拉麺BLUES

<   2016年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


虎一番 響塩ラーメン

虎一番が昼営業を始めた!
待ちに待った昼営業だ
しかも娘さんがツイッターでツイートしているらしい
凄く前向きだ
あとはあの閉鎖的な店内のムードをどう打破するのか?
楽しみである

さて、昼メニューのトップに登場した「響塩らーめん」700円
どういうラーメンなのか気になるのだがメニューにはヒミツと書いてある
訳の分からない状況で注文した
(注:以下の文章でヒミツのネタばらしが書いてあるので見たく無い人はここで終わりにしてね)
e0208833_23124685.jpg

スープは淡麗系であっさりだが、そのまえに塩が強く感じる
そしてかつおの上品な味が伝わってくる・・・
でかい肉団子が二つ入っているのがすごく気になった
本当はレアチャーシューが食べたいのに

レアチャーシューと言えば関西で出し始めたのは虎一番だろうか?
真偽のほどは別にして、早くからレアチャーシューに取り組んでいた
あの半生風に出されたチャーシューは衝撃だった
当時ほかにレアチャーシューを出す店を知らなかったから革命的な事件だった
それだけに今あたりまえになったレアチャーシューをあの衝撃な出会いを懐かしんで食べたかった
でも肉団子だ
凄く残念だったが、肉団子もうまかったので気を取り直すことが出来た

麺はどこの麺か知らないが適度に固さのあるストレート麺で好きなタイプだ
店主の愛想なさには定評があるがさすが味に関しては折り紙つき
と思いながら食べていたら突然店主が話しかけてくる
「あっさりでしょ?」
突然の問いかけになんと答えていいか窮してしまった私は
「いや濃い味ですね」と半ば否定的に答えてしまった
実際塩味も強かったししっかりした味だったのでそう答えてしまった

そしてせっかく店主に話しかけられたので先ほども書いたようにスープにかつお味が感じられたので「これ、かつおだしですか?」と質問すると
「いや、煮干しと昆布です。その二つしか使ってません。動物系も使ってません」とのこと
意外だった
とても煮干しと思えない上品な味だったのでかつお以外考えられなかったがこれが煮干とは・・・
煮干しでも美味しい出汁がだせるんだ
きっとはらわたを取ってるんだろなとかいろいろ思いをめぐらした

そして昆布の味もすごく出ていて旨味を醸し出している
昆布と煮干
この素材で作るラーメンスープは讃岐うどんのダシ風になってしまうと店主も言っていたが、それをラーメン風に仕上げるために塩気を強くしているのであろう
では油は何を使ってるんだろう?
それは聞きそびれたのだが、たった二言三言の会話がすごく参考になった昼営業のひとときであった
[PR]

by oretokumou | 2016-02-29 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ロックンビリーS1 塩煮干しらーめん (限定)

ロックンビリーの限定煮干しが出るということで急遽行ってきた
鰮(いわし)の煮干しではなく鯵(あじ)煮干しをふんだんに使っているらしい
果たしてロックンビリーの強煮干しなのか?
いやがうえにも期待は高まる
e0208833_20213728.jpg

出てきたのは強煮干しではなく、わりと汁気の多い煮干しで期待したほどではない
それと鯵煮干しを使っているのでニボニボ感も弱い
鶏油と塩で味付けしていることでロックンビリーらしさを打ち出している
ニボニボ感が弱い分、よりオイリーな感じに仕上がっている
だが、適度に臭みの残る、粉砕したのか粉っぽい鯵煮干しはこれでもかという押し寄せる感じがなく途中で飽きてくる

麺は通常よりも芯の残る固さはあるものの芯の周りは柔らかく弱々しい感じ
これはロックンビリーらしい部分ではあるのだが・・・
塩煮干しの難しさを感じてしまった
[PR]

by oretokumou | 2016-02-28 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

神座鶴見店 おいしいラーメン

ひさびさに神座
鶴見店は二度目だがここは他店より美味しいような気がする
神座はセントラルキッチンなので他店も同じ味なのだが鶴見店は店員さんがキビキビしていて活気がある
なによりホールが明るくて自然と美味しいと感じてしまう
e0208833_21242333.jpg

