拉麺BLUES

タグ:兵庫県 ( 92 ) タグの人気記事


麺屋壱志 壱志らーめん

尼崎に出来た居抜きの新店に行ってきた。
居抜きの先代は「にんにくラーメンゆうすけ」。
私もオープンしたての頃に行ってきたが、にんにくラーメンというふれこみのごとく、かつて栄華を誇った「空心町ラーメン」のような大阪風のライトなスープのラーメン。
これはこれでおいしいとは思ったのだが単独店で空心町ラーメンに対抗するのは無謀かなとも思った。
だが結構長い間(4年間)営業していたので頑張ったと思う。
そしてついに店を明け渡す時が来て今回の「麺屋壱志」のオープンと相成った。
「にんにくラーメンゆうすけ」の前は2011年12月9日にオープンした岐阜県のつけ麺チェーン店「中華そばつけ麺 中村屋 尼崎本店」。
この店は私的にはおいしいと思っていて尼崎につけ麺を定着させると思っていたのだが、期待に応えることなく2年もしないうちに閉店して2013年11月7日「にんにくラーメンゆうすけ」にバトンタッチしたのだった。
e0208833_15321117.jpg
さて、「壱志らーめん」。
うまい!
「芦屋らーめん」か「宮っ子らーめん」かとも思う細いストレート麺の濁った醤油ラーメンだ。
店主の説明では鶏ガラスープだという。
「芦屋らーめん」も「宮っ子らーめん」も豚骨でコクを出していたのでニュアンス的にはやや違う。
確かにスープは「芦屋らーめん」「宮っ子らーめん」風だがスープにキレがありすっきりしているのは鶏ガラで取ったスープゆえであろう。
チェーン店であればリピーターをつかむことが主眼になるので豚骨のコクというか病みつき性を求めるためにも豚骨主体になる。
だが単独店である今回の「麺屋壱志」が鶏ガラ主体の製法を取り入れたのはオリジナリティーの追求かもしれない。
結果としてこのおいしいラーメンが一過性のものではなくリピーターを掴んで行けるのか?
おいしいラーメンには違いはないのだがそれ以上に突っ込んで病みつきにさせるのには無化調とかではなかなか難しいものがあるのではないかと食べながらふと思ってしまう。



[PR]

by oretokumou | 2017-10-14 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋いっちょう 台湾まぜそば

西宮にまぜそばの店があるので行ってみた。
「台湾まぜそば」880円。
値段が高いのは20分間食べ放題の唐揚げとライスの値段が織り込まれているからだ。
e0208833_19040287.jpg
私のまぜそばのチェックポイントは4つ。
1.麺 2.タレ 3.台湾ミンチ 4.魚粉

1.まず麺だが歯ごたえがあるのはいいのだがちょっと固くて麺が詰まった感じがする。
(適度に歯ごたえばありモチっとした麺がベスト)
2.タレに濃さがなく水増しした感じで香辛料の辛さを消してしまっている。
3.辛めの台湾ミンチだが2.で述べたタレの水っぽさがその辛さを消してしまってる。
4.魚粉の味自体はよいが風味が弱い。
ネギに白ネギを使っているのも水っぽさを感じさせる一因ではないだろうか?
タレの量は減らした方がいいと思う。
追い飯が自由に自分で入れられるのがよかった点だ。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-14 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

和海 塩 (京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店の催事はいつも有名な行列店を呼んでくれるのでありがたい。
並んで食べるのもいいけどやはり店にすぐ入って座れるのがいい。
今回の催事は日替わりでそうそうたる行列店が参加している。
京阪守口まで行くより武庫川に行く方が近いのだが行列時間を考えると同じくらいになるような気がして行ってきた。
(和海は10月8日のみの出店)
e0208833_18054852.jpg
何の変哲もない和海の塩ラーメンだ。
店で食べるのと同じ味。
だがすごく物足りなさを感じてしまう。
店主の作ってる姿が見えないからだ。
百貨店の厨房の奥に店主が見え隠れするのだが、直に見ることができない。
特設テーブルと百貨店の店員さんがサーブするラーメンは「和海」で食べるラーメンよりも無機質な感がある。
やっぱり店主さんの人柄から発散するうまみが加算されて「和海」のラーメンは完成する。
並んで食べたほうがいいのかもしれない。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-12 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

