拉麺BLUES

カテゴリ:百貨店催事( 9 )


麺屋丈六 中華そば(京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店におけるグルメ催事のラーメン店招聘は神招聘。
そんなこと思ってるのは俺くらい。
でも難波の行列店まで招聘するのだからあながち間違っていないと思う。
さて「麺屋丈六」だがいろいろあって海遊館から難波に移転して、師匠から破門食らってさらに箔を付けた感じの○丈改め「麺屋丈六」。
月初めの日曜はおはようラーメンと銘打って早朝から営業し、最初はさほど客も殺到しなかったのだが、だんだんイベント化して午前2時くらいに並び始めるラーメンフリークが現れ、それに追従する人も現れ今では整理券方式に変わってしまったという本末転倒を絵にかいたようなフィーバーぶり。
個人的にはなにもそこまでしなくてもと思うのだがイベントみたくしたい気持ちもファン心理としては分からなくもない。
e0208833_07275775.jpg
そんなこんなでおはようラーメンは並ぶことに意義があるのかもしれないのだがここ京阪百貨店では並ばずに食べることに意義がある。
出されるラーメンはおはようと何ら変わりないと思う。
時間が違うだけ、それと場所が違うだけで出されるラーメンはほぼ同じ。
値段が若干高いかもしれないがそれは京阪百貨店の取り分だから仕方ない。
さてラーメンだが見た目は真っ黒のスープで富山ブラック風。
でもブラックラーメンは大阪にもあることを知ってる人はそうそういない。
拠点は高井田だがそれがじんわりと広がりつつあり、今では武庫之荘の「和心」まで届いている。
この先どこまで高井田系が広がっていくのかは大阪のご当地ラーメンの確立という観点では非常に重要な事例だ。
で、食べてみて思うのがもうちょっと化調風味があってもいいんじゃないの?って思うこと。
本家の高井田ラーメンはまさしく本来の化調風味に食欲が満たされるのだから化調を抑えたブラックラーメンは突き抜け感が弱いのかもしれない。
せっかく胡椒をはじめから振りかけて出されているのだからもう化調路線で突き抜けたほうがいいような気がしてこの記事を書いているのだが早朝から並んでいる人はそんなことないと思って並んでいるんだろな。
丈六に関しては私は初心者以下なのでもっと造形を深めていけないのだろう。
機会があれば朝2時から並んでみよう。
(丈六は10月9日のみの出店)

[PR]

by oretokumou | 2017-10-13 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和海 塩 (京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店の催事はいつも有名な行列店を呼んでくれるのでありがたい。
並んで食べるのもいいけどやはり店にすぐ入って座れるのがいい。
今回の催事は日替わりでそうそうたる行列店が参加している。
京阪守口まで行くより武庫川に行く方が近いのだが行列時間を考えると同じくらいになるような気がして行ってきた。
(和海は10月8日のみの出店)
e0208833_18054852.jpg
何の変哲もない和海の塩ラーメンだ。
店で食べるのと同じ味。
だがすごく物足りなさを感じてしまう。
店主の作ってる姿が見えないからだ。
百貨店の厨房の奥に店主が見え隠れするのだが、直に見ることができない。
特設テーブルと百貨店の店員さんがサーブするラーメンは「和海」で食べるラーメンよりも無機質な感がある。
やっぱり店主さんの人柄から発散するうまみが加算されて「和海」のラーメンは完成する。
並んで食べたほうがいいのかもしれない。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-12 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

麺屋はる吉 味噌ラーメン (あべのハルカス近鉄本店 大北海道展)

あべのハルカス近鉄本店の大北海道展に「麺屋はる吉」がイートイン出店!
知る人ぞ知る札幌の人気ナンバーワン店「麺屋彩未」ののれん分けだ。
これは行かざるを得ない!
さすが札幌ラーメン店の出店ということで行列もできている。
イートインでは札幌ラーメンは大人気だ。
(麺屋はる吉の所在地は北見市)
e0208833_11235257.jpg
今年8月にもあべのハルカス近鉄本店で奈良県富雄の行列店「ラーメン家みつ葉」がイートイン出店していた。
この時は行列もなく待たずにすんなりと食べられた。
店に行けば1時間は待たなくてはならないのに。
今回の「麺屋はる吉」だがおそらく食べに来ている人は修行先である「麺屋彩未」を知る人も少ないと思うし、ましてや「麺屋など吉」知らないという人がほとんどだろう。
それでも行列ができていたのは札幌ラーメンというブランド力の強さだ。
よく意外と思うのがラーメンEXPOなどのイベントで数ある関西や東京の有名店よりも札幌ラーメンや博多ラーメンを出しているブースのほうが多くの人が並んでいることだ。
これは食べに来る多くの人がラーメンフリーク以外の普通のラーメン好きだということを現わしている。
店舗の知名度よりご当地ブランドに食指が動くのは考えてみればごく当たり前のことなのだが、必要以上にラーメンを追っかけていくとこんなささいなことさえ忘れてしまう。
固定された観念にとらわれるのはよくないことだと自省する。
e0208833_11240348.jpg
さて味だが、一口で言っておいしいし私は「麺屋彩未」の味は知らないのだが食べた印象は「すみれ」によく似ている。
こってり感のある油分に濃い味噌味が食欲をそそり、縮れた麺が最高にうまい!
あまりにもベタな感想しか書けないのだがおいしい食べ物って細かい部分なんて思い浮かばなくて単純にうまいと思わず発してしまう。
ネギがどうたら、チャーシューがどうたらなんて付けたしの感想だしうまいものはうまい。
まあこんなだから催事での札幌ラーメンは人気絶大なんだろう。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-06 13:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

