拉麺BLUES

<   2017年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


麺処えぐち

「らーめんCiel」が割と軽めのラーメンだったので近くにある「麺処えぐち」で連食した
江坂の2号店だがこちらのほうが客席も多くメニューも豊富
客単価はこちらのほうが高そうだし土曜日だったが行列ができていたので順調に営業されているようだ
e0208833_20191385.jpg
「中華そば」を頼んだのだが味は江坂本店と変わらない
煮干しやかつお節の和風だしが効いた味は関東風だが若干の甘味が関西向け
鶏ガラのしっかりした味も感じられ実においしい
麺はやや柔らか目の中細ストレート麺
これも自家製麺ながらおいしさとのど越しの良さが感じられる
つけ麺やあえ麺もあるので早いうちに再訪問してみたい

[PR]

by oretokumou | 2017-01-30 07:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめんCiel 塩らーめん

高槻の名店「あす流」の増殖が進んでいる
「あす流」のセカンドブランドとして立ち上げた「らーめん鱗」はチェーン展開で顧客を増やし、阪急石橋の阪大近くには「らーめん一宇」が独立店として新規オープン
そして大阪市北区に「あす流」チルドレンが新店をオープンしようとしている
まだプレオープンのようだが営業を開始してから数日経っているのでほぼオープンと言っても差支えはないだろう
一部の新店紹介ブログで取り上げられたもののまだ認知度は高くないのか?客は私一人だけだ
良血の新店なのだが多くの新店はこういう道をたどって成功しているのかも知れない
むしろこういう時に食べておけば後々行列店になった時に「あの時行っておけばなあ」という後悔はない
開店5分前、他に誰も並んでいない
e0208833_20190532.jpg
さて「塩らーめん」だが「らーめん鱗」に近い味だろうか?
阪急石橋の「らーめん一宇」のような豚骨のコクはなく鶏ガラ主体の味
やや弱いような気がするがおいしいスープだ
麺はツルリとした滑らかな感じ
「醤油らーめん」もあるので近いうちに食べに行きたい



[PR]

by oretokumou | 2017-01-29 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン哲史 肉醤油

「城東烈火」からはしごで「ラーメン哲史」
麺哲からの独立店は数少ない
破門になった店3軒以外であげると3軒か4軒くらい
そのうち一番家から近いのが「ラーメン哲史」
喫茶店跡に作った店だけに店の外観はラーメン店っぽさがなく隠れ麺哲といった様相
e0208833_09121704.jpg
醤油は麺哲にしては濃いほうかもしれない
麺哲と言えば淡口醤油だから醤油味がくっきりとしていてわかりやすい
そして鶏味というか動物系のコクがすごい
麺も麺哲にしては独特の口当たりでやや縮れたもっちりした麺だ
チャーシューはレアと煮豚で相反する取り合わせ
スープにこくがありすぎてややくどさを感じるもこれが「ラーメン哲史」の特徴なのかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2017-01-28 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

城東烈火 四種の魚介醤油らーめん

庄内に行ってもここ城東に来ても烈火のオーナーを見ることはない
最初は店主一人の店だったのに今は店員も多い
店員が店主だけというのはすごくラーメン屋ぽくて懐かしい思いがする
e0208833_09120884.jpg
さて四種の魚介醤油、もう今は魚介ラーメンが当たり前のように蔓延しているので特に訴えかけるものはない
醤油が濃いのでブラック系に分類してもいいラーメンだ
麺がテイガク製に代わって久しいがやや太いかなという気がする
前回食べた「烈火ラーメン」は逆に麺が太くておいしく感じたのだが味付けによって麺の相性も変わるんだなと思った
庄内の店主一人だったころに食べた煮卵がおいしかったのをふと思い出しトッピングし忘れたのを悔やんだ

[PR]

by oretokumou | 2017-01-28 10:30 | ラーメン実食 | Comments(0)

がふうあん 我風ブラック

飲み会の締めにがふうあん
飲んだ後は体が塩分を欲するらしい
それで締めにラーメンということになるらしいのだが私の場合はただただラーメンが食べたいだけ
それでも濃いラーメンがこの日は食べたかったので「我風ブラック」を頼んでみた
e0208833_10004297.jpg
濃い醤油と思ってたがこれが意外と濃く感じられない
その分煮干しの味がすごく感じられる
まあ酔っていたので味に関してはこの程度のコメントしか思い浮かばない
なんかあっという間に食べつくしたような気がする
まあおいしいからそうなったのだろう
ただ麺がちょっと固いような感じだった
ゆで時間うんぬんより麺自体の持つ固さ
この固さはわりと好評なのだが酔って食べると「固い」という単純な感想しか思い浮かばない
真偽のほどはしらふで食べに行くしかない

[PR]

by oretokumou | 2017-01-27 10:01 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺処葵 麻辣たんたんめん

e0208833_19430528.jpg
麻辣だけにとにかく辛いし痺れる
(この店にはさほど辛くないノーマルのたんたんめんもある)
汁なしではなく汁ありでスープも熱いから口の中がヒリヒリする
麺が太くて熱さをため込んでいるので更にヒリヒリ
その中でおいしさを見つけ出すのは至難の技ともいえる
カシューナッツをかじると辛さを抑えてくれるのでいい口休めになる
ラー油が憎たらしいくらいに辛い
それに反して花椒が実に爽やかでおいしさを感じさせてくれる
もともと私は山椒が好きなのだが山椒は口の中を冷やしてくれるようにも感じる
まるで灼熱地獄の中でオアシスをみつけたようだ
それでもしばらくすると辛さにも慣れてきて今度は豚骨ベースのスープにおいしさを感じ始めてくる
ゴマと豚骨のまろやかなスープに甘いミンチがよく合う
麺を食べつくすとスープの底に残るカシューナッツやミンチ
それらをすくい上げてスープと一緒に食べる
これが実にせせこましいのだがすくいきるまで止まらない
辛いのを通り越した後にはおいしさが残っていてこれはまた食べたくなる魅力がある
でも辛いのであまりお勧めはできない
自己責任でどうぞ!

