拉麺BLUES

<   2016年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


中華そば雀 濃厚つけ麺(麺大盛り)

昨日は「三豊麺つかしん店」で濃厚魚介豚骨系のつけ麺を食べ、今日は宝塚の「中華そば雀」にて同系のつけ麵を実食
二日連続で味の比較がしやすい
e0208833_17115329.jpg
昨日の「三豊麺」は醤油ダレ過多の辛口でいまひとつ私の口には合わなかった
で、「中華そば雀」はおいしい!
その要因をじっくり考えたらつけダレが甘いということに至った
私の持論だが甘味はうま味に通じる
いや、辛くてもうまいものはうまいのだが甘味は辛みよりもたやすくおいしくできる
だが、「中華そば雀」のつけ麺はつけダレと麺の調和がいい
甘いつけダレの合間に感じられる麺のうまさ
もうこれは文句なくうまい
それと前回も書いたがチャーシューのうまさも絶品
タレとマッチしているのである
質的には安価なバラ肉ではあるがそのとろけ具合や味付け具合がとてもこの濃厚魚介豚骨スープに合う
やっぱり「雀」はつけ麺が最高だ
今回は前回の並で少なく感じた麺をもっと味わいたくて100円増しの大盛りにした
すると前回の倍近くの麺量でとても食べつくせないくらいの量である
食べつくすのに時間がかかったのと、甘いつけダレゆえにうまみの減退も早い
それでも全部食べ切った時の征服感がなんともいい
さて驚いたことがある
私よりも後に来て同じつけ麺大盛りを頼んだお兄さん
食べるのがとても速かった
あっというまに大盛りをたいらげ私よりも先に店を出て行った
皿を見ても全部食べてるし恐ろしく速い
「粋だなあ~」と見とれてしまった
時々こういう人がいるがこれは私には真似のできない芸当だ


[PR]

by oretokumou | 2016-10-30 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

三豊麺 つかしん店

「三豊麺」といえば神戸の資本系かと思っていたら瞬く間に大阪までチェーン拡大している
いったいどれだけの資本があるのだろうか?
私の職場の近くにその一つが一か月前にできた
e0208833_21090311.jpg
タイプは六厘舎系統の豚骨やモミジをじっくり煮込んだ濃厚魚介豚骨
(決してあの忌まわしいフレーズは使わない)
タレの醤油が濃くて動物系のうまみがややスポイルされている
マニア受けはあまりよくなさそうだが平日のお昼なのに客の入りはいい
ファミリー濃厚系とでも位置づけようか

[PR]

by oretokumou | 2016-10-28 23:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺処葵 豚骨魚介つけめん

もともとこの豚骨魚介つけ麺が「麺処葵」の看板メニューだった
だがその後の新メニュー登場によりだんだん格下メニューになっているような気がする
いや、格下というのは語弊がある
他のメニューと同列というのが現状だろうか
e0208833_16571587.jpg
最初にこのつけ麺を食べたときは「六厘舎」のようだと思ったし、今日食べてみても「六厘舎」らしさを感じさせる
もっとも麺は「六厘舎」より細いのだが豚骨の甘い味や魚粉の味が六厘舎チックである
ただ、うま味の突き抜け感が「六厘舎」より手前で止まってしまう
丁寧に処理されたためにアクの部分が抜けてしまってうまみのピークに伸びがない
これは当初から感じられたことで「六厘舎」にあらずという「麺処葵」の意思表示なのかもしれない
言い換えればさっぱりした味わいである
ずいぶんこの手のつけ麺も廃れてしまった感があるが「麺処葵」にとってはモニュメントでありメニュー落ちしてほしくはない


[PR]

by oretokumou | 2016-10-22 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん一宇 醤油らーめん

阪急石橋駅にある「あす流」独立店
前回は「塩らーめん」がとてもおいしかった
醤油も素晴らしいとのことで実食とあいなった
e0208833_20525228.jpg
鶏味がすごい!
鶏油の効果もあるが出汁の鶏味がいい!
鶏味だけだろうか?
豚のコクも感じられるのだがそれはチャーシューから出る煮汁からかもしれない
とにかくうまい
麺はやや低加水であるがそれが麺のうまさを引き出していてなかなかいい
このスープは最後まで飲まなくてはいけないという気にさせてくれる
本当においしかった

※後で食べログ読んで分かったのだが、豚骨も使っているようだ

[PR]

by oretokumou | 2016-10-21 21:02 | ラーメン実食 | Comments(0)

関西ラーメンダービー2016 麺屋NOROMA+ラーメン家みつ葉 濃厚豚CHIKI²ラーメン

NOROMAは一度も行ったことがない
みつ葉は一度だけ行った
奈良だから仕方ない
そうそう行けるわけがない
普段あまり行けないラーメン店を体験できるのがイベントの最大のメリットだ

e0208833_22071865.jpg
この泡立ちが何とも言えない
見るからにおいしそう
e0208833_22073152.jpg
鶏白湯と豚骨を合わせたスープだがやや臭みがある
この両店の特徴はクリーミーなスープ
今回のコラボはワイルドさも兼ね備えている
ただ塩分がきつい
スープを飲んでみても塩辛くて半分くらい残してしまった
おそらく分量ミスだと思う
イベントではこういうリスクも覚悟しないといけない

