拉麺BLUES

中華そば陽気江波店 中華そば

福岡に行った帰りに広島に立ち寄りラーメンを食べた。
ネットでいろんなサイトを調べて一番人気の「中華そば陽気 江波店」に行った。
広島駅から広電(路面電車)に乗り終点の江波駅に着いたのが40分後でそこから徒歩10分近くにあった。
30分で行けると思ったのだが結構遠い。
回りは住宅地でひっそりとしたたたずまい。
この店が広島の人気ナンバーワンとは思えなかったが中に入ると家族連れ客でにぎわっていた。
メニューは中華そば(600円)のみ。
他には何もない。
ラーメン食べてさっさと出ていくタイプなので回転はすこぶる速い。
ラーメンのタイプは醤油豚骨で豚骨もライト系だ。
だが大阪のライト豚骨とはちょっと異質だがたまに大阪でもこの味のような店もあったような・・・。
いずれにしても素朴な味だ。
豚骨は博多豚骨のような臭みはなくスープが白濁する手前で火を止めている。
麺は細めのストレート固めん。
これが広島ナンバーワンと思うと拍子抜けする。
地域に根差したソウルフード系のラーメンってそういうものかもしれない。
1杯600円でさっと食べてさっと帰るというのは私向けのラーメン店であり今度は同じ系列である「すずめ」の後継店「めじろ」に行ってみたい。
(写真無し)

[PR]

# by oretokumou | 2017-10-11 00:00 | 遠征 | Comments(0)

とら食堂福岡分店 手打中華そば

e0208833_17480860.jpg
博多遠征2軒目は博多ラーメンではなく福島県のラーメン。
こちらは六本松という福岡でも住宅地に近いので土曜ということで家族連れでにぎわっている。
e0208833_17484917.jpg
値段は今の標準的な値段で博多ラーメンよりも高い。
e0208833_17485594.jpg
以前東京に遠征したときに千葉県の松戸分店で食べたことがあるがその時の味と若干の差がある。
松戸分室ほどの旨味はなく醤油のキレだけの単調な味だ。
やはり場所が違えば味も違ってくるのだろうか。
麺は手打ちで独特の口当たり。
松戸分店、福岡分店とくれば次はいよいよ白河の本店に行ってみたい。

[PR]

# by oretokumou | 2017-10-10 00:00 | 遠征 | Comments(0)

金田家博多店 黒豚ラーメン

博多に来た。
それは「金田家」の「黒豚ラーメン」が食べたかったからだ。
西宮の「金田家さくら亭」が閉店となり今は国内では福岡でしか食べることができない。
あの美味しかった濃厚豚骨が食べられると思うとうれしくてたまらない。
e0208833_16091141.jpg
土曜の昼時なのに客が少ない。
このあたりは平日のほうが客が来るのかもしれない。
中洲川端なのにこの辺りは人がまばらだ。
e0208833_16092513.jpg
値段に驚いた。
なんと1杯650円。
4~5年前の値段かと思った。
もっとも博多ラーメンは1杯500~600円くらいが相場だからそれでも高いほうかもしれない。
e0208833_16093340.jpg
さっそくスープを飲むと「金田家さくら亭」で食べたあの味だ。
スープにコクがあり博多ラーメンらしからぬ濃さ、それに泡だったスープのまろやかさ。
なぜこの味が西宮で続かなかったのか。
値段が高かったのかもしれないし店主の事情かもしれない。
まあそれはいいとしてやはり福岡に来たらこの一杯ははずせない。
ぜひ関西でもこの味を引き継いでほしいものだ。

[PR]

# by oretokumou | 2017-10-09 17:00 | 遠征 | Comments(0)

麺屋はる吉 味噌ラーメン (あべのハルカス近鉄本店 大北海道展)

あべのハルカス近鉄本店の大北海道展に「麺屋はる吉」がイートイン出店!
知る人ぞ知る札幌の人気ナンバーワン店「麺屋彩未」ののれん分けだ。
これは行かざるを得ない!
さすが札幌ラーメン店の出店ということで行列もできている。
イートインでは札幌ラーメンは大人気だ。
(麺屋はる吉の所在地は北見市)
e0208833_11235257.jpg
今年8月にもあべのハルカス近鉄本店で奈良県富雄の行列店「ラーメン家みつ葉」がイートイン出店していた。
この時は行列もなく待たずにすんなりと食べられた。
店に行けば1時間は待たなくてはならないのに。
今回の「麺屋はる吉」だがおそらく食べに来ている人は修行先である「麺屋彩未」を知る人も少ないと思うし、ましてや「麺屋など吉」知らないという人がほとんどだろう。
それでも行列ができていたのは札幌ラーメンというブランド力の強さだ。
よく意外と思うのがラーメンEXPOなどのイベントで数ある関西や東京の有名店よりも札幌ラーメンや博多ラーメンを出しているブースのほうが多くの人が並んでいることだ。
これは食べに来る多くの人がラーメンフリーク以外の普通のラーメン好きだということを現わしている。
店舗の知名度よりご当地ブランドに食指が動くのは考えてみればごく当たり前のことなのだが、必要以上にラーメンを追っかけていくとこんなささいなことさえ忘れてしまう。
固定された観念にとらわれるのはよくないことだと自省する。
e0208833_11240348.jpg
さて味だが、一口で言っておいしいし私は「麺屋彩未」の味は知らないのだが食べた印象は「すみれ」によく似ている。
こってり感のある油分に濃い味噌味が食欲をそそり、縮れた麺が最高にうまい!
あまりにもベタな感想しか書けないのだがおいしい食べ物って細かい部分なんて思い浮かばなくて単純にうまいと思わず発してしまう。
ネギがどうたら、チャーシューがどうたらなんて付けたしの感想だしうまいものはうまい。
まあこんなだから催事での札幌ラーメンは人気絶大なんだろう。

[PR]

# by oretokumou | 2017-10-06 13:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

らーめん弥七 醤油らーめん

弥七に来るのは本当に久しぶりだ。
弥七に出会ったときから行列店で今は整理券方式に変わったがそれでも人気店。
ひさびさすぎて今回も「醤油ラーメン」を頼む。
味のチェックのためだ。
それ以外の品目は食べたことがない。
e0208833_16123246.jpg
味は昔とほとんど変わっていない。
とてもクリーミーな鶏白湯で、本当にクリームを入れているのかと思うほどクリーミー。
毎回同じことを思ってしまう。
本当においしい。
麺は以前と違うような気もするがこれはこれでなかなかいい。
麺をすすった時に同時に口の中に入っていくスープの味が麺をさらにおいしくしてくれる。
ナイスなラーメンだ。
ただ後味が鶏特有のネガな味が残り満足感が持続しない。
食べているときはとても満足なのだが・・・。

[PR]

# by oretokumou | 2017-10-03 17:00 | ラーメン実食 | Comments(0)