まあこれはラーメンというより白菜と豚の鍋のような味
甘みがあるのは砂糖と化学調味料だろ
醤油もいい味を出している

感心するのは値段の安さ
自画自賛のネーミングが微笑ましい「おいしいラーメン」が税込で1杯545円
もっともトッピング増量や麺増量価格は割高に感じるが・・・

スープと白菜がたっぷり入っており海外客が大喜びしそう
やはりおいしいのだが大量生産型なので感動は少ない
それでもたまに食べたくなってしまうのはどこかで食べたことのある味
おそらく鍋物のような味が私を誘うのであろう
もし神座の白菜鍋スープが市販されたら売れるだろうな
[PR]

by oretokumou | 2016-02-27 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺や清流 中華そば

うまい淡麗系醤油ラーメンを追い求めて住道まで来た
「麺や清流」
読んで字のごとく清らかな淡麗ラーメンを作る店と予感した
大型商業施設のテナントなので店内は広々としている
e0208833_19132620.jpg

しっかり鶏味が感じられ醤油の味もストレートに伝わってくる
これぞ淡麗系で理想的な醤油ラーメンともいえる
わざわざ住道まで来た甲斐があった
麺も私が好きなストレート麺
ツルるんと口の中に麺が収まる
その快感も良し
先日食べた「ラーメン人生JET」の「丸鶏醤油そば 改」に味はよく似ている
ただJETのほうが動物系のワイルドさと麺のアンバランス感で乱雑に感じた
ということは「麺や清流」の勝ちなんだが、記憶としてはJETのほうが残る
客をリピートさせる麻薬的な味付け
それが「麺や清流」には足りないような気がした
もう一つのメニューの「塩そば」のほうが評価がよさそうなのでもう一度足を運びたい
[PR]

by oretokumou | 2016-02-26 21:07 | Comments(0)

片岡製作所 ラーメン

e0208833_2105044.jpg

純豚骨ラーメン専門店
博多風なのか、久留米風なのかはっきり明記していないがスープはやや濃いので久留米風
材料による雑味はあるが臭みがないので丁寧に処理されているようだ
ただ、さらりとしたクセのなさが物足りなさに通じてしまう
醤油ダレとうま味調味料を極力控えているのであろうか?
九州ラーメンにしてはワイルド感がない
純豚骨ならもっとうま味に人工的な力を加えてもいいような気がするのだが
麺はやや加水が多いようで博多ラーメン独特の固さがない
でもこれはこれで麺の旨味を感じさせてくれる
ラーメンだけ食べると物足りないが、餃子やチャーハンなどと一緒に食べてると満足できるのかもしれない
[PR]

by oretokumou | 2016-02-21 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン人生JET 丸鶏醤油そば 改

よく趣味の話になると私は「ラーメン食べ歩き!」と答える
そして必ず聞かれるのが、「どこの店がおススメ?」
そう聞かれると実に困ってしまうのである
世の中そうそうラヲタはいない
そしてラヲタは特殊な人種である
ということで私に質問する一般人と特殊な人種である私のピント(焦点距離)が全然違うからなかなか答えにたどり着かない
それでも答えないわけにはいかないから「ラーメン人生JET」とか「塩元帥」と適当に答えてしまう
「本当はほかに薦めたい店があるんだけどな・・・」と私はいつも心の中でつぶやく
とはいってもラーメン人生JETは好きな店の一つで、本当ならもっと食べに行っててもいいはずなのだが、それを妨げているのがあの行列
ただ、和海や和心、紡、人類みな麺類と違うのはJETは回転が速いので意外と待たなくてもいいようだ
ほかの行列店もこうであってほしいのだが、それは店それぞれということで個性を重んじ深くは望まないことにしよう
e0208833_18135791.jpg

