拉麺BLUES

タグ:ラーメンまぜそばえにし ( 20 ) タグの人気記事


ラーメンまぜそばえにし 播州百日鶏の中華そば

いろいろ苦心されているようである
それでも売り上げの最高記録を更新したり悪いことだけではなさそうだ
この日もスープの出来が不満足とのツイートがあったが調整して出されたのがこの「播州百日鶏の中華そば」
e0208833_06510399.jpg
食べてみるといつものキレとまろやかさのある醤油がおいしくて普段と変わりはないようだ
確かに言われてみると鶏の味が弱いのか旨味がグッとくる感がなかったが、これはもし言われなければおそらく気づかなかったであろう
麺は柔らかいのにしっかりした麺でこれも最近は安定しているように思える
毎回食べて思うのは混じりっ気のない素材の良さ
決してしつこくなくかといってあっさりでもなく食べ飽きることがない
実力はすごい




[PR]

by oretokumou | 2017-06-03 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 百日鶏の中華そば

この「百日鶏の中華そば」はレギュラーメニューではない
それでも数量限定でよく出される準レギュラー的なメニューだ
まろやかな醤油味が特徴の「ラーメンまぜそばえにし」でしか味わえない逸品だ
e0208833_20171404.jpg
いつ食べてもおいし
1杯850円というプレミアム価格だが価格度外視で食べることができる
出来れば替え玉までしたいのだがスープが少なく替え玉ができない
大盛があればなあと思うがそれでは1杯950円になってしまうからつらい
(替え玉半玉でも950円なのだが)

さてこの日端っこ麺を買った
端のほうの長さや太さが不ぞろいな麺なのだがこれが40円で売られている
(ただし数は少ない)
家に帰って重さを計ってみると340gもあった
さっそく四日市のイオンで買ってきた「麺屋はなび」の具と合わせて食べてみる
具材はレトルトパックで温めるだけでいい
麺は7分茹でてみた
これがすごくおいしい!
麺茹で時間は5~6分でもよかったかもしれない
柔らかくはないがもう少し固くてもいい
それでも麺の味が抜群だ
店で食べる時は気づかなかったけど「ラーメンまぜそばえにし」の担々麺用の平打ち麺は最強ということを家で食べてみて実感し感動した



[PR]

by oretokumou | 2017-05-22 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 汁なし担々麺 標準

えにしのまぜそばが食べたくなった
あの花椒の効いたまぜそばが・・・
そして久々に食べた
「汁なし担々麺 標準」ってのがあってそれは今まで食べたことがない
e0208833_21395729.jpg
食べてみて花椒があまり効いていないのがわかる
辛さも標準だけあってさほどでもない
辛みよりうまみを強調したタレだ
だが食べていてだんだんタレのうまみが減退してくる
やはり花椒がほしい
食べた後もその味が持続する花椒が・・・


[PR]

by oretokumou | 2017-04-15 15:40 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 煮干し中華そば

「ラーメンまぜそばえにし」の「煮干し中華そば」はあまり好きなメニューではない
煮干しの質なのか?食べるたびに味に違いがくっきりと出てくるからだ
e0208833_13561792.jpg
ただ、この日の「煮干し中華そば」はおいしかった
醤油が勝ってるわけでもなく、煮干しが苦いわけでもない
醤油も最近の傾向だがまろやかになりつつある
煮干しもいい塩梅
終始落ち着いた感じで最後までおいしく食べることができた
自然の素材を生かした自然な味
これは店主の目指すところなのか?
よくわからないが食べてみる限りでは納得のいく味に仕上がっていたようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-02-10 16:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 鶏濃厚

日曜日はラーメンの日
えにしでの話
e0208833_16572893.jpg
スープが濃い
こんな濃い鶏白湯を毎日出してたらそりゃ利益吐き出しだろな
どちらかと言えば私は「鶏こく」のほうが好みだ
でもこの店の看板メニューでもある「鶏濃厚」をチョイスした
今日の「鶏濃厚」は臭みが全くなくおいしさ全開だ
スープの濃度が高いために麺のほぐれが悪く食べづらいのだがその分ゆっくり味わうことができる
麺は平打ちでスープをまとうと麺の味が完全にスープに飲み込まれている
どちらかというと「煮干し中華そば」向けの麺かもしれない
替え玉をするかどうかで迷ったのだが残ったスープが少なくて断念
しかし、この「鶏濃厚」は最高ランクに値する鶏白湯ラーメンだろう


[PR]

by oretokumou | 2017-01-15 19:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 播州百日鶏の中華そば

現在「ラーメンまぜそばえにし」のラーメンは日曜のみの提供
それ以外は確定ではなく不確定な提供となっている
それでも醤油清湯は「煮干し中華」と「百日鶏の中華」の二本立てシリーズを通してきている
(たまに塩バージョンも登場する)
私はそのうち「百日鶏の中華」が好きだ
今回もそれを注文した
e0208833_16161864.jpg
「播州百日鶏の中華そば」
(手ぶれ写真で恐れ入ります)
しょっぱなにレンゲでスープをすくい一口二口とスープを味わう
なんというおいしさ
身も心もとろけるようだ
油感がいい
油と醤油の融合がすばらしい
専門的には乳化というのだろうか?
とにかくグイグイ口に運ばれる油に醤油が味を加えてその融合した味が何とも言えずにメロウ
天然素材だけでこれだけ化学調味料に太刀打ちできるうまみと甘さを兼ね備えている
不器用ながら経験値でものを語る店主の集大成と私は捉えた
店主がブログで書いてた鶏の持つ甘みもその甘さの要因になっているのかもしれない
とにかく甘くはない甘さがやけに甘みを感じさせる
あと「百日鶏中華」には細麺をいつも使う
そのコンビネーションも最適とは思えないもののしっくりいくのは何か騙されているような気もする
柔らかい麺なのだが箸でつかんでも切れるようなことはなく(初期はあった)心地よくズルズルとすすることができる心地良さがある
この店では替え玉もできるのだが、いかんせんスープが少なくて替え玉をするとあえ麺のようになってしまうので今回は替え玉は遠慮した
でもあえ麺もまたいいかもしれないので次回は1玉の替え玉をやってみようか?
面白いかもしれない


