拉麺BLUES

<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


もっこす兵庫店 中華そば

緊急特別企画「もっこすスープ工場火災の復興祈願 もっこす復旧奮闘記」へようこそ!
まあ勝手に立てた企画だが、私自身途中で投げ出すと思っていたのに意外と引き込まれている
もっこすを研究すればするほどその魅力に憑りつかれるようだ
もっこすには恐ろしいほどの魅力がある
それは二郎や家系に通ずるものがある
いまでこそラーメン不毛地帯と言われる神戸に実は早くから「神戸の中華そばもっこす」というラーメン信仰があったのだ
あまりにその信仰が強くて他を排除せざるを得ないということが今でも継続されている
あまりにも恐ろしいラーメン信仰・・・
そんな妄想に明け暮れている私に誰か目を覚ませと言ってくれ
e0208833_17370373.jpg
さて「もっこす兵庫店」
この店も直営店ではなくフランチャイズのようだ
写真で見るとスープの喫水線は低くケチり気味なのだがよく見ると油の層は分厚い
そう、オイリーでこってり感の強いのがここ「もっこす兵庫店」の特徴のようだ
来る客が口々に「油抜きで!」と唱える
「油抜き?」
背脂を抜いてくれというのか?
いやそうではなく、スープが油あぶらしていて、こってりしすぎて、「油分を減らしてくれ!」というオーダーのようだ
私はノーマルの油分で食べてみたのだが、かなりの油っこさがある
スープはといえば今は「もっこすスープ工場」からの供給が途絶えているのだが、この店で作られているスープはやや臭みが感じられる
ふと思い出した
油っこくてスープの臭み
そう、私がかつて花隈店で食べていたころの20数年前の味がこんなだった
決しておいしいとは思えないのに、なぜかついつい通ってしまうかつての「もっこす」の味だ
今の「もっこす」の直営店はとても食べやすい味にスライドしているのだが、かつての味をフランチャイズであるこの「もっこす兵庫店」に思い出させてくれるとはつゆ思わなかった
懐かしくて懐かしくて箸が進むということは決してなくて、それどころかかつてのように食べた後に油っこさで汁を残してしまうという
そんなことも今回も再現させてくれて、とてつもなくセンチメンタルになってしまった
私のもっこすの記憶はここ「もっこす兵庫店」に残されていたとは・・・
素晴らしきかなもっこすだ!


[PR]

by oretokumou | 2017-02-26 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

もっこす高速長田店 中華そば

確か「もっこす長田店」はフランチャイズだったと思う
それでももっこすファンの間では評価が高いようだ
味が濃いのは必須だがそれ以外にどんな点が評価されているのだろうか?
確認に行ってみたのだがこの確認作業は期待感ですごくワクワクする
e0208833_15273519.jpg
麺を一口すすって驚愕
すごくいい!
麺のうまさといいスープの絡みといい申し分ない
麺のうまさは定評があるとしてもスープのまろやかさと臭みのなさがおいしさにつながっている
もっこすスープ工場が火事になり各店舗をオープンさせるために各店舗でスープを仕込むというまるで初心に戻ったようなもっこす奮闘記の最中で私は各店を回っているのだが、今回訪れた「高速長田店」はそのなかで一番おいしいと感じた一杯だ!
もっこすといえばタレの濃さが評価の分かれ目となっている節があるのだが、そのタレは濃くもなく薄くもなくちょうどいい具合だ
そしてチャーシューもすごくおいしい
本当に申し分のないうまさだ
いや~、これですごく満足した
本当はこれで家に帰りたかった
食べた余韻を家まで残しておきたかった
だがわりと近くに「もっこす兵庫店」があるので迷った挙句連食と相成った
ということで緊急特集「もっこすシリーズ」次回は「兵庫店」です!

[PR]

by oretokumou | 2017-02-26 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

もっこす板宿店 中華そば

もっこすシリーズ第3弾は「板宿店」
板宿店は直営ではなくいわゆるフランチャイズ
もっこす工場が火事になりスープの供給は中止されているがフランチャイズはどうなんだろうか?
もし供給が中止されているなら休業中かもしれない
そういう不安を抱えつつも強行に行ってみた
e0208833_21370918.jpg
肉が小さくてスープの量も他店よりも少ない

店は営業していた
どうやらスープは自前で炊いているようだ
板宿店はもっこすのなかでは一番濃い味との評価がある
食べてみて確かにそれは当たっていたのだが、食べた印象が他の直営店とは全然違っている
まずタレの味が違う
そしてタレ勝ちなのでスープの味がよくつかめない
麺ももっこす製のあの細くて固い麺ではなく柔らかくて歯ごたえがない
店の片隅に置かれた麺箱からもっこす製でないことがわかる
私は今回初めて「もっこす板宿店」に訪れて店についての詳細も知らないのだが、もっこす工場の火事以前から板宿店では独自でスープを作っていたと思う
値段は他店に比べて150円くらい安い
もっこすからの直供給ではできない値段だと思う
それでも神戸のファンからはもっこすの一部として認められているようだ
まあこういうスタンスもありなのかもしれない
もっこすファンのおおらかな部分を感じ取った一杯だった