[PR]

by oretokumou | 2017-01-22 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん一宇 塩らーめん

このところちょっと濃厚系が続いたので端麗系が食べたくなってきた
大阪市を除く阪神間ではこの店が一番のお気に入り
知人におすすめの店を聞かれたら今はこの店を推している
e0208833_18464852.jpg
過去2回は鶏味がすごいと書いたのだが今回は鶏と豚骨の配分がいいのか鶏と豚どちらが強いとは言えない
前回書いた薬膳の味は感じられない
よくまとまったおいしいスープだ
ややショウガの味が気になるくらいだ
決してあっさりしたとは言えない力強さがあり、それでいてまろやかな優しいスープにも感じられる
麺はたしかテイガク製だがテイガクらしからぬツルッとしたしなやかなストレート麺で口当たりがよくすすりがいがある
よく煮込まれたバラチャーシューもおいしい

[PR]

by oretokumou | 2017-01-21 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめんStand R&R 極濃鶏白湯

基本私は濃厚系より多少水分の多い白湯のほうが好き
ラーメンならサラサラスープのほうがよりラーメンらしいと思うからだ
濃厚ならつけ麺にして出したほうがいいと思う
それでも今回行った「らーめんStand R&R」では鶏白湯の濃厚系をメニューに加えたという
まあ嫌いというわけではなく好みでないということであるのでどんなものか確認しに行った
e0208833_01190218.jpg
うん、かなりの濃度だ!
たとえるなら天一のようだ
食べてみると鶏のうまみを押し出そうとしているのか?塩分や醤油ダレが少なめである
鶏のうまみは感じるのだがやや平坦な印象を受ける
店員さんから「お好みで入れてください」と差し出されたのが醤油ダレ
途中でちょっと飽きてきたので醤油ダレを入れてみると味に厚みというか、しっかりした塩味と甘味が増す
であれば「最初から入れたらいいのに・・・」とも思うが、それでは鶏の味を損なうことにもなる
味変させて食べるのがいいのかもしれない
レアチャーシューをもうちょっと極めたらいいと思った



[PR]

by oretokumou | 2017-01-21 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 鶏濃厚

日曜日はラーメンの日
えにしでの話
e0208833_16572893.jpg
スープが濃い
こんな濃い鶏白湯を毎日出してたらそりゃ利益吐き出しだろな
どちらかと言えば私は「鶏こく」のほうが好みだ
でもこの店の看板メニューでもある「鶏濃厚」をチョイスした
今日の「鶏濃厚」は臭みが全くなくおいしさ全開だ
スープの濃度が高いために麺のほぐれが悪く食べづらいのだがその分ゆっくり味わうことができる
麺は平打ちでスープをまとうと麺の味が完全にスープに飲み込まれている
どちらかというと「煮干し中華そば」向けの麺かもしれない
替え玉をするかどうかで迷ったのだが残ったスープが少なくて断念
しかし、この「鶏濃厚」は最高ランクに値する鶏白湯ラーメンだろう


[PR]

by oretokumou | 2017-01-15 19:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつ星製麺所西中島店 和風らーめん

実は今日この「みつ星製麺所 西中島店」で食べる前に3度もフラれている
臨時休業だ
最初は店員が体調不良のためという理由で、2度目は何も貼られずにシャッターがおりたまま
3度目は中に人はいるのだが休業
そうなると開いてる時に食べたくなるのが人情
今日前を通ってみると4度目の休業はなく何事もなかったように営業されていた
まあでもらーめん激戦区西中島だけにほかにリカバリーが効く店が何軒もあるので実に心強い激戦区である
e0208833_18231636.jpg
「和風らーめん」
みつ星のすべての根源はこの「和風らーめん」にあるのかもしれない
とにかく和風味が素晴らしい
決して関東風のえぐい和風味ではなく関西風の美味しい和風ダシの味が満載
断っておくが私は関東風のえぐい和風だしも好きだ
なにせ一番好きな店が服部天神の「中華そば堀川」でビターな煮干しダシが大のお気に入り
「みつ星製麺所」が素晴らしいのは関西人の琴線に触れたダシを作り上げていること
とにかくうまい
このダシは関西人だけでなく関東人にも受け入れられると思う
ちょっと違うかもしれないが「中野青葉」がブレイクしたのもこのビター感を抑えた和風ダシが受け入れられたからだと思う
で、このスープ和風重視だけではなく豚骨の濃さも十分感じさせてくれる
関西の純和風ラーメンとでも言おうか、よくあるのが動物系の感じられないスープ
そういったラーメンというよりうどんやそば系スープのラーメンがかなりある
「みつ星製麺所」はそんなやわなラーメンと一線を画しているのが私的にポイントが高い点である
とにかく実に関西人寄りであり、関東人にも通用する力強さのあるラーメンはこの「みつ星製麺所」以外には関西に見当たらないと言って過言があるのだろうか?
あれば教えてほしい

[PR]

by oretokumou | 2017-01-14 19:00 | ラーメン実食 | Comments(0)