拉麺BLUES

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ラーメン香澄中崎町店 とり醤油

おいしい鶏白湯が食べたい
安定の鶏白湯と言えば「らーめん香澄」
間違いはない
e0208833_15400183.jpg
今回は「とり醤油」
醤油ダレが鶏白湯スープをやや薄める格好だがバランスは悪くない
スープに濃厚さがさほどないので物足りないと感じる向きもあるが、それでもしっかりと鶏のうまみや甘味を出している
シャバシャバではなくとろみを残した甘さあふれるスープがとてもうまい
麺もしっかりした腰がありサクッとした口当たりや重厚感がいい
この味どこかで食べた味?
尼崎の「神田らーめん」がこんな味だったか・・・
神田らーめんも久しく行ってない
今度行ってみよう


[PR]

by oretokumou | 2016-11-27 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

金久右衛門 江坂店 金醤油ラーメン

とにかくおいしいラーメンが食べたい
今年一番おいしいと思ったのは金久右衛門深江橋本店の「高井田ゴールド」
その時の記事がこちら↓

今回行った「金久右衛門江坂店」には「高井田ゴールド」はないが「金醤油ラーメン」はある
おすすめは細麺らしいが「高井田ゴールド」の感じに近い太麺でオーダーした

e0208833_00244511.jpg
薄口しょうゆの塩味の効いた醤油の濃さの少ないスープに鶏の味がしっかり抽出されてとてもおいしい
丸腸こそ入っていないがもし入っていたらさらにおいしくなったに違いない
この日食べたかった味にもっとも近い味で満足度は高い
この店の「大阪ブラック」の評価はあまりよくないようだが個人的にはこの「金醤油ラーメン」はどの店で食べても安定していると思う
以前「金久右衛門道頓堀店」で食べたのも「金醤油ラーメン」であり美味しいと思った
値段が670円というのが今では安く感じる
チェーン展開で材料を安く仕入れることができるおかげだろう

[PR]

by oretokumou | 2016-11-26 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 背脂魚そば

オープン当初のメニューも少しずつ変わってきたので最新版メニューをアップしてみる
e0208833_21262010.jpg
限定の「あえそば」が食べたかったのだがメニュー落ちしたのか?この日は限定の提供がなかった
やむなく前にも食べた「背脂魚そば」を注文した
e0208833_21272915.jpg
前回食べたときに背脂と一緒に天かすを入れていると書いた↓
でも今回は天かすは使われていない
いやもしかしたら前回の天かすと思われたのは実は背脂だったのかもしれない
で、背脂と煮干しスープの味の分離がはっきり分かれているのが感じられる
背脂のこってり感、コク、油感と相反するように煮干しスープがくっきり感を出している
だが、ここまで背脂を投入されるとくっきりと伝わる煮干しスープのクリア感を邪魔しているように思える
このメニュー、結構人気があるようだが私は煮干しのビター感やすっきりさが味わえる「醤油そば」のほうが好きだ
なお、麺が以前よりも細くなったように感じたがこれは「背脂魚そば」向けの麺だろうか?
それとも「醬油そば」と共通なのか?
すごく気になった



[PR]

by oretokumou | 2016-11-25 21:36 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋桜息吹 豚骨ラーメン

西宮という立地のせいかあまり注目を浴びていないが本格的な豚骨ラーメンを提供する店である
それもスープを継ぎ足して作る久留米式
その存在は知っていたがあまり注目されていないのでなかなか行く機会がなかった
e0208833_07090969.jpg
スープの濃度は濃い
この濃さは本場久留米でもなかなかないと思う
豚頭骨のみを使ったスープは独特の味がする
ちょっと苦いというか甘味がない
苦みは骨髄の苦みかもしれない
臭みは取り除かれているのだが豚骨特有のうまみはやや足りないと思った
だがそれは一杯目までのことで、このあと替え玉を頼み投入すると劇的に味が変わった
一杯目は高菜や紅しょうがを入れず本来のスープのみを楽しんだ
そして替え玉を入れて高菜と紅しょうがを投入
更に薄まったスープを濃くするために醤油ダレを少し入れる
すると一杯目で食べたそっけない味がまろやかでクリーミーな味に変化した
高菜の汁と醤油ダレがもともとのスープの味をぶち壊し苦みの部分を除去した結果クセのないまろやかさが生まれたのかもしれない
それなら最初から高菜や紅しょうがを投入すればよかったと思った
麺は自家製麺で博多直送とかいう店の麺よりも水分含有率が高いようだ
その点がやや本場らしからぬ食感をもたらすが欠点ではなくむしろ新鮮さがある
1杯目でややがっかりしたのだが替え玉で劇的な味変を体験出来てもう一回替え玉をしてみたくなるほどだった

[PR]

by oretokumou | 2016-11-21 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 塩ラーメン(限定)

金曜お昼の営業で塩ラーメンをやるとのツイートがあったので急きょ行ってみた(ツイートは↓のとおり)
えにしで塩ラーメンはまだ食べたことがないので期待は高まるばかりだ

e0208833_20511670.jpg
店に行くと張り紙がありこの日の塩ラーメンは「豚、魚介、野菜スープの塩ラーメン」とのこと
鶏の純塩ラーメンと思ってただけにたしょう少々がっかり
豚を煮たスープは清湯で動物感はあまり感じられない
それよりも塩と魚介の味が支配している
確かに「えにし」らしくないクセのないやさしい塩ラーメンだ
塩もしっかり感じられるのに塩辛さはない
レンゲですくったスープを口にすると頭の中に海の風景が広がる
「えにし」で食べる初めての塩ラーメンだがこれはなかなかいい
麺は細麺だが蕎麦のような味わいがあり麺自体のうまみも実にいい
噛むと更にうまみが増してくる
店主のツイートを読む限りは気まぐれで作ったように思えるがこれはレギュラーメニューになってもいいほどの完成度だ
一日限りでなくなってしまうのは実に惜しい気がする

