拉麺BLUES

らーめん一夢庵 塩らーめん

e0208833_6505240.jpg

鶏白湯には飽きたしニューウエーブ系には興味ない
塩・醤油でオーソドックスに勝負する店が私の好み
その中のひとつ一夢庵
スープは鶏がらを強調しており力強い
香味油がスープの核となっており魚介はさほど主張していない
前回食べた醤油らーめんはあっさりさがあったが塩らーめんはしっかりした感じがある
麺は柔わめでこれは関西の主流かもしれない
ただ、おいしいのだが一夢庵のオリジナリティーが乏しく客を引きつける感じが弱い気がする
[PR]

# by oretokumou | 2015-10-20 15:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋はなび蟹江店 元祖台湾まぜそば

e0208833_8504079.jpg

噂のケンミンSHOWで麺屋はなびの台湾まぜそばが大々的に取り上げられて台湾まぜそばのプチ禁断症状になってしまった
で、名古屋までカッ飛び本店に行くも予想通りの長蛇の列
急遽蟹江店に赴き到着すると行列はなかったが店内は満席
5分ほどで店に入りチケットを買ってひたすら台湾まぜそばを待つ
e0208833_851952.jpg

はなびでは高畑本店と桑名店で食べたことがあるが蟹江店は初めて
蟹江店の台湾まぜそばはタレの油が多くてタレの味も濃い
今まで食べたはなびの中では一番うまいかも
やはり店による違いがあるしまた店によっても日によってコンディションが変わる
たまたまかもしれないが当たりだった
台湾ミンチは甘くてニンニクの下味が付いていて単独で食べてもかなりうまい!
高畑本店では魚粉の味が旨味を与えていたが蟹江店はそれほどでもない
具の量は統一されていると思うが桑名店より多かったような気がする
麺はさすがにどの店も変わりなく旨い
わざわざ名古屋まで飛んだ甲斐があったのだが帰りしなに胃がチクチクしたのが唯一の汚点
やはり大量の唐辛子は胃を痛める
辛いもんの食べ過ぎは要注意である
[PR]

# by oretokumou | 2015-10-17 15:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らぁ麺や汐そば雫 汐そば

e0208833_2259279.jpg

名古屋に遠征
名古屋のラーメン事情には精通していないので、とりあえず食べログを頼って行ってみた
e0208833_2322190.jpg

この店メインの汐そば
魚介、特にかつお節の味が力強い
凝縮感がある
うどんだしのようでもあるが塩加減が強くてメリハリが効いている
ただ、このエッジの強い塩加減、これがベストの状態であるならスープを飲み干すのに勇気がいる
おいしいが毎日食べたくはならない
もっともラーメンを毎日食べるのは体によくないのだが・・・

麺がなかなかいい
厨房に製麺機が置いてあるので自家製麺だが、加水を抑えて歯ごたえをよくしている
中細でここまでしっかり噛みごたえを残していてなおかつ味わいもいい
口に残るかたまりがなく口どけがよい

あとで店主のブログを読んだらなんと今月12日から自家製麺を始めたらしい
まだ1週間もたっていない
それでいてこの麺の完成度は高いのではなかろうか?
もし関西にこの店があれば間違いなく私のイチオシ
[PR]

# by oretokumou | 2015-10-16 23:28 | ラーメン実食 | Comments(0)

まんパクin万博2015 フスマにかけろ 中崎壱丁 海老薫る濃厚白湯らーめん

e0208833_16271978.jpg


ラーメンイベントともなるとコラボやイベント限定メニューが多くみられる
ここでしか食べられないという希少価値もいいのだが、ともすれば不発に終わることもある
昨年末のこの地でのラーメンイベントでも失敗と思われるラーメンが出されていて翌日からはメニューに手が加えられたことも・・・
野外イベントの難しさもある・・・

e0208833_16274340.jpg

このラーメン、「海老薫る濃厚白湯らーめん」というイベント限定のメニュー
品名から海老味の濃さが想像されたがまさにそのとおりだった
これが濃厚白湯に溶け合ってたかというとそうでもなく
海老の味が勝っていて終始海老味のするラーメンだった

中崎町の名店だけにもっと唸るようなラーメンが食べたかったのだが
私の舌には合わなかったようだ
これだけ大勢の客が集まっているのだから通常メニューでアピールするのもありだと思うのだが
[PR]

# by oretokumou | 2015-10-09 16:37 | ラーメン実食 | Comments(0)

まんパクin万博 2015 麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺

関西のラーメンはラーメン単独イベントも盛況で盛り上がりを見せつけている
で、まんパクにおいてもラーメン店が6ブースを確保
一番の注目はやはり東京の麺屋一燈
東京においては行列ナンバーワンとも言われてる

でも午前中は行列なし
麺屋一燈のつけ麺が並びなしで食べられるという夢のような光景

e0208833_19563587.jpg


もちろん真っ先に麺屋一燈に飛び込んだ

e0208833_1941284.jpg


鶏白湯主体の豚骨ブレンドだがそのうまさがはんぱない
旨味、甘み、酸味の三位一体がすばらしい

魚粉が下支えしている魚介味も動物系に見事に溶け合っている

店ではなくイベント会場という不利もなんのその
本店で食べる味をここ万博会場まで届けてくれる
さすがにスープの熱さは失われているが、そもそもつけ麺は麺を食うもんで、スープの熱さは二の次
冷めてもうまいのだからどうしようもない

麺は固くて噛むのに力がいるがそれがまたいい
このつけ麺が食えなくなったらそれはつけ麺との決別の時かもしれない

これはもう一度食いに行く

e0208833_19413110.jpg

[PR]

# by oretokumou | 2015-10-07 19:57 | ラーメン実食 | Comments(0)