ラーメン家みつ葉 鶏CHIKIしょうゆラーメン 

あべのハルカス近鉄本店で催事にまた行ってきてまた「ラーメン家みつ葉」の「豚CHIKIしょうゆラーメン」を食べた。
(2107年8月9日~15日)
とにかくうまかったのでまた食べたくなってしまった。
e0208833_14465409.jpg
スープは豚骨優勢なのか?豚骨のうまみがあふれていて鶏白湯の味もさらにうま味を付け加えている。
鶏豚骨の王道のようなラーメンで醤油ダレで食べやすくなっている。
表面に浮かんだ泡もおいしさに一役買っている。
麺はツルんとしつつも芯の残った歯ごたえのあるタイプでゆで具合はやや固め。
もう少しゆがいてもいいのだが催事だし手っ取り早く出してくれたのであろう。
先日食べた感動はさすがに今回は薄れてしまったもののおいしいのは変わらない。
富雄の本店に行きたいのだが行列必至で今回の催事はすごくありがたかった。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-14 17:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

麺屋NOROMA 特製鶏そば

あべのハルカス近鉄本店でのイートインの二日目は「麺屋NOROMA」。
(2107年8月9日~15日)
ここは店に入ったことがないが奈良競輪に臨時出張していたので鶏そばは食べたことがある。
(リンクを貼ったのでクリックして見て↓)


さて今回食べたやつ。
e0208833_23183421.jpg
奈良競輪で食べたのよりはおいしい出来だったが、ワイルドな鶏味はこの店の特徴だろう。
今回の特製はチャーシューと卵も丸々1個入ってお得だがチャーシューの味が肉々しくてやはり1枚でいいと思った。
決して悪くはないがやはり鶏のネガティブな部分を残しているので私の好みから外れてしまう。
自分的にはおいしく食べやすくした「ラーメン人生JET」のほうが好きだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-08-12 08:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

ラーメン家みつ葉 豚CHIKIしょうゆラーメン

あべのハルカス近鉄本店で催事が開かれている。
(2107年8月9日~15日)
「ラーメン家みつ葉」と「麺屋NOROMA」がイートインで参加しているので行ってみた。
まずは「ラーメン家みつ葉」の「豚CHIKIしょうゆラーメン」をオーダーした。
e0208833_08353896.jpg
富雄の店には一、二度足を運んだことがあるがその時の味は普通といった感じであまり印象には残っていない。
で、久々に「豚CHIKIしょうゆラーメン」にご対麺!
食欲をそそる泡でエスプレッソを思わせる。
スープを飲んでみるとこれがうまい!
店で食べた時の印象とはまるで違い、豚骨と鶏のうまみがすごい。
よく催事で出されるラーメンの弊害が聞かれるがもう催事であることを忘れ本店で食べているようだ。
おそらくあらかじめ作り置きされたスープがよくなじんできてうまみが出て来たのだと思う。
確かに本店で食べた時は作り立てでまだ熟していないとがった味のような気がしたが風味に関しては作り立てのほうが強かったかもしれない。
それでもおいしいと思ったのは今回の催事のほうでこれは開催期間中にもう一度行きたい。
麺も具材も文句なく旨い。


[PR]

by oretokumou | 2017-08-11 09:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

京阪百貨店 守口店 彩色ラーメンきんせい トリュフ薫る醤油

「彩色ラーメンきんせい」のトリュフを使ったラーメンは一度「彩色ラーメンきんせい総本家夢風」で食べたことがある
なかなかおいしかったので今回は京阪百貨店守口店での催事だが期間限定なので行ってみた
(トリュフ薫る醤油は6月17~18日限定)
e0208833_17081862.jpg
トリュフありきのラーメンなんだがこのトリュフオイルが醤油ラーメンによく合う
ただ個性の強いトリュフの風味だけにスープ、とりわけ醤油ダレが薄いように感じる
トリュフに太刀打ちできるだけのしっかりしたスープの濃さがほしいと思った
東京の「Japanese Soba Noodles 蔦」や「金色不如帰」は定番メニューだけあってトリュフに負けないスープを出していたが、今回のきんせいのスープは限定ということ、また百貨店催事ということもありスープの調整が難しかったのかもしれない
麺もツルっとした食感はあるものの、いつもきんせいで食べるものと違う感じがした(茹で過ぎか?)
京阪百貨店7階の窓側のカウンター席は景色がよくて落ち着いて食べられるのがいい
このあとも限定メニューが続くのでまた来たい


