拉麺BLUES

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


なかた屋 こく煮干しそば

西宮の「なかた屋」が長期休業のあとリニューアルオープンした。
もう閉店かと思われたのだが突然のオープンだ。
e0208833_21081031.jpg
ラインナップに変更がありシンプルなメニュー構成になった。
値段もかつての良心的価格から普通の値段になっている。
まあ700円だから今の相場で言えば安いほうだ。
「こく煮干しそば」を頼んだ。
e0208833_21081914.jpg
スープが超ど煮干しになっている。
以前は煮干しを煮だした清湯スープだったが、今回は煮干しを大量に放り込んだ濁ったスープだ。
決して悪くはなく普通に食べられるのだが、以前の澄んだスープが好きだっただけにちょっと残念な気分にもなる。
あと残念なのがチャーシューが肩ロースからバラ肉に変わったことだ。
これだけメニューががらっと変わったのは経営者が変わったのだろうか?
ただ、麺は以前と同じものでほっとした。
ぜひ清湯煮干しを復活させてほしい。



[PR]

by oretokumou | 2017-07-31 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん颯人 しおらーめん

3日間の東京遠征から帰ってきて最初に大阪で食べたのが「ラーメン颯人」の「しおらーめん」。
この日は暑かった。
とてもじゃないけどラーメンなんて食べられる状況ではないのだが、半ば義務感でラーメン屋にたどり着く。
ただ関西のラーメンは魚介風味が強くて何とか食べられる。
鶏白湯は無理だけど…。
e0208833_21075773.jpg
感想は前回と全く同じ。
鶏のコクを凝縮した鶏油が食欲のスイッチを押す。
そこからはもうズルズルすするだけ。
この間4~5口だがまさに至福の時間。
そして鶏油も麺に吸い取られ、後に残るのは魚介の風味。
動から静へと移る瞬間だ。
麺は柔らかくそうめんのようでありスープは和風味。
東京から帰ってきてやっと大阪らしさを味えた瞬間だった。

[PR]

by oretokumou | 2017-07-30 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中国家庭料理楊2号店 汁なし担々麺

この風景、見覚えのある人ならあのテレビを見た人かもしれない。
e0208833_22101715.jpg
そう、孤高のグルメで井之頭五郎が訪れた池袋の中華料理店「中国家庭料理楊2号店別館」だ。
e0208833_22102633.jpg
このテレビドラマのせいで多くの視聴者がこの店を訪れ、そして汁なし担々麺の辛さに撃沈したそうだ。
その「汁なし担々麺」を今回注文したが、近くのサラリーマンやテレビを見てやって来た一見客で大賑わい。
この店は相席(東京ではよくある)なので私は一見客と思われる若いカップルと同席となった。
若いカップルはすでに食べている途中で汁なし担々麺の辛さに悪戦苦闘している様子だ。
しきりに水を飲んでいてそれでも足りずに水のおかわりを催促している。
「相当辛いのか?」
私は頭の中で思ったが結局そのカップルの女性は3分の二を残し男性は半分を残して去って行った。
やはりテレビで見て来た一見客だった。(私もだが・・・)
女性客が苦行の様に食べていた様子を今でも思い出す。
e0208833_22103262.jpg
さて、問題の「汁なし担々麺」
さすがに一口目は辛いと思ったのだがその辛さも次第に慣れてきて物足りなささえ感じてくる。
麺が中太でモチモチ感がありまるでご飯のようにタレを吸収するので辛さが緩和されるようだ。
口の中に含まれた麺とタレの混ざり具合がよく辛さをよく中和してくれる。
これなら水はいらない。
ふと別のテレビ(マツコの知らない世界)でもこの店が紹介されていたことを思い出した。
それによるとこの店の麺は乾麺らしい。
要は乾麺を茹でる時に含まれた水分が辛さを緩和しているようだ。
で、物足りなさを感じたのはホアジャン(花椒)の量が足りなく痺れが弱いということ。
孤高のグルメが放映されて以来多くの一見客が訪れ、多くの客が撃沈し食べ切れずに帰ってしまうということが繰り返されたらしい。
それ以来一見と思われる客には最初から辛さを抑えて出しているようだ。
今回私も一見客扱いを受け辛さ控えめで出されたのかもしれない。
いやいや、これくらいの辛さは耐えれるのだがと思っても後の祭りで次回来るときは辛さ指定で注文したい。
もっとも、辛さと痺れはあったとしても旨味はそれほどでもなかったのでもういいかなとも思う。
むしろほかの料理を食べてみたくなったのだが日本向けの中華料理ではなく現地風の中国料理なのでそれもまた違和感を覚えるのかもしれない。
とにかくテレビの影響は大きいとつくづく思った。


