拉麺BLUES

<   2016年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


しぇからしか梅田店 ラーメン

淡麗系の清湯ラーメンを追い求めるとどうしても豚骨ラーメンはその雑さがいやになりついつい敬遠してしまう
それでも世の中で一番うまいラーメンは豚骨ラーメンだと思う
たまに食べるとやはりうまい
「しぇからしか」もずいぶん行っていない
第1回らぁ祭で神戸のしぇからしかに行って以来の訪問だ
e0208833_1914562.jpg

やはりうまい
文句なくうまい
豚骨ラーメンは使う部位で味が違ってくると聞いたことがある
作る側としては雑そうに見えて結構苦労しているのだろう
まあそれでも私としては多少味がぶれても、アク取りを手抜きして多少臭くてもそれはそれでおいしく食べられる
今回も出来はまあまあというところだがおいしく食べることができた
やっぱり豚骨ラーメンが一番うまい
私の好みを言えば、「無鉄砲」のような濃厚タイプよりもシャバシャバのしぇかタイプのほうが好きだな
[PR]

by oretokumou | 2016-05-31 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん颯人 しおらーめん

なんだかんだでビブグルマンの威力はすごい
以前なら開店20分前なら余裕のポールを取れたのに、この日は土曜日ということもあるがすでに10人待ち
徐々にハードルが高くなっていく
e0208833_810425.jpg

さてこの日は「らーめん颯人」の新メニューに注目!
「しおらーめん」
レンゲですくって飲むスープは昆布から抽出されるまろやかさが感じられるが、麺をすすると鶏味が如実に感じられる
颯人らしい派手さのない落ち着く味
ただ味噌と醤油に比べると陰に隠れるような印象がある
この先何度「しおらーめん」を食べるだろうか?
味噌と醤油のローテーションの谷間になりそうな気がする
[PR]

by oretokumou | 2016-05-30 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

たかの食堂 がふう醤油(たかのVersion)

がふうあん店主が沖縄旅行で留守のあいだ弟さんが店を任されて期間限定で営業しているのが「たかの食堂」
5月29日までの営業予定である
前回は「鶏のこく塩ラーメン」をいただいたがこれがなかなかおいしかった
今回はもう一つのメニューである「がふう醤油」をいただいた
e0208833_1331787.jpg

香味油と分離した醤油がうまい
香味油の味と醤油ダレの味のアンサンブルがなかなかいい
醤油はやや甘めながらも引き締まったキレがある
油は前回「鶏のこく塩ラーメン」でも味わったエビのような味がする
エビというたとえも実はあまり言いえていないので考えてみた
てんぷらのカスである揚げ玉のような味か?
うどんに入れてプチお得感を得られるやつ
そう、そんな感じだ
この揚げ玉のような味が郷愁を感じさせてくれる
そして麺
ぱっつんとした噛みごたえのある麺はもう麺だけ食っても満足のいく個人的には最高レベルといっていい麺である
これは自家製ながら専門業者から仕入れたような麺でもしこれが本当に自家製麺なら恐ろしく出来栄えがいい
これは他では味わえないうまいラーメンである
[PR]

by oretokumou | 2016-05-28 02:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

たかの食堂 鶏のこく塩ラーメン(たかのVersion)

ウインドウズ10のアプリケーションソフトがアプリと呼ばれるようになった
時代だなあ・・・
フォト機能も当然ある
PCをウインドウズ10に変えてから写真のレタッチを10に装備されたフォト機能の補正で行ってる
これが意外といい
2~3回補正を繰り返すとかなりいい画像になる
以前手でやってたよりもいい
それがこの写真
e0208833_7291136.jpg

いや、違ったこの写真だ
e0208833_729281.jpg

どうです?いいでしょう
自画自賛はこのへんまでにして味の感想
うまい!
「がふうあん」の元味を継承しつつ万人受けする海老風味の感じられる塩タレ
というのも、この「たかの食堂」は「がふうあん」の店主が沖縄旅行をしている間店主の弟さんが営業する期間限定のお店
塩ダレは弟さんが独自に作っている
どこかで食べた味
暫く考えて到達したのがえびせんべい「ゆかり」の味
そんな感じがした
とにかくスープはうまい
で、麺なんだがこれまたいい
関西のラーメンはふにゃふにゃな麺が多いが「がふうあん」の麺はコシがしっかりしている
元々店主が関東指向で東京志村坂上の「伊吹」との交流があることから麺に関してはしっかりした噛みごたえのある麺を提供し続けている
29日までの期間限定だが、その後「がふうあん2号店」の店長に弟さんが引き継がれるとのことで2号店に期待がかかる
[PR]

by oretokumou | 2016-05-26 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつか坊主醸 辛味噌

梅田からも中津からも行けるという便利なようで辺鄙な場所にあるみつか坊主醸
土曜日で2時過ぎでも外待ち
だが回転が恐ろしく早い
外待ちから20分ほどでラーメンが登場
遅い料理人は自慢にならない
e0208833_2056137.jpg

さて最近の激辛ブームで以前なら食べようもしなかった「辛味噌」にチャレンジ!
みつか坊主特有の田舎みそ風味は健在
とにかく落ち着く味だが辛さが落ち着いた余韻を蹴散らすようだ
その統一感のなさに散漫なような印象を受ける
次回は基本に立ち返り「白味噌」が食べてみたくなった
[PR]

by oretokumou | 2016-05-23 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

河内の中華そば醤 熟成中華そば(バラ)