大阪・高槻 彩色ラーメン〈きんせい〉
京阪百貨店守口店7階
6月2日(金)〜27日(火)
開催時間 午前11時〜(ラストオーダー)午後7時 ※最終日は午後3時閉店

[PR]

by oretokumou | 2017-06-17 19:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

日本全国ご当地グルメ 中華蕎麦とみ田 醤油鶏そば

松戸の行列店が京阪百貨店守口店にやってきた
以前阪急百貨店の梅田店にもやってきたことがあるがそれは2014年12月のことで約2年半ぶりの関西登場ということになる
と、前回京阪守口の「濃厚つけ麺」の記事で書いたが、「関西ラーメンダービー2015」で来ていたため1年半ぶりの登場ということになる
e0208833_22102524.jpg
鶏そばということで鶏ガラ味の清湯スープを期待していた
しかし出てきたスープを一口飲むとポーク味がやたら口に残る
先日オープンした「西梅田ランプ」によく似た味
とみ田の催事では、ど定番の「濃厚つけ麺」と「中華そば」の2種が出される
2年半前の阪急梅田店では「あっさり煮干の中華そば」が出されていたが鶏ガラ味で煮干しを加えたオーソドックスな関東風煮干しラーメンだった
今回は煮干しはあまり使われていない
もしかしたら全く使われていないかもしれない
であれば鶏ガラ味がストレートに伝わってこないといけないのにポーク味が邪魔している
いや、それでもおいしいのだが「醤油鶏そば」というネーミングが違和感として頭に残る
麺はつけ麺の極太麺とは打って変わって柔らか目の中細麺だ
決して悪くはないのに「鶏そば」というネーミングにとらわれて終始???という疑念を抱き続けることになってしまった

日本全国ご当地グルメ 京阪百貨店守口店 5月25日~30日


[PR]

by oretokumou | 2017-05-29 12:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

日本全国ご当地グルメ 中華蕎麦とみ田 濃厚つけ麺

松戸の行列店が京阪百貨店守口店にやってきた
以前阪急百貨店の梅田店にもやってきたことがあるがそれは2014年12月のことで約2年半ぶりの関西登場ということになる
e0208833_14041404.jpg
百貨店開店の10時にエスカレーターでトコトコ8階まで登ってくるが客は誰もいない
ということで図らずもポール獲得ということで「濃厚つけ麺」の大盛りを注文!
さすがに最初は茹で置きはないようで食券を渡して約10分後に「濃厚つけ麺大盛り」が到着
その間他の客は2名という閑散とした状況だ
さっそくつけダレに浸した麺を食べる
口に押し寄せるのは魚粉の味
濃厚なつけダレなのだが魚粉味がストレートに感じられる
そして太くて固い麺だがうまみがすごい!
よく小麦のうまみと書く人がいるが小麦のうまみというより熟成した甘味を含んだうまみだ
麺を打ち立てで出す店もあるがさすがに催事だから打ち立てはあり得ない
2~3日さらにはそれ以上寝かしたのだろうか?その熟成度は素晴らしくさすがに松戸の行列店だけある
「中華蕎麦とみ田」の麺はいつ食べてもうまい!
タレはもちろん甘くてやや酸味の感じられるオーソドックスなつけ麺のタレだ
小麦の熟成度と魚粉の外れないうまみとタレの甘味でこれはもうおいしいと言わないほうが無理がある

私は松戸の「中華蕎麦とみ田」には過去に2度行ったことがある
むしろその時よりもおいしいと思った
松戸で食べた時は作り立ての豚骨濃厚スープに雑味が感じられて作り立て特有の臭みというかこなれていない味を感じて「これがなぜ関東の人に絶大な支持を受けているのだろう?」と思った
作り立てのスープにはまた特有の魅力はある
食べた時はそうでもないと思わせてまた食べたくさせる魔力
ただ私は2度しか行ったことがなくそこまでの域には達していないのでむしろ作って時間のたった臭みの飛んだこなれた味のほうがおいしいと感じてしまう
今回の京阪百貨店守口店や2年半前の阪急梅田店で食べたつけ麺は正直おいしいと思う
だがそれでは松戸の行列はいったい何なんだろう?
本当は作り立てのほうがおいしいに違いない
作り立ての臭みに打ち勝つにはもう一度、いや二度三度行かなきゃわからないのだろう
催事なので作り立てでないのは分かっている
でもそれがおいしい
麺に関してはさすがというしかない
でも催事なんだ
やっぱり松戸まで行きたい
でもまた前と同じだったらどうしよう
躊躇する気持ちも働く
まあ、たかだか800円前後の金でそこまで悩むこともないか・・・

[PR]

by oretokumou | 2017-05-27 15:00 | 百貨店催事 | Comments(0)