[PR]

by oretokumou | 2016-10-18 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

関西ラーメンダービー2016 にっこうと豚人とラーメン荘&Yume Wo Katar 死ぬまでに一度だけ食べたい 思いっきり禁断のトロ脂ラーメン

本当は「らーめん専門和海+和dining清乃」狙いだったのにTシャツ先着50名配布に釣られてこっちのブースに
e0208833_21114287.jpg
さてニンニクとあぶない粉をどうしたもんじゃろのう
e0208833_21114939.jpg
いっぱいかけちゃいましたw

e0208833_21120170.jpg
さすがに極太麺を発泡スチロールの器に入れると汁がほとんど入りません
まるで混ぜそば状態です
トロ脂はいらんほど入ってますw
「麺は残していいですから脂は全部食ってください!」ってどんなラーメンやねん
あぶない粉うまかったです!





[PR]

by oretokumou | 2016-10-16 15:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん鱗 西中島店 塩らーめん

「らーめん鱗」の支店が江坂にできた
でも江坂店前にはバイクが置けないので西中島店が重宝だ
e0208833_18474288.jpg
前にも書いたが「らーめん鱗」の茨木本店で食べたときは本当においしいと感じた
美味しさの感動はいつまでも続かない
でもそのおいしさの感動を追い求めるとやはり来てしまう
ただ茨木本店ではなく比較的家から近い支店のほうへ
今回は道中で突然頭痛になり胃のむかつきも感じる
それでも嗅覚は健康体と同じでよく感じられる
むしろ人の吸うたばこのにおいが過敏に感じられ健康体の時よりもいい
どんぶりの表面に撒かれた鶏節の香りがすごい
ただ塩ラーメンだから当然だが塩味が過敏に感じられる
体調が悪いと薄味のほうが食欲が進む
だから余計に塩分が強く感じられる
決して塩加減が多いわけではない
それと、背あぶらがもたれた胃にちょっと重い
それでも麺はおいしく感じられるのだから健康体ならさらにおいしい食べられたであろう
体調不良なのに感想を書いてしまって本当に申し訳ない
もう一度体調を立て直して出直しだ

[PR]

by oretokumou | 2016-10-16 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンおざき屋

まだプレオープン中だけど伊丹に新店誕生!
ここは以前「虎と龍伊丹店」のあったところでほどんど前のままの状態で営業されている
高菜と紅しょうがの入れ物もそのまま使っているのが微笑ましい
e0208833_18235482.jpg
まだプレオープン中なのであまり突っ込んで書かない
正式オープンは17日とのこと
e0208833_18241180.jpg
「おざきらー麺」
牛骨を煮込んだ清湯スープだ
確かに牛スープらしいうまみあふれる味がする
今回手違いで中辛を選んでしまった
辛さなし、小辛、中辛、大辛がチョイスできるようだがてんぱって中辛にしてしまった
私の本意としては辛さなしで食べたかったのだが・・・
それでも先ほども書いたように牛スープのおいしさは感じられる
ただ豚や鶏に比べるとそのおいしさも素直すぎて物足りない
ヘビー感がないのである
あるいは醤油の濃さもない
逆に醤油の濃さがあるとこの素直な牛のうまみは完全に打ち消されてしまいそう
広く多くに愛される味なので今後の接客やサービスにかかってくるのではないだろうか?
もう一つのメニューに「白おざき」というのがあり、これは牛の白湯スープのようである
正式にオープンしたらこれを食べに行こう
e0208833_18480669.jpg






[PR]

by oretokumou | 2016-10-15 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン哲史 醤油ワンタン

麺哲麺野郎からの独立店で今回二度目の実食
e0208833_17563961.jpg
麺哲にしてはあっさり味だがしっかりした鶏味
これは前にも書いた
すごく落ち着く中華料理店のラーメンをさらにしっかりさせた味
インパクトは弱いがこれぞラーメンというような印象
つけ麺はやらないのだろうか?

さてこの日店主と常連客との会話で気になることを聞いた
豊中麺哲の塩ラーメンはエビ油を使っていると店主が話していた
やはりそうだったのか
以前豊中麺哲で塩ラーメンを食べたがエビ味が気になってしょうがなかった
気になっていたことの裏が取れて納得した

なんかTwitterのような機能が付いたw↓



[PR]

by oretokumou | 2016-10-15 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 中華そばプライム

最近淡麗系というか生醤油系の清湯スープがはやりつつある
ロンックンビリースーパーワン、らぁめんトリカヂイッパイ、らぁ麺とうひち、極汁美麺umamiなど
そしてこの日行った長い名前の店もその系統なのか?
そんな気がして行ってみた
e0208833_22020298.jpg
醤油に個性的な味がある
すっきりというよりグッとくる深さ
冒頭にあげた数店よりちょっと濁った感じ
チャーシューはレアでもう煮込んだバラチャーシューがどんどんすたれていくようだ
ちょっと予想から外れた味だったがもう一度確認しに行きたい


[PR]

by oretokumou | 2016-10-14 17:00 | ラーメン実食 | Comments(0)