和楽大勝軒 ラーメン2玉

前回の出来が悪かったため二の足を踏んではいたが、それではラーメン好きの名が廃るのでリベンジ、チャレンジ!
e0208833_19371468.jpg
今回は前回のような臭みは全然感じない。
実は前回と条件が違う。
前回は午後2時か3時に行ったのでスープが煮詰まっていたのだろう。
今回は11時30分の開店時間直後。
だからコンディションがいい。
スープはコクの少ないあっさりした感じでこれは前々回にも感じたことがある。
でもこのほうが前回の臭みの残るスープよりもいい。
むしろこのほうがおいしいと思える。
コクがあるからおいしいというのは条件次第では当てはまらないこともある。
今回も二玉頼んだのだがこれなら三玉の大盛りでも食べることが出来そうだ。
麺は取り立てておいしいというほどでもないがいつも同じコンディションを保っているようだ。
スープはブレが激しいので次回はどうなることやら。
チャーシューはもうちょっと大きくしてほしい。
見た目が寂しいので。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-17 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

贔だしや 貝だし豚そば

西宮のたんろんと宮っ子に挟まれた新店だがオープンしてまだ間もないのにもう値上げしていた。
リニューアルらしい。
〇〇がプロデュースしました!という店にはすぐに内容が変わるのはよくあることだがここもそうだったのかという思いが強い。
罠というか策略っぽい。
品名は変わっていないが「貝だし豚そば」はオープン後まだ食べていないのでどのようにリニューアルしたのかは定かではない。
e0208833_18531069.jpg
貝がゴロゴロ入っているが濃いスープに入った貝を食べても貝の味がストレートに伝わってこない。
貝はにぎやかしに添えられていると思った方がいいのかもしれない。
前回と前々回に「貝だし鶏そば」と「貝だし魚そば」を食べたのだが今回食べた「貝だし豚そば」は背脂が入っていて醤油も濃厚なのでこってり感がある。
貝の味はしなくもないのだがこってりさが貝の風味を抑えてしまっている。
それでもこってり好きな若い人たちにはこのほうがいいのだろう。
グループで来た人たちはそれぞれが好みの味を持っているのでメニューに多様さを持たすのはいいことだと思う。
でも貝の味を味わうのなら「貝だし塩そば」や「貝だし魚そば」をチョイスするのがいいだろう。
かといって今回の「貝だし豚そば」は悪くはなくむしろ本来のラーメンとしての要素を持っているのでこれはこれでおいしかった。
うまみ調味料によるおいしさも感じられるが麺がしっかりしていて食べごたえがあるのがいい。
客が少ないのは気になるが個人的には好きな店なのでずっと続けていてほしい。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-08 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

らーめん専門 和心 煮干しブラック

何度となくテレビで紹介されるのでその都度行列が激しくなりなかなか行けないのだがたまたま開店15分前で並びが二人だったので近くの有料自転車駐輪場に自転車を停めて戻ってくるとすでに10人待ち。
油断できない。
e0208833_17373808.jpg
厨房を見てみると動物系スープと煮干し汁が別々に置かれていて煮干しの香りを発散させないようにしている。
醤油ダレと合わせると動物系・煮干し系と三位一体となってすごく食べやすくしている。
麺はいつもの通り中太でややぼそぼそとした食感の麺でまだよくなじめないのだがあくまで個人の感想で人によってはこれがいいのかもしれない。
どうもスープをはじき気味だと感じるのだが。
この種のラーメンではかつて「麺家いろは」がおいしいと思ったのだがこれは多分にうま味調味料によるものだと思う。
和心はうま味調味料を使っていないのでおいしいのだがもう少し押しのようなものがほしいと感じてしまう。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-06 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

