。
チープな食堂や学食で出されるなつかしい感じのする中華麺だ。
このちょっと時代遅れな郷愁のあるラーメンが逆に今受けてるのがおもしろい。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-24 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

麺屋丈六 中華そば(京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店におけるグルメ催事のラーメン店招聘は神招聘。
そんなこと思ってるのは俺くらい。
でも難波の行列店まで招聘するのだからあながち間違っていないと思う。
さて「麺屋丈六」だがいろいろあって海遊館から難波に移転して、師匠から破門食らってさらに箔を付けた感じの○丈改め「麺屋丈六」。
月初めの日曜はおはようラーメンと銘打って早朝から営業し、最初はさほど客も殺到しなかったのだが、だんだんイベント化して午前2時くらいに並び始めるラーメンフリークが現れ、それに追従する人も現れ今では整理券方式に変わってしまったという本末転倒を絵にかいたようなフィーバーぶり。
個人的にはなにもそこまでしなくてもと思うのだがイベントみたくしたい気持ちもファン心理としては分からなくもない。
e0208833_07275775.jpg
そんなこんなでおはようラーメンは並ぶことに意義があるのかもしれないのだがここ京阪百貨店では並ばずに食べることに意義がある。
出されるラーメンはおはようと何ら変わりないと思う。
時間が違うだけ、それと場所が違うだけで出されるラーメンはほぼ同じ。
値段が若干高いかもしれないがそれは京阪百貨店の取り分だから仕方ない。
さてラーメンだが見た目は真っ黒のスープで富山ブラック風。
でもブラックラーメンは大阪にもあることを知ってる人はそうそういない。
拠点は高井田だがそれがじんわりと広がりつつあり、今では武庫之荘の「和心」まで届いている。
この先どこまで高井田系が広がっていくのかは大阪のご当地ラーメンの確立という観点では非常に重要な事例だ。
で、食べてみて思うのがもうちょっと化調風味があってもいいんじゃないの?って思うこと。
本家の高井田ラーメンはまさしく本来の化調風味に食欲が満たされるのだから化調を抑えたブラックラーメンは突き抜け感が弱いのかもしれない。
せっかく胡椒をはじめから振りかけて出されているのだからもう化調路線で突き抜けたほうがいいような気がしてこの記事を書いているのだが早朝から並んでいる人はそんなことないと思って並んでいるんだろな。
丈六に関しては私は初心者以下なのでもっと造形を深めていけないのだろう。
機会があれば朝2時から並んでみよう。
(丈六は10月9日のみの出店)

[PR]

by oretokumou | 2017-10-13 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和海 塩 (京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店の催事はいつも有名な行列店を呼んでくれるのでありがたい。
並んで食べるのもいいけどやはり店にすぐ入って座れるのがいい。
今回の催事は日替わりでそうそうたる行列店が参加している。
京阪守口まで行くより武庫川に行く方が近いのだが行列時間を考えると同じくらいになるような気がして行ってきた。
(和海は10月8日のみの出店)
e0208833_18054852.jpg
何の変哲もない和海の塩ラーメンだ。
店で食べるのと同じ味。
だがすごく物足りなさを感じてしまう。
店主の作ってる姿が見えないからだ。
百貨店の厨房の奥に店主が見え隠れするのだが、直に見ることができない。
特設テーブルと百貨店の店員さんがサーブするラーメンは「和海」で食べるラーメンよりも無機質な感がある。
やっぱり店主さんの人柄から発散するうまみが加算されて「和海」のラーメンは完成する。
並んで食べたほうがいいのかもしれない。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-12 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

麺屋はる吉 味噌ラーメン (あべのハルカス近鉄本店 大北海道展)