[PR]

by oretokumou | 2017-07-29 00:00 | 遠征 | Comments(0)

しば田 中華そば

東京遠征5軒目は調布市の仙川にある「しば田」
e0208833_21270293.jpg
ラーメンは「中華そば」と「煮干しそば」の二択で「中華そば」を選択した。
e0208833_21271023.jpg
鶏ガラ味が抽出された鶏油に関東特有の濃口醤油がスープを引き締める。
魚介はどれだけ使っているのであろうか、くっきりした醤油味の今風(NEO)醤油ラーメンだ。
麺は三河屋製麺という関東では有名なブランドを使っている。
餅は餅屋という言葉があるとおり専門店の作る麺は安定感と質感は抜群だ。
ちょっと醤油勝ちで味が一本調子にも思えたが関西にも流れが来たくっきり醤油味のラーメンの源流に近い味を今回東京に来て味わえたのは収穫であった。


[PR]

by oretokumou | 2017-07-28 00:00 | 遠征 | Comments(0)

はつね タンメン

はつねはJR西荻窪駅近くにある歴史あるラーメン屋で長蛇ではないが昔から行列の出来る店だ。
私はかつてこの西荻窪に住んでいて二度ほどはつねに訪れたことがある。
しかし当時の私の好みは豚骨ラーメンであり、この店のあっさり味にそのよさを感じる部分はなく行列に釣られて入ったものの肩透かしを味わった記憶がある。
今の私はあっさり味寄りになってきたので挑んでみた。
e0208833_21151031.jpg
この店の調理時間は丁寧ゆえに長い。
野菜(キャベツ・モヤシ・ニンジン)を油で軽く炒めスープとともに煮込むのだがその煮込み具合が絶妙で野菜の甘味を引き出すらしい。
余計なおしゃべりをしない寡黙な店主から差し出されたタンメンのスープはまるで水のような透き通ったスープで鶏ガラと野菜からにじみ出た薄黄色い色が付いている。
麺を啜るとそのうまさに驚いた。
麺にほのかな塩味が感じられて麺自体がとてもうまい。
スープが必要以外の味を含んでいないので麺に含まれた塩分がストレートに伝わるのだろう。
炒めた野菜もとても美味しく軽く炒めているので野菜そのものの味も生かされている。
十数年ぶりに食べたタンメンがこんなに旨かったのかと初めて気づかされて今回は騙されることなく行列に並んだことが本当によかったと思った。
この店もまた来たい店のひとつだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-07-26 06:10 | 遠征 | Comments(0)

ラーメン二郎 目黒店 ラーメン小

初二郎である。
しかもテレビなどでもお馴染みの目黒店。
おやじさんが何とも味がある。
これも二郎の味のひとつ。
e0208833_21130757.jpg

ここは大と小があり結構小を選ぶ客が多い。
私も小をニンニク少しで頼んだ。
それでも麺の量は200gはある。
キャベツやモヤシもたっぷりだ。
これで500円だからすごく良心的。
麺はお馴染みのよれた太麺で関西の二郎インスパイア店もほぼこのスタイルを踏襲しており初めて来たのに食べなれた感がある。
スープだが私のイメージでは塩分の濃いスープだがそんなことはなくちょうどいい濃さだ。
麺に塩分が浸透する度合いも少なく最後までしょっぱさを感じることはなかった。
ニンニク少なめで頼んだのだがそれでもたっぷり盛られていて、このニンニクとスープの同化する味がたまらない。
関西の二郎インスパイアのお手本のような店だが、まさしくお手本といったおいしいジャンクな二郎を体験できた。