がふうあん バイブそば(限定)

がふうあんのコラボ。
コラボ店は、がふうあん×零一弐三×やまの×千茶屋×アモーレ。
参加店多すぎて何が何やらよくわからないが、要はお祭り騒ぎのようだ。
基本コラボは好きじゃないが、「ワイワイやってます!」みたいなのが魅力なので行ってみた。
e0208833_08244795.jpg
「バイブそば」850円。
ネーミングがもうおちゃらけでお遊びムード全開。
それでもラーメンは真面目に作った感が半端ない。
鶏と豚骨のスープが根底にあるものの煮干しのビター感がいい。
煮干しの味がこれ以上ないくらいのベストな状態だ。
泡と煮干しの取り合わせもいい。
泡は鶏と豚が作り上げたものだが、そのうま味と煮干しのベストな味がシンクロナイズして久々においしい超煮干しそばをいただいた。
1杯850円だがこれはすごく価値がある。
わざわざ4店の店主が出張して提供するとなると赤字は必至。
これ以上のお遊びラーメンはないだろうし味も文句なしの一杯だった。
こんなお遊びならいつでも付き合いたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-23 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺舗さくら とりそば

尼崎センタープール前に数年前に出来た「麺舖さくら」
いろいろ種類があるが一番安いメニューの「とりそば」590円
ほぼ600円だがしっかり具材も入っていてお手頃価格だ。
e0208833_09200477.jpg
スープは鶏白湯だがこの店は「濃厚とりそば」もありこの「とりそば」は濃度が低いタイプ。
でもシャバシャバのスープではなく中程度の濃さがある。
ただスープの味付けが甘いのが気になる。
好みとしては人工的に甘くした鶏白湯は好きではない。
それでも食べやすさ重視の甘さであり食べるには普通に食べられる。
麺はやや縮れのあるストレート細麺で加水が少ない分麺自体の固さが感じられる。
「とりそば」というネーミングに清湯系を想像して頼んだのだがこの店はすべて白湯スープのようだ。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-21 10:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 こく煮干しそば

西宮の「なかた屋」が長期休業のあとリニューアルオープンした。
もう閉店かと思われたのだが突然のオープンだ。
e0208833_21081031.jpg
ラインナップに変更がありシンプルなメニュー構成になった。
値段もかつての良心的価格から普通の値段になっている。
まあ700円だから今の相場で言えば安いほうだ。
「こく煮干しそば」を頼んだ。
e0208833_21081914.jpg
スープが超ど煮干しになっている。
以前は煮干しを煮だした清湯スープだったが、今回は煮干しを大量に放り込んだ濁ったスープだ。
決して悪くはなく普通に食べられるのだが、以前の澄んだスープが好きだっただけにちょっと残念な気分にもなる。
あと残念なのがチャーシューが肩ロースからバラ肉に変わったことだ。
これだけメニューががらっと変わったのは経営者が変わったのだろうか?
ただ、麺は以前と同じものでほっとした。
ぜひ清湯煮干しを復活させてほしい。



[PR]

by oretokumou | 2017-07-31 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

支那そばかりん 塩そば

尼崎の「支那そばかりん」で「塩そば」を食べた
店内は暗くて写真がどうしてもぶれてしまう
よって写真を小さめにした
e0208833_18185079.jpg
完全に和風ラーメンである
鶏を使っているが昆布や魚介で目立たなくしていてその分しみじみとスープの美味しさが伝わってくる
麺は池村製麺を使っており細いながらも加水少な目で歯ごたえがある
元々が和食の店なのでこのコンセプトは納得がいく
ラーメン目当てに食べに来ると物足りなさを感じるかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2017-07-23 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)