丸鶏醤油そば 改(限定)
このラーメン限定メニューであるのだが、メニューを見て驚いた
この店の「鶏煮込みそば」及び「鶏煮込みつけ麺」「カレーラーメン」意外はすべて数量限定である
いつのまにか鶏煮込みそば系がメイン商品で、あとは付けたしみたいな扱いになっている
それだけ鶏煮込みそばの評価が高いということか?
私も数年前に大阪伊勢丹の催事で食べた「鶏煮込みそば」があまりに美味しくてその評価に異論はない
催事特有のダレたやわやわの麺が出てきたのだがそれでもうまかった
このようにJETが鶏煮込みそばを主力として扱っているのは当然のことだろう
さて話をもどし、丸鶏醤油そば 改だが、さすがに丸鶏を使っただけあってスープに鶏のコクがしっかりと感じられてうまい
そして醤油ダレもありきたりだが昔ながらの醤油ラーメンを濃くしたようなオーソドックスでありながらしっかりした味わいになっている
うま味を魚介に頼ることなく鶏と醤油を前面に打ちたてた満足のいく味である
ただ幾分ワイルドな味になっており優しさというかすっきりした感じがなく雑さ加減も感じられるのが今風でないような気もした
麺は例のつるっとした麺で、この麺はつけ麺なら最高にうまいのだが、ラーメンの麺となるとちょっと私の好みから外れてしまう
固めお断りはもはや周知のことなのだが低加水の固い麺ならもっと合うように思えてならない
だが、この麺は鶏煮込みそばならうってつけだと思うのは大阪伊勢丹の催事で食べた時に確認済みである
次はぜひ本店で鶏煮込みそばを食べてみたい
蛇足だが、JETのカップめん、もうひとつだったな
東洋水産さん、もうすこしJETの味を研究してよ
[PR]

by oretokumou | 2016-02-20 19:36 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 汁なし担々麺香醇

工事のためしばらく休んでいたラーメンまぜそば縁だが昨日ようやくリニューアルオープンした
排水工事がメインのためテーブル席が奥に移ったくらいで大きな変化はない
カウンター席の固定椅子は取り払われ置き椅子に変わったが以前と同じ7席のまま
店員は2名で以前の3名の時のような回転のよさはなく提供に時間がかかっていたようだ
e0208833_18375930.jpg

さて「汁なし担々麺香醇」だが芝麻醬を使わずタレとラー油で味付けしておりシンプルな味が楽しめる
以前食べた芝麻醬を使った「濃厚」は全体的に甘くてあまり好きになれなかった
やはり個人的には「香醇」の方が好きだ
今回のリニューアルオープンから辛さ(唐辛子)としびれ(花椒)が有料で追加できるようになったのだが今日はノーマルにした
ちなみにノーマルは辛さ1でしびれ2であり、3~10に増やす場合は50円、11~20に増やす場合は100円増しとなる
ノーマルだとしびれが物足りなく感じたので次回は有料で増やしてみるか・・・
(ちなみに以前の「香醇」は辛さ4しびれ3だったので今のノーマルはかなりのレベルダウンだ)
さて肝心のタレだが、レシピを変えたのか以前よりも酸味が強く感じられた
花椒のしびれよりもそちらが気になりなにか落ち着かない
麺は以前と同じ平打ちだが薄くなったような気がする
製麺機を変えたのでしかたないのかもしれないが、店主のブログでも製麺機の問題を書いていたのでこれは調整でよくなる可能性がある
とはいえ以前食べた満足感に達しなかったのが残念だった
今後に期待したい
[PR]

by oretokumou | 2016-02-19 19:21 | ラーメン実食 | Comments(0)

ロックンビリーS1(限定)比内地鶏の鶏油そば

一時のらせん階段まで並ぶ行列も最近はなかなかお目にかかることがない
ちょっとさびしい気もするが食べたいラーメンがすぐ食べられるのはいいことだ
今日17日の夜限定はあえそばということで仕事帰りに駆けつけた
e0208833_204744.jpg

