拉麺BLUES

<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


極汁美麺 umami 塩ラーメン

前回の醤油らーめんはあっさりながらも醤油のキレがあるさっぱりした感じでまずまずのおいしさを堪能できた
その後限定メニューながら塩ラーメンが登場し、どうやら評判がいいようだ
これはぜひ試してみなければならないと思い近鉄小坂駅まで行ってみた
e0208833_17381114.jpg
スープは塩加減が弱く頼りなさを感じるものの、うまみは十分伝わってくる
塩ラーメンと言えばバリバリに鶏味を利かせたスープがよくあるが、このラーメンに関しては鶏味は突出していない
その分全体的に調和のとれたマイルドさがありキレも感じられる
何が突出しているということがなく実にバランスがいい
あえてネガティブな点を言うなら焦がしねぎの香ばしさが気になるくらいだろうか
何を使えばこの味になるのか?
終始そういう考えが頭の中を駆け巡るのだが最終的にそれぞれの材料が一体となった時に醸し出されるうまさだろう
麺はさほどスープの絡む感じがしないのだがそれをいつしか忘れてしまう超越性がある
この店もすぐさま人気店になるのかもしれない



[PR]

by oretokumou | 2016-08-29 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 背あぶら濃厚魚介中華(中)

最近、背油と煮干しの相性が良いように思えてならない
おいしい煮干しラーメンには背油がよく入っている
そういえば「なかた屋」の濃厚魚介中華も背油が入っていたのを思い出し実食と相成った
e0208833_21182205.jpg
一口スープをすする
背油に煮干しがいい味を出している
やはりうまい
しかしいつものように塩分濃度の濃さも気になる
私のようにスープをすすりながら麺を食べる人にはちょっときつい
背油のざらつく舌触りも気になる
この店には背油の入っていない「煮干し中華」があるのだが私はそちらのほうが好きだ
この店のラーメンは麺が多いのである意味ジャンキーでありスープを堪能するのは向いていないのかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2016-08-28 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

金久右衛門 深江橋本店 高井田ゴールド

金久右衛門の深江橋本店がリニューアルされて2度目の実食
今度も裏メニューを注文
「高井田ゴールド」
e0208833_20125490.jpg
このラーメンに限って太麺・細麺の選択はできず極太麺を使っている
スープは薄口醤油を使用しており色もまさしくゴールド
丸鶏のスープはマイルドでとてもうまい
トッピングに丸腸を選んだがそのうまみもスープにしみこんでるのだろうか?
とにかくうまい
今まで数多くのラーメンを食べてきたがこれほどまでにうまみのあるスープは初めてかもしれない
麺は極太だがレギュラーの太麺でもいけそう
どんな麺でもこのスープならうまいと思う
値段が940円なのでそうしょっちゅう食べることもできないがこれはまた食べてみたい
いまさらだが金久右衛門のとりこになりそうだ


[PR]

by oretokumou | 2016-08-27 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 背油魚そば

この「背油魚そば」と「つけめん」が数量限定ながらレギュラーメニューに追加された
オープン以来レギュラーメニューは「中華そば」一本で通してきたのだが、これで安定の三本柱となった
だが私はまだ「背油魚そば」を食べていない
レギュラー化記念として「背油魚そば」食べてみた
e0208833_20161957.jpg
一面に浮かぶ背油
のようだが実は天かすも半分くらい混じっている
スープを飲んでみるとこの天かすがなかなかいい
分かりやすく言うと天かすを入れた和そばのような味
天かすそばのうまさが脳裏に刻み込まれているので瞬時にうまいと条件反射してしまう
背油や天かすの油系に煮干し出汁は実によく合う取り合わせだ
この店のメインの「中華そば」がシンプルな出汁ならこちらはカラフルな出汁
肉の枚数も3枚で部位や火の通し方が異なり楽しみが増えた
麺はいつものストレート麺で今日はちょい柔らか目
もう少し固いほうが私の好みだ
初めて食べたがレギュラー化されたのに納得がいく
またまた中華そば堀川が好きになってしまった

[PR]

by oretokumou | 2016-08-25 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつ星製麺所 西中島店 つけ麺

みつ星といえば福島が本店
スープの出来が悪けりゃスープを捨てて店を閉める
そういう潔さが私のイメージ
確かにいつ食べても満足のいく仕上がり
それは今回実食した2号店の西中島店でも同じ
さらに言えば接客も福島本店同様素晴らしい
味よし、もてなしよしの二拍子揃っているのだがたんぱくというか、抜きんでたところがないのでいままでそれほど足を運ぶことはなかった
e0208833_16581954.jpg
それでも前回食べた濃厚らーめんはおいしかった
ならばつけ麺ももともと定評があるので食べて損はなかろうという思いで今回の実食なのだが果たして結果はすこぶるよい
おいしい
いわゆる濃厚魚介豚骨のくどさが低減されていてとても食べやすい
口の中でざらつくのはすりおろした大根だろうか?
もしそうであればこのすっきりした味わいの答えに結び付く
いやそんなことはどうでもよくて、じつにさわやかな濃厚スープである
関西人は関東伝来の濃厚魚介豚骨をすごくさげすむ
私はその関西人に一方的に忌み嫌われる関東流の濃厚魚介豚骨もすごく好きだ
でも今回食べたみつ星の濃厚魚介鶏豚骨は関西人にさげすまれることなく好まれる味
それは福島本店のオープン当初から定評があった
関東にはないすっきりした濃厚つけ麺
だからファンも多く長蛇ではないが常に店前には待ち人が並んでいた
今回食べたのも先にも言ったが本当においしかった
麺はちょっと短くて箸でつかみづらい点はあるがそこそこおいしい味わい
スープ割もほどよい割りスープを入れてくれるので実においしい
本当に至福のひとときをこの一杯750円のつけ麺が与えてくれて本当に満足できた