後記
そうではないもっこすファンもいたようだ
「ラーメンとメシと酒とROCKと革ジャンと」 
板宿店でググってみてください

[PR]

by oretokumou | 2017-02-25 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

もっこす総本店 中華そば

もっこすのスープ工場が火事になり現在スープは各店舗で作っているのだが、こだわりという点ではこのほうがいいような気もする
だが店間の格差やブランドイメージの統一性欠如にもつながるので一長一短がある
今回は「もっこす総本店」に行ってみたが私は初めての訪問
もっこすファンの間では総本店といえども評価は必ずしもトップ級ではないらしい
果たして自家製スープの今総本店はどんな味を出すのだろうか?
e0208833_15182533.jpg
スープは濃くないが「王子公園店」よりは薄くない
動物性のコクはそれほど感じないのだがさすが総本店と思わせるうまさがある
麺もモヤシも増量中なのだろうか?
結構ボリュームがある
このボリュームこそが昔食べた私のもっこすのイメージ
だがそう感じたのは久々な気がする
弊ブログのもっこすタグをクリックしてみればわかるのだが「総本店」のスープの喫水線が他店より高い位置にあるのである
「総本店」の気概を感じる一コマである
いつも書くのだが麺はなかなかいい
細麺~中細の間に位置するこの麺
本当にうまい
ラーメンは麺を食わせるものと思わせる
もっこすシリーズ、次はどの店に行こうか

[PR]

by oretokumou | 2017-02-24 16:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

もっこす王子公園店 中華そば

もっこすのスープ工場が火事になった
だが、そんなことでは屈しないと各店でスープを炊いて営業再開
ラーメンオタク的には大歓迎
一通り回って店ごとの味を楽しみたい
まずはスープが最も薄いとの評価の「もっこす王子公園店」に行ってみた
e0208833_18384286.jpg
そもそも私は「もっこす」はあまり行ったことがない
いや昔は花隈店によく行ってたのだがかなり昔の話
最近では火事になった「スープ工場店」に行ったくらいだ
さて、「王子公園店」だがノーマルで注文すると評判通りスープは薄い
「スープ工場店」はさすがに豚骨のワイルドな味が印象的だったが「王子公園店」は豚骨味も薄れて極端に言えばお湯とタレの味だ
まあそれは言い過ぎで動物系のコクはあるので逆に言えばすごく食べやすい
食べた後も胃もたれすることなく物足りなさも感じられる
昔花隈店で食べたときはクドさで店を出る時はヘトヘトになったものだが「王子公園店」はそんなことがない
もっこすの傾向として西に行くほど濃いらしい
そう言えばこの日もほかの客の多くがタレ濃いめで注文していた
私も濃い目で頼めばよかったと思ったのだが実はその勇気がない
濃いとまたそれはそれで後悔するかもしれないと思ったからだ
さて次はどの店に行こうか?
麺はさすがにうまかったのは言うまでもない


[PR]

by oretokumou | 2017-02-19 01:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋いぶき 四川式汁なし和え担々麺

JR塚本にまた新店がオープンした
もう何軒ラーメン屋ができるねん?

といっても「日本酒バルいぶき」という料理屋が昼営業で汁なし担々麺の店を「麺屋いぶき」という屋号で営業しただけだ
ラーメンって他ジャンルの料理人からすればやりたいジャンルナンバーワンではなかろうか?
尼崎でも居酒屋が昼にラーメン店をオープンさせ好評だと聞く
ラーメン屋じゃないのにラーメンのうまい店って意外と多いような気がする
ただこのお店は「ラーメン」でなく「汁なし担々麺」のみの取り扱いである
e0208833_14343389.jpg
さてこのお店の取り扱い商品名は「四川式汁なし和え担々麺」である
四川式というからには担々麺の本場四川の担々麺に忠実なのだろうか?
それとも汁なし=四川式ということなのだろうか?
いろいろ頭をよぎる
ただ、四川の担々麺にしても店ごとに味が違うだろうし決まりきったものはないのかもしれない
それ以前に中国の四川と日本の大阪では味に対する嗜好がまったく異なっているだろうし、四川の味をそのまんま大阪で出してもそれが受け入れられるとは思えない
大阪のそれはいわゆる「四川風」であり、その中身は大阪ナイズされていないと当然商業ベースにのらないであろう
ダラダラ書いてしまったがメニューは次のとおりでだ
e0208833_14344322.jpg
強気に「汁なし」だけで「汁あり」も「ラーメン」もない
おそらくこれだけではやっていけないと思う
夜の常連客ならほかの食べ物も作ってくれよというリクエストにこたえるのではないかと思う
まあ私は一見さんなのでメニューに載っているものしか頼まないのだが・・・
e0208833_14345031.jpg
ラー油はかけられていなくて写真左にある別添えのラー油をお好みでかけるシステムである
ということで最初はラー油をかけずに麺だけを食べてみた
なかなかおいしい麺である
ちなみに麺は「至誠の麺」でおなじみの「池村製麺所」製
食べてみてもなかなかのイケメンである

混ぜる前の見た目はイケメンではなくてあまりそそられないが、どうせ混ぜてしまうのでそんなことはどうでもいい
タレがすごくねっとりしていて、麺と混ぜるとまるでカルボナーラのように麺とソースが一体化する
これは今まで食べた汁なし担々麺でもあまり感じることのなかった食感だ
ラー油は全部かけてみたのだが辛さはややピリッとするくらいでそれほど辛くはない
ほかの汁なし担々麺でよくあるフォアジャン(花椒)はあまり使っていない
フォアジャンが弱いので旨みは弱いのだがタレの味が本場っぽい印象でなかなかいい!