東花園は果てしなく遠い
それでも2週続きの訪問!
こんにちわ店主さん
でも店主さんチョットピリピリしている
一人で切り盛りしてるから忙しいのだろう
しかたないか・・・
e0208833_18263657.jpg

先週は割とあっさり系の「中華そば」を頼んだが今回は濃い系統の「熟成中華そば」
予想通りの濃さだった
濃い醤油に胡椒が利いている
どこかで食べた味だ
そう、高井田系の味
まあ魚介系を抑えた醤油重視の味だが、これがなかなかいける!
シンプルにおいしい
ただひねりがない
やっぱりここは魚介味の手助けがほしいところ
ということで次回は「煮干し中華そば」か「熟成煮干し中華そば」を頼もう
果てしなく遠い店に行く気満々だな(笑)
[PR]

by oretokumou | 2016-05-21 19:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺や紡 熟成らーめん

13日の13時過ぎ、もし並びが少なかったら並んでみようと思って行ってみると臨時休業の張り紙
理由は病院に行くからとのこと
で、翌14日(土)に臨時営業すると書かれており14日に行ってみた
案の定並びはいつもより少ない
それでも50分待つ
e0208833_23344348.jpg

久々の熟成らー麺 (注:写真は過去のものです)
スープは濃厚魚介鶏白湯
スープに濃度があるが鶏白湯自体のうま味はあまり伝わってこない
濃いだけという感じがする
コクはあるのだが・・・
むしろ魚介のうま味が鶏白湯を引き立てている
今これだけ鶏白湯が蔓延しているなかでこの店の鶏白湯が飛びぬけて旨いというようには思えない
これだけの行列店だがなぜここまで並ぶのか?
何回来てもそう感じてしまう
奥さんの「いつもありがとうございます」の言葉につられてまた来てしまうの繰り返しだ
失礼
[PR]

by oretokumou | 2016-05-15 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

河内の中華そば醤 中華そば(肩ロース)

以前より気になってた店「河内の中華そば醤」
「じゃん」じゃなく「ひしお」
店主一人で切り盛りしているので当然のごとく外待ちが発生
外待ち5人で1時間待たされた
e0208833_18151936.jpg

今回はあっさりの「中華そば」を頼んだ
やや頼りないが何か懐かしい味が感じられる
あまりいい例えではないがインスタントラーメンの粉末スープの味
悪い意味ではなくすんなり受け入れられる味
ただ昨今のラーメンはタレと油にメリハリを利かせたものが受けている
インパクト不足は否めない
それを補完するかのように「熟成中華そば」や「煮干し中華そば」もライナップされておりリピート対策もばっちり採られている
スープの量は少ないが麺量が多いので満足感がある
とりあえずこの店のラーメン全品制覇したくなった
[PR]

by oretokumou | 2016-05-14 19:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺処葵 シビカラみそらーめん

SNSは便利だ
だがこの店はそれをかたくなに拒んでいる
店の情報は扉に張られた張り紙のみ
客への対応も万全とはいえない
客に背を向けているのだろうか?
いやそんなことはないはず
そもそもSNSなんて昔はなかった
地域の客にとっては不要ともいえる
食べたい人だけくればいい
遠くからきて臨時休業に遭いSNSをやれというのはお門違い
それは客のエゴでしかない
e0208833_18355096.jpg

とまあ「麺処葵」の肩を持った冒頭の書き出しだがこういう店があってもいいように思う
すべての店がSNSを利用するのは画一的でおもしろみがない
で、本題の「シビカラみそらーめん」
行列に誘われ来店し味噌ラーメンがあるからオーダーするとえらい目に遭う
恐ろしく辛い
それにフォアジャン(花椒)が大量投下されていて殻の砕き残りがザラザラする
フォアジャンを知らない客なら「これ砂が入ってるで」と言われそう
でもフォアジャンファンの私はこのザラザラ感がなんとも心地よい
とにかく辛いのだがこのフォアジャンがなんともいえない痺れ具合でトリップできる
辛さにはうまみはない
でもベースの豚骨スープや背油がうまみを辛みの合間合間に舌に運んでくれる
まるで砂漠の中のオアシス
うまみに遭遇しホッとする
煮干し、昆布、かつお、干しエビという魚介もうまみを与えてくれる
これはみそらーめんと掲げられているが実は担々麺のジャンルであろう
細かく言えば魚介みそ担々麺
ここまでフォアジャンを使いこなせているのは阪神岩屋の「ラーメンまぜそばえにし」とここ「麺処葵」くらいしか私は思い浮かばない
[PR]

by oretokumou | 2016-05-13 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そばうえまち 中華そば醤油

e0208833_215519100.jpg

前回食べた時は鶏の風味が香り最高においしかった
http://oretokumou.exblog.jp/24119353/
でも今回は鶏味は弱く醤油味が際立っていた
そして魚介も分かりやすい
醤油ダレはやや甘めで酸味が抑えられている
どちらかと言えば今回食べた味がいつもの味で逆においしいと思った前回が特別なのかもしれない
この微妙な当たり外れもまた楽し
と強がっておこう
毎回思うのが麺が少なくあっというまに完食してしまう
これだけおいしいのだからもっと食べたい
大盛りできないかな?
[PR]

by oretokumou | 2016-05-10 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)