[PR]

by oretokumou | 2016-08-21 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

拉麺ノスゝメ 諭吉 魚介風味しょうゆらーめんこってり

関大前にあるラーメン屋
学生街にラーメン屋は今や当たり前
でもこの店ができたときは関大前にラーメン屋は2軒くらいしかなかったように思う
e0208833_21291463.jpg
さて、魚介風味しょうゆのこってりVersion
魚介風味はさほど感じられないが豚骨と鶏白湯の濃厚スープにうまみを与えている
この店がオープンしたときに食べた味とさほど変わっていないという印象だが、当時はかなりおいしく感じた
鶏白湯ブームがまだ起きていなくて鶏白湯というワードさえ当時はなかったと思う
豚骨ラーメンなのにおいしいと感じたのだがそのおいしさが鶏白湯だったのはその後しばらくして分かった
でもそれから数年がたち当時おいしいかった味も今ではどこでも食べることのできる味になってしまった
ラーメンの進化は加速の一途をたどるようだ


[PR]

by oretokumou | 2016-08-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

魁力屋 園田店 醤油ラーメン

魁力屋もかなり久しぶりの実食
5年以上も行っていない
よく似た味の來來亭よりも甘味のあるスープが好きだった
おいしいのは間違いない
食べる前からワクワクしてくる
e0208833_21023340.jpg
麺は細麺で歯ごたえがいい
低加水なんだが意外とツルツルした触感も感じられる
やっぱりこの麺は好きだ
そしてスープ
やはり甘い
先日食べた「西宮ラーメン宮っ子」のスープのような甘さがこの「魁力屋」にもある
「魁力屋」は鶏ガラで「宮っ子」は豚骨だから基本の味は違うのだがタレはよく似た感じだ
この甘さ、うま味調味料によるところが多い
でもこれが本来のラーメンのうまみでだいご味でもある
チャーシューも薄切りでスープがしみ込んでうまい
たまにはこういうラーメンを食べて原点復帰するのも必要だ


[PR]

by oretokumou | 2016-08-15 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

金久右衛門 深江橋本店 なにわブラック


e0208833_07364293.jpg
金久右衛門本店が華麗に変身した
今までに本店は一度行ったきり
もうかなり前でまだ行列もなく地元の客が2~3人いた程度
その後行列店になり成功の一途をたどる
店内は梅田店を広くした感じで窮屈感はない
e0208833_16401945.jpg
さてこの「なにわブラック」は江坂店で一度食べたことがあるが味は覚えていない
スープの上層は鶏清湯で鶏ガラの濃い味が感じられ太麺によく絡む
これはこれでずっと味わっていたい
そしてややゲル状になった醤油ダレを溶かしていくとブラックラーメンに変身する
まさしく一粒で二度おいしい味
あっ、一粒じゃないか
ただこの変化していくのはちょっとあわただしくて落ち着いて味わえないのが欠点か?
とにかくさすが金久右衛門
今度は違うメニューを頼んでみたい



[PR]

by oretokumou | 2016-08-14 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋はなぶさ 塩そば

写真の中央にピントが合ってない
e0208833_08120070.jpg
さて「塩そば」
やはりおいしい
でも今回は魚介の効いた味
それでも塩だれのまろやかさは感じられておいしい
塩加減は強めだが大体この店の塩加減は強い
この塩辛さとまろやかさが共存している
麺はやはり柔らか目
個人的には固めのほうが好きだ
阪神間のラーメン屋の中でここの塩ラーメンが一番好きだ

[PR]

by oretokumou | 2016-08-13 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 冷やし魚そば

今年は冷やしラーメンが花盛り
夏場の需要喚起というとこか
ほかならぬ中華そば堀川の冷やしラーメンなら食べないわけにはいかない
e0208833_08025163.jpg
味は想像通り
煮干しと枯れた醤油の味が特徴的
スープの温度は冷たくない
常温の水よりやや冷たい程度
それでも麺は冷水でしめてありしゃきっとしている

ところで、冷やしラーメンのスープはキンキンに冷やすより少しぬるめにしたほうがうまみが感じられやすいという意見を読んだことがある
確かにビールはキンキンに冷やすより少し温度が高いほうがビール本来のふくよかさが感じられておいしい
だがキンキンに冷やしたほうは清涼感があり飲んだ時の爽快感は強い
どちらを取るかはその時の状況によるだろう
さて、この「冷やし魚そば」
この日は暑かったので気分的にはキンキンに冷やしてほしかったのだが先にも書いたとおりのぬるめのスープ
気分的な落ち込みは隠せない
それと煮干しの苦さがちょっときつすぎる
たまたまなのか?冷やしたせいなのか?
暑いスープにビターなのは苦にならないが、冷やしたスープにビターはちょっとつらい
更に輪をかけて玉ねぎの苦みが強い
玉ねぎの苦みは個体差によるものなのでしかたないのだが、煮干しと玉ねぎのダブルビターはさすがにつらかった
それでも中華そば堀川独自の醤油ダレのうまさはこの冷やしラーメンにおいても健在でさすがにこれだけビター感があってもおいしいと感じさせる
普通なら次回はないと結論付けてしまうのだが、これはもう一度確かめてみてもいいかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2016-08-12 14:00 | ラーメン実食 | Comments(0)