池村製麺の平打ち太麺がいい仕事をしているおいしい担々麺なのだが個人的にはもっとフォアジャンを利かせてほしかった
唐揚げ2個とサラダとライスの付いたセットメニュー(900円)は満腹感がありお得
モモ肉の唐揚げはかなりのおいしさである

[PR]

by oretokumou | 2017-02-17 15:30 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめんCiel 醤油らーめん

前回は「塩らーめん」を食べた
で、今回は醤油
塩は「あす流」や「らーめん鱗」に近い感じだと思った
鶏ガラ出汁がよく出た味
では醤油はどんなのか?
確認しに行った
e0208833_20091313.jpg

鶏ガラの味は塩のようには感じられないもののそこはかとなく感じられる
それは醤油がマスキングしているのだろう
かといって醤油が濃いわけでもない
やや薄味のようにも感じられる
みりんや酒系の調味料が強いようにも思える
麺は多加水でスープをはじくようだ
私自身の好みだと低加水でスープを吸い込む麺のほうが好きなので物足りなさを感じてしまう
ただ、これは「あす流」や「らーめん鱗」でも感じたことなのでむしろ本家に忠実なのかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2017-02-12 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 醤油そば

Twitterでマイナーチェンジしたとのツイートを読んだ
であればすぐに食べに行きたいのがラヲタの性
さっそく確認に行ってみた
e0208833_17070867.jpg
おいしい!
今までで一番かもしれない
まずスープの表面に漂う鶏油に鶏のコクが感じられる
今までは鶏の存在が分かりずらいことがあったがしっかりした鶏味だ
全体的にまろやかになったのは前回のマイナーチェンジからだが、今回は醤油を変えてさらに印象が変わった
今までの醤油のえぐい感じがない
それじゃあ「中華そば堀川」のアイデンティティが弱くなったともいえるのだが、醤油がまろやかになった分煮干しの味もくっきりと感じることができる
麺も以前の柔らかさがなくしっかりした固さを残しておりまさしく三位一体となった感じがする

煮干しのビター感と醤油の重厚感がなくなったのは寂しい気もするが進化しているのだから文句は言えない
たまには以前やっていたビター煮干しを限定で出してくれたらと思う

[PR]

by oretokumou | 2017-02-11 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 煮干し中華そば

「ラーメンまぜそばえにし」の「煮干し中華そば」はあまり好きなメニューではない
煮干しの質なのか?食べるたびに味に違いがくっきりと出てくるからだ
e0208833_13561792.jpg
ただ、この日の「煮干し中華そば」はおいしかった
醤油が勝ってるわけでもなく、煮干しが苦いわけでもない
醤油も最近の傾向だがまろやかになりつつある
煮干しもいい塩梅
終始落ち着いた感じで最後までおいしく食べることができた
自然の素材を生かした自然な味
これは店主の目指すところなのか?
よくわからないが食べてみる限りでは納得のいく味に仕上がっていたようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-02-10 16:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

奈良競輪 奈良ラーメン博 麺屋NOROMA 特選鶏そば

なら100年会館の奈良ラーメン博は大盛況で長蛇の行列
お目当ての店は2時間待ちで断念
でも実は第2会場があったのね
第2会場はあまり知られていないので大急ぎそちらへ向かった
こちらはお笑いライブもやってるしお楽しみ感がある
e0208833_16564716.png
ちょうど和牛の漫才が行われていたが10分くらいで終了
e0208833_16394681.jpg
お目当てのラーメンコーナーには
麺屋NOROMA
麺屋いちびり
らーめん春友流
はなやま
まるほ
以上5店が参加
e0208833_16393706.jpg
やはり「麺屋NOROMA」が一番人気で行列は15人くらい
それでも第1会場の「みつ葉×モリン」に比べれば短い
e0208833_16395594.jpg
最初は「鶏そば」(500円)を頼むも100円増しで半玉とチャーシューがトッピングされる「特選鶏そば」(600円)に変更

e0208833_16580301.jpg

あらら、半玉はついているがチャーシューは1枚だけ
もしかして乗せ忘れたのか?
スープは鶏白湯で鶏味が濃い
若干鶏の臭みもあるワイルドなタイプだ
麺は自家製麺だろうか?平打ちのつるるんとしたストレート麺で鶏白湯によく合う関西人好みの麺
奈良一番の食べログ人気店らしいがこの味が奈良県民には好まれているのだろう
それでもこの日3杯目はややきつかった
奈良遠征終わり


[PR]

by oretokumou | 2017-02-07 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)