[PR]

by oretokumou | 2017-07-25 07:10 | 遠征 | Comments(0)

とら食堂松戸分店 ラーメン醤油

関西ではカップ麺でしか味わえない福島の名店の支店が千葉県松戸市にあるので行ってみた。
席数が多く何より車の駐車場がバカでかい。
どんだけ駐車場に金をかけているんだろ?
食べログで確認すると約20台分もある。
e0208833_21125390.jpg
さて醤油ラーメンだがかなりうまい。
鶏油でコクを与えているが醤油にキレがある。
魚介も使っているようだがそれはあまり突出していなくて一瞬ロックンビリーかとも思ったほど。
でも昔懐かしい味もありうまみ調味料もたっぷり使っていそうな味だが実はそうではないらしい。
麺は手もみの平打ちで喜多方ラーメンの面影もある。
関西では意外とないタイプのラーメンだがこれはなかなかおいしくてまた来る価値は十分あると思った。


[PR]

by oretokumou | 2017-07-25 07:07 | 遠征 | Comments(0)

ソラノイロNIPPON 朝ベジソバ

東京遠征の初日は朝ラーメンで。
e0208833_00565667.jpg
東京ラーメンストリートの「ソラノイロNIPPON」
e0208833_21074966.jpg

鶏ガララーメンもあるが今回はベジソバに挑んだ。
野菜100パーセントのラーメンはかなり異質だ。
全体的にラーメン特有のしょっぱさがなく物足りない感じ。
それでも色とりどりの野菜の具材は楽しませてくれる。
野菜スープが濃厚でつけ麺の感覚にも似ている。
ラーメンという概念を捨てて食べてみるといいかもしれない。

[PR]

by oretokumou | 2017-07-25 01:11 | 遠征 | Comments(0)

如水 しおラーメン

東京に行く前に名古屋で途中下車して徳川町の「如水」に来た
今回二度目だがやはり美味しい
まず塩ダレだがこれぞ塩という香味が素晴らしい
スープを一口含むと一気に引き込まれる
鶏の香りや口に広がる旨みも素晴らしい
麺は中細のやや固めに茹で上がった麺で口の中でバリバリした感じもある
それでも塩ラーメンのお手本のような味はこれを基本にしていろ
んな店に伝播していってるのだろう
店員が元気すぎて落ち着いて食べられないのが唯一の難点

[PR]

by oretokumou | 2017-07-25 00:18 | 遠征 | Comments(0)

吟醸らーめん 久保田 吟醸つけ麺味噌

京都といえばまだつけ麺がブームになっていないころに高倉二条のつけ麺をよく食べに行った
京都といえばいまだにつけ麺のイメージ
京都の町並みにはラーメンよりもつけ麺のほうがよく似合う
e0208833_15262174.jpg
「吟醸らーめん久保田」は今回初めて行ったがやはりつけ麺が人気のようだ
客のほとんどがつけ麺を頼む
よって店はつけ麺をどんどん茹でていく
意外と回転は速い
「吟醸つけ麺味噌」だが一口で言うとピリ辛味噌つけ麺
ピリ辛がちょっと意外だったが最初は辛いと思ったが食べ続けるとそうでもない
味噌がこれぞ味噌といった味で懐かしさのある味だ
味噌つけ麺は初めて食べたが文字通り味噌に麺をどっぷりつけて食べる感じだった
そして麺だがうまみがある
やはりつけ麺は麺を食べるものだと実感させてくれた
京都はつけ麺というイメージがさらに頭に焼き付いていくようだ



[PR]

by oretokumou | 2017-07-24 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)