比内鶏油をたっぷりと使った和風のあえそばということで爽やかに香る鶏油がいい
鶏油というと鶏の臭みを連想してしまうが、ロックンの鶏油は臭みがなく旨味が豊かである
いつもながら思うのだが限定メニューの麺の量の多さはうれしくなる
具材は鶏肉、穂先メンマ、青ネギ、白ネギ、梅肉、海苔、レモン、紫蘇、あられ、パクチーなど・・・
鶏肉も脂身を外してカットされておりその丁寧な仕事ぶりには感心する
麺は尼ロックの柔い麺よりやや固めで油をまとったその麺は食べてみると焼きそばのような味がする
この印象は終始ぬぐえなかったのだが決して悪く言ってるのではない
油に絡んだ麺はねっとりしていて食べてみると麺量が多いにもかかわらず最後までおいしく食べることが出来た
ただ、やはりロンクンビリーといえば汁そばが秀逸で、いかに限定メニューと言えども定番の尼ロックにはかなわない
それゆえこの店の限定は、客寄せというよりもむしろファンサービスに徹していると私は思う
[PR]

by oretokumou | 2016-02-17 20:47 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば牡丹 牡丹らーめん

2月2日兵庫県西宮庁舎前に出来た新店
先に食べた「麺屋てっぺん」から歩いて行ったので連食になる
とにかく種類が多い
魚介鶏白湯、白醤油、白醤油煮干し、黒醤油、黒醤油煮干し、カレー、味噌、塩・・・
そしてつけ麺にまぜそばまである
なんというラーメンパラダイス
何にしようか迷いに迷うも、「最初に食べるならコレ!」という店の勧めに従って「牡丹らーめん」を頼む
e0208833_23483032.jpg

「牡丹ラーメン」とは鶏白湯と魚介のダブルスープで鶏白湯自体は水分が多くさらっとした感じでこってり感はない
薄味鶏白湯だがちゃんと鶏味は出ていて甘みも感じられる
そして魚介がブレンドされ鶏白湯を一層食べやすくしている
第一印象はうまいと思った
クセの少ない味はファミリー客にもサラリーマンにも受け入れられると思う
裏を返せばラヲタ向けではない感じ
でも醤油煮干しもあるのでそれも食べてみたい
気が向けばもう一度来るかもしれない
[PR]

by oretokumou | 2016-02-15 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋てっぺん西宮店 台湾まぜそば

久々に台湾まぜそばが食べたくなった
台湾まぜそば専門店「麺屋てっぺん三宮店」の2号店である西宮店に行ってみた
e0208833_1745404.jpg

具材を見渡してみると魚粉が見当たらない
なのでタレを味見してみると魚介味が感じられる
タレ自体の濃さもなく比較的マイルドに仕上げられている
辛さは卓上のラー油と唐辛子で調整できるのでデフォはそれほど辛くない
それじゃあ物足りないのでラー油と唐辛子を加えるがあまり辛くならないようだ
その上卵の黄身が味をまろやかにしてくれるのでますます食べやすい辛さになってくる
麺は名古屋の「麺屋はなび」に比べると少なくあっというまに平らげてしまう
「麺屋はなび」の麺量が200gなのだが「麺屋てっぺん」は170g前後だろうか?
この差はかなり大きい
だがしかし、茹であがった麺をテボに入れてゴマすり棒でグルグルかき混ぜて麺に傷をつけてタレを絡みやすくしているのは「麺屋はなび」と同じ手法だ
これはこれで麺にうまみを与えておりなかなかいい感じで食べることが出来る
あと、台湾ミンチも少ない
台湾まぜそばは台湾ミンチが肝なのにこれをけちっちゃいけない
ネギは青ネギではなく白ネギなので苦味が強い
総じて「麺屋はなび」と比べると物足りない部分は多々あるが、この程度にしておかないと客離れが心配なのかもしれない
というかこれもまたブームに乗っかってブームが去ると衣替えする気がしてならないのである
[PR]

by oretokumou | 2016-02-14 00:00 | ラーメン実食 | Comments(2)