拉麺BLUES

タグ:サバ6製麺所 ( 3 ) タグの人気記事


サバ6製麺所 西中島店 サバ醤油そば

チャーハンが旨い「サバ6製麺所」の西中島店に来た。
日曜日でサラリーマンが少ないエリアだがわざわざ食べに来た客が多い。
やはりこれはサバブームの影響だろうか?
なぜかサバに注目が集まる昨今である。
e0208833_21473133.jpg
ラーメンは前回と同じで濃い醤油にサバの魚粉がドバっと入った強烈魚介ラーメン。
麺がもっちりしていて口当たりがよくおいしい。
そしてチャーハン!
個人的に最高レベルと思える理想の味だ。
私が学生時代に阪急大宮駅の1階にあった中華料理屋のチャーハンの味。
若干違う感じもするのだが、なつかしくてなつかしくて感傷的。
この店と「宮っ子ラーメン」だけは必ずチャーハンセットを頼む。
おいしい!

[PR]

by oretokumou | 2017-08-09 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

サバ6製麺所 中華そば

先週は「サバ醤油そば」(700円)をいただいたが、今回は廉価版である「中華そば」(650円)をいただいた
ともに半チャーハン(250円)のセットメニューでオーダー
e0208833_14540135.jpg
さて「中華そば」
これは前回食べた「サバ醤油そば」のサバ節抜きバージョンだ
そのために50円安い650円という価格設定になっている
だがこの店のメインは「サバ醤油そば」でありスープはそれに合わせて作っていると思われサバ節抜きでは何か物足りない
旨みが突き抜けてくる感じがない
幸い中太の自家製麺がうまいので何とかしのいでいる感じだが、スープをすくって飲んでみても引き込まれるものがない
胡椒でも加えたら様になるかもしれないが元来私は備え付けの胡椒は入れない主義なのでそのままで食べる
このそっけないと思えるスープは「サバ醤油そば」仕様でありサバ節を加えてこそおいしさが生まれるのであろう
50円けちるくらいならサバ節を加えた「サバ醤油そば」を食べるのが正解だ

さて、チャーハンだが前回食べたような感動はなかった
宮っ子ラーメンのチャーハンのような味だ
いや、私は宮っ子ラーメンのチャーハンは好きだしこのブログでもおいしいと書いている
だけどこの味ならわざわざ福島までくる必要がない
4月13日に天六の元店舗でつけ麺の店がオープンするのだがどうやらそちらはチャーハンの提供はないようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-04-08 17:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

サバ6製麺所 サバ醤油そば

良くも悪くも評判の店
天六時代から行きたかった店だがなかなか行けずじまい
今回「ラーメン人生JET(福島)」に行ったついでに寄ってみた
オーナーは私が敬愛する「みつ星製麺所」を立ち上げた人物だけに遅ればせながら行ってみた
e0208833_07311710.jpg
スープをかき混ぜるとサバ節が汁の中で舞っている
鯖がどういうふうに使われているのかが一番気になるところだったが、サバ節を砕いた物を入れている
すごく直接的な手法だ
直接的な手法で思い出すのが武庫之荘の「和心」(なごみ)
カツオ節を熱いダシで濾して魚介風味を際立たせている
カツオ節を香り付けだけに使うというすごく贅沢な手法だ

一方サバ6製麺所で使われるサバ節は鰹節や煮干しに比べると際立った特徴的な味はないが半面力強さがある
スープは鶏ガラなどの動物系も使われているらしいがこのラーメンの主役はサバ節だ
サバ節と醤油と酸味が今時のラーメン風でもある

このスープが盛り立てているのが自家製の麺だ
口当たりがプリッとしていて食感はいいし味もいい
ラーメンって麺推し、スープ推し、具材推しなどいろいろあるがやはり麺を推すのが一番だと思う
この麺を生かすべくサバ節などが活躍して盛り立てている

さて、チャーハンがちょっとした感動だった
まあチャーハンを褒めるブログではないのだがこれは特筆すべきチャーハンだった
その昔京都の四条大宮駅に中華料理屋があってそこのチャーハンが私は好きだった
学生時代でチャーハン一品だけを食べに行ったのだった
今はその店はない
で、かつてうまかったチャーハンを自分で作ろうとしていろいろ調味料を使って作ってみたがなかなかできない
もうあきらめの境地だったが、今回食べたチャーハンはそれに一番近い味だった
若干違う点もあるのだがよく似ている味だ
もうそれだけでも十分価値がある
むしろラーメンよりもおいしいく感じた
天六の店は近々つけ麺の店にリニューアルされる
この店のオーナーが腕を振るうチャーハンをぜひとも食べてみたい
今回この店に行った甲斐が十分あった
麺がうまくてチャーハンがうまい
そんな店がサバ6だ



[PR]

by oretokumou | 2017-04-03 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)