[PR]

by oretokumou | 2016-11-19 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

塩元帥 尼崎店 醬油ラーメン

塩元帥尼崎店は家から近い
チャリンコで10分くらいの場所にある
あまりに近くてついその存在を忘れがち
ていうか、お昼時は結構家族連れなんかで混んでいてファミリーレストラン的な趣がある
木川の本店とはまた違う雰囲気がある
e0208833_19401027.jpg
ここは塩ラーメンがおいしいが醤油ラーメンもまたおいしかった記憶がある
久々にその醤油ラーメンをチョイス!
この店は天然主義を謳っているがスープは結構オイリーだ
ラーメンのうまみはオイルにあるがそのうま味の元であるオイルでガンガン攻めまくる
ただ以前食べたときの感動はあまり感じない
ちょっとしたブレなんだろうか?
塩ラーメンはいつ食べても同じ味のように感じるのだが・・・
店員さんはいつも元気一杯でやはりファミリーレストランっぽい

[PR]

by oretokumou | 2016-11-18 19:54 | ラーメン実食 | Comments(0)

和楽大勝軒 ラーメン2玉

前回(今年4月)食べたときは拍子抜けするほどあっさりの豚骨ベースと書いた
半年もするとその味を忘れてしまう
そして無性に食べたくなる
そういったことの繰り返しの多いこと
我ながら記憶力の悪さには感心する
e0208833_19473192.jpg
この日のスープは豚骨よりも鶏ガラ味が強く感じる
その味も臭みが強くておいしくない
本家東池袋大勝軒も味のブレには定評があった
(映画、ラーメンより大切なもより)
だが今回のブレは大きすぎた
今でも脳裏にその味が焼き付いている
すぐに忘れてしまいたいほどだ
でも半年たったらすっかり忘れているだろう

[PR]

by oretokumou | 2016-11-12 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

自然派らーめん満麺の笑み 背脂魚介醤油

西宮の新店に再訪問
前回は「海塩」を食べた
(記事はこちらをクリックすると読めます↓)
今回は醤油ラーメンだ
慎まやかに背脂が盛ってあるが、これだけだとそうこってり感は出ないんじゃないだろうか?
e0208833_20422012.jpg
どうもいろんなTwitterを整理してみると魚介オンリーで動物系はこの背脂だけのようだ
スープを飲んでみてもそれは感じられる
醤油、酒、みりん、こんぶ、魚介で作られたこのスープはうどんだしのようでもある
麺は前回食べた「海塩」と違うような気がする
姫路のえきそば風でもある
美味しい
確かに美味しい
しっかり3枚も鶏と豚のチャーシューが入っている
ただ、また来いよ!という誘いが弱い気がする
店の雰囲気はすごく好きなんだが・・・
ちなみに店主は数軒ラーメン店で勤めていたようである
堺の龍の付く店やら高槻や茨城に店舗を配する関西を代表するKという重鎮店
であれば動物系を駆使してほしいという気がするのだが


[PR]

by oretokumou | 2016-11-06 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

和楽大勝軒 もりチャーシュー(1玉)

もりそば1玉600円だったのが750円に値上げされている
以前は2玉でも700円だったから驚異の値上げ率だw(現在2玉850円)
かつては700円で腹いっぱい食えたのに・・・
e0208833_17540827.jpg
さて味のほうは以前と大きな変化はない
スープはいつにもましてぬるい
しかも最初からである
正直がっかり感は大きい
でもこれが元西宮大勝軒ワールド
しょげかえってはいけない
気を取り直して食おう
スープは甘くて酸っぱい
ザラメどれだけ入れてるねん?
やたら甘いがこれがデフォ
でもこの甘さが何とも言えずうまい
子供も大喜びのうまさだ
豚骨は中程度に煮込まれて濃さや臭さはないが水分が多いのでシャバシャバ
つけ麺のタレのわりには塩気が少ないのでそのままでもおいしく飲める
割りスープなんて不要
麺はラーメンの麺より細いかも
いや、同じか
写真を見てのとおりつけダレはたっぷり入っている
麺1玉でも多いかと思ったが1玉は1玉でやはり物足りなさを感じる
2玉だとやたら多く感じるのだけど・・・
なんだかんだ不満漏らしてしまったがほっこりするのはなぜなのか?
よくよく考えてみると今のつけ麺が濃厚系が多すぎる
これはこれでありだ

[PR]

by oretokumou | 2016-11-05 18:20 | ラーメン実食 | Comments(0)

極汁美麺 umami 醤油ら~めん

前回おいしいのだがおとなしいというようなことを書いた
だがその後鶏と魚介をパワーアップしたという店主のツイートを読みもう一度食べたくなり行ってみた
e0208833_20085796.jpg
確かにその通りで鶏味が濃くなっているしその分魚介も濃くして鶏に負けないようにしている
その結果うまみとコクが両立し完成の域に到達した趣がある
そしてキレキレの醤油とやや硬めのストレート麺に潔さを感じる
たゆまない向上心は共感すべきものがあり東大阪の名店になるべく突き進んでいる
そのうち行列店になるであろうから食べるのなら今のうちかもしれない


[PR]

by oretokumou | 2016-11-05 06:00 | ラーメン実食 | Comments(0)