[PR]

by oretokumou | 2017-01-13 17:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 播州百日鶏の純鶏ラーメン

月曜の昼に出されたのは「百日鶏の純鶏ラーメン」の塩ダレタイプ
これ前から食べたかった
純鶏というから鶏だけを使ったスープだろう
果たしてそれだけでおいしいラーメンが作れるのか?
確認に行った
e0208833_21114336.jpg
これ本当に鶏だけだろうか?
もしそうなら凄すぎる
塩バージョンなので塩分が過剰に感じられるが鶏を上手に煮込んで臭みがなくクリーミー
乳製品を使ったような滑らかさがある
これは替え玉必至と思い急いで麺をすする
その間うまみは減退することなく食べ終えて替え玉半玉をオーダーし待つ
麺は細麺で柔らかいが切れることなくしっかりしている
麺自体のうまみはさほど感じられないがスープのうまみをしっかり抱き込むわき役に徹した麵
そして替え玉が供されどんぶりに滑り込ませる
替え玉って水分を含んでいるからスープは薄くなる
ちょっと塩分がきつかったのでそれを緩和させてくれると思ったのだがスープのうまみまで損なわれてしまったようだ
塩分は緩和されたもののその分スープの臭みを感じやすくさせてしまったようだ
ネガティブな結果になってしまったが替え玉をしなければもう満点の評価をつけてもいいくらい
いろいろこだわりの強い店だがその技量はやはりすごい


[PR]

by oretokumou | 2016-12-13 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 塩ラーメン(限定)

金曜お昼の営業で塩ラーメンをやるとのツイートがあったので急きょ行ってみた(ツイートは↓のとおり)
えにしで塩ラーメンはまだ食べたことがないので期待は高まるばかりだ

e0208833_20511670.jpg
店に行くと張り紙がありこの日の塩ラーメンは「豚、魚介、野菜スープの塩ラーメン」とのこと
鶏の純塩ラーメンと思ってただけにたしょう少々がっかり
豚を煮たスープは清湯で動物感はあまり感じられない
それよりも塩と魚介の味が支配している
確かに「えにし」らしくないクセのないやさしい塩ラーメンだ
塩もしっかり感じられるのに塩辛さはない
レンゲですくったスープを口にすると頭の中に海の風景が広がる
「えにし」で食べる初めての塩ラーメンだがこれはなかなかいい
麺は細麺だが蕎麦のような味わいがあり麺自体のうまみも実にいい
噛むと更にうまみが増してくる
店主のツイートを読む限りは気まぐれで作ったように思えるがこれはレギュラーメニューになってもいいほどの完成度だ
一日限りでなくなってしまうのは実に惜しい気がする

[PR]

by oretokumou | 2016-11-19 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 百日どりの中華そば 丸鶏Version (夜限定)

昨日の夜は3人体制で余裕の営業
でも客待ちもなく以前のようなフィーバー感はない
店にとっては厳しい状況かもしれないが客にとってはいいことかも
e0208833_06460026.jpg
この百日どりのラーメン、夜限定でおなじみだが私は今回初めて食べた
昼の定番の煮干し中華そばとどう違うのだろうか?
とても興味があったのだがかなりおいしかった
魚介はなく鶏味がメインだがそこに醤油ダレがラーメンらしさを作り上げている
このスープ、鴨そばに通じるものがある
とにかく油が濃くて深みがある
そしてえにしの日本蕎麦のような麺がこのスープによく合う
今回チャーシューはなく鶏のほぐし身を使っているがこれがシーチキン風で違和感を感じた
でもこれはまた食べたくなる一杯だ

[PR]

by oretokumou | 2016-10-12 07:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンまぜそばえにし 煮干し中華そば

今日10月7日より金曜日の昼営業が復活
店員さんも2名入り盤石の3人体制かと思いきや、新しく入った店員さんがいなくてこの日は2人体制だ
SNSなどの告知で早々と客が集まるも1巡したらあとは待ちなし
まだまだ金曜の昼営業は浸透してないようだ
カレー担々麺が出来たようなので来週も来てみようか
e0208833_15435715.jpg
さて、基本的に金曜の昼は汁なし担々麺が基本メニューだが、今日は「煮干し中華そば」もリストアップされていた
先々週「汁なし担々麺濃厚」をいただいたので今回はらーめんをチョイスした
まず煮干しはもうこの味で固定されている
若干エグミの残るストレートに素材の味を打ち出した煮干し
素材本来の味を隠そうとはせず小細工もしていない
そして醤油もその本来の味を変えようとはしていない
ただ、素材の味を生かそうとすると煮干しと醤油の融合というものが感じられず、各々が主張してその対峙を感じずにはいられない
まろやかとかほっこりという感じはまったくない
麺もまた個性を放っている
細い麺はやや褐色を含み日本蕎麦を思わせる
歯ごえが弱いのは神戸の岩屋で縁をオープンしてから一貫している
この三者が三位一体になっているのかいないのか
私は後者のように思う
ただ、ここまで素材を追求するとバランス云々というより最後までそれぞれの味を楽しむことができる
バラエティーに富んで飽きることがないのである
これを店主が意図しているのかいないのか
それは意図していなくとも必然的に導き出されるものかもしれない


[PR]

by oretokumou | 2016-10-07 16:00 | ラーメン実食 | Comments(0)