あべのハルカス近鉄本店の大北海道展に「麺屋はる吉」がイートイン出店!
知る人ぞ知る札幌の人気ナンバーワン店「麺屋彩未」ののれん分けだ。
これは行かざるを得ない!
さすが札幌ラーメン店の出店ということで行列もできている。
イートインでは札幌ラーメンは大人気だ。
(麺屋はる吉の所在地は北見市)
e0208833_11235257.jpg
今年8月にもあべのハルカス近鉄本店で奈良県富雄の行列店「ラーメン家みつ葉」がイートイン出店していた。
この時は行列もなく待たずにすんなりと食べられた。
店に行けば1時間は待たなくてはならないのに。
今回の「麺屋はる吉」だがおそらく食べに来ている人は修行先である「麺屋彩未」を知る人も少ないと思うし、ましてや「麺屋など吉」知らないという人がほとんどだろう。
それでも行列ができていたのは札幌ラーメンというブランド力の強さだ。
よく意外と思うのがラーメンEXPOなどのイベントで数ある関西や東京の有名店よりも札幌ラーメンや博多ラーメンを出しているブースのほうが多くの人が並んでいることだ。
これは食べに来る多くの人がラーメンフリーク以外の普通のラーメン好きだということを現わしている。
店舗の知名度よりご当地ブランドに食指が動くのは考えてみればごく当たり前のことなのだが、必要以上にラーメンを追っかけていくとこんなささいなことさえ忘れてしまう。
固定された観念にとらわれるのはよくないことだと自省する。
e0208833_11240348.jpg
さて味だが、一口で言っておいしいし私は「麺屋彩未」の味は知らないのだが食べた印象は「すみれ」によく似ている。
こってり感のある油分に濃い味噌味が食欲をそそり、縮れた麺が最高にうまい!
あまりにもベタな感想しか書けないのだがおいしい食べ物って細かい部分なんて思い浮かばなくて単純にうまいと思わず発してしまう。
ネギがどうたら、チャーシューがどうたらなんて付けたしの感想だしうまいものはうまい。
まあこんなだから催事での札幌ラーメンは人気絶大なんだろう。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-06 13:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

ラーメン家みつ葉 鶏CHIKIしょうゆラーメン 

あべのハルカス近鉄本店で催事にまた行ってきてまた「ラーメン家みつ葉」の「豚CHIKIしょうゆラーメン」を食べた。
(2107年8月9日~15日)
とにかくうまかったのでまた食べたくなってしまった。
e0208833_14465409.jpg
スープは豚骨優勢なのか?豚骨のうまみがあふれていて鶏白湯の味もさらにうま味を付け加えている。
鶏豚骨の王道のようなラーメンで醤油ダレで食べやすくなっている。
表面に浮かんだ泡もおいしさに一役買っている。
麺はツルんとしつつも芯の残った歯ごたえのあるタイプでゆで具合はやや固め。
もう少しゆがいてもいいのだが催事だし手っ取り早く出してくれたのであろう。
先日食べた感動はさすがに今回は薄れてしまったもののおいしいのは変わらない。
富雄の本店に行きたいのだが行列必至で今回の催事はすごくありがたかった。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-14 17:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

麺屋NOROMA 特製鶏そば

あべのハルカス近鉄本店でのイートインの二日目は「麺屋NOROMA」。
(2107年8月9日~15日)
ここは店に入ったことがないが奈良競輪に臨時出張していたので鶏そばは食べたことがある。
(リンクを貼ったのでクリックして見て↓)


さて今回食べたやつ。
e0208833_23183421.jpg
奈良競輪で食べたのよりはおいしい出来だったが、ワイルドな鶏味はこの店の特徴だろう。
今回の特製はチャーシューと卵も丸々1個入ってお得だがチャーシューの味が肉々しくてやはり1枚でいいと思った。
決して悪くはないがやはり鶏のネガティブな部分を残しているので私の好みから外れてしまう。
自分的にはおいしく食べやすくした「ラーメン人生JET」のほうが好きだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-08-12 08:00 | 百貨店催事 | Comments(0)