拉麺BLUES

タグ:大阪市 ( 142 ) タグの人気記事


麺屋丈六 中華そば(京阪百貨店守口店催事)

京阪百貨店守口店におけるグルメ催事のラーメン店招聘は神招聘。
そんなこと思ってるのは俺くらい。
でも難波の行列店まで招聘するのだからあながち間違っていないと思う。
さて「麺屋丈六」だがいろいろあって海遊館から難波に移転して、師匠から破門食らってさらに箔を付けた感じの○丈改め「麺屋丈六」。
月初めの日曜はおはようラーメンと銘打って早朝から営業し、最初はさほど客も殺到しなかったのだが、だんだんイベント化して午前2時くらいに並び始めるラーメンフリークが現れ、それに追従する人も現れ今では整理券方式に変わってしまったという本末転倒を絵にかいたようなフィーバーぶり。
個人的にはなにもそこまでしなくてもと思うのだがイベントみたくしたい気持ちもファン心理としては分からなくもない。
e0208833_07275775.jpg
そんなこんなでおはようラーメンは並ぶことに意義があるのかもしれないのだがここ京阪百貨店では並ばずに食べることに意義がある。
出されるラーメンはおはようと何ら変わりないと思う。
時間が違うだけ、それと場所が違うだけで出されるラーメンはほぼ同じ。
値段が若干高いかもしれないがそれは京阪百貨店の取り分だから仕方ない。
さてラーメンだが見た目は真っ黒のスープで富山ブラック風。
でもブラックラーメンは大阪にもあることを知ってる人はそうそういない。
拠点は高井田だがそれがじんわりと広がりつつあり、今では武庫之荘の「和心」まで届いている。
この先どこまで高井田系が広がっていくのかは大阪のご当地ラーメンの確立という観点では非常に重要な事例だ。
で、食べてみて思うのがもうちょっと化調風味があってもいいんじゃないの?って思うこと。
本家の高井田ラーメンはまさしく本来の化調風味に食欲が満たされるのだから化調を抑えたブラックラーメンは突き抜け感が弱いのかもしれない。
せっかく胡椒をはじめから振りかけて出されているのだからもう化調路線で突き抜けたほうがいいような気がしてこの記事を書いているのだが早朝から並んでいる人はそんなことないと思って並んでいるんだろな。
丈六に関しては私は初心者以下なのでもっと造形を深めていけないのだろう。
機会があれば朝2時から並んでみよう。
(丈六は10月9日のみの出店)

[PR]

by oretokumou | 2017-10-13 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

らーめん弥七 醤油らーめん

弥七に来るのは本当に久しぶりだ。
弥七に出会ったときから行列店で今は整理券方式に変わったがそれでも人気店。
ひさびさすぎて今回も「醤油ラーメン」を頼む。
味のチェックのためだ。
それ以外の品目は食べたことがない。
e0208833_16123246.jpg
味は昔とほとんど変わっていない。
とてもクリーミーな鶏白湯で、本当にクリームを入れているのかと思うほどクリーミー。
毎回同じことを思ってしまう。
本当においしい。
麺は以前と違うような気もするがこれはこれでなかなかいい。
麺をすすった時に同時に口の中に入っていくスープの味が麺をさらにおいしくしてくれる。
ナイスなラーメンだ。
ただ後味が鶏特有のネガな味が残り満足感が持続しない。
食べているときはとても満足なのだが・・・。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-03 17:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋やまひで堺筋本町店 台湾まぜそば

先日「麺屋はなび」の直系店が大阪に出来たので行ってみたが麺が名古屋の本家で使用している麺と異なり麺が柔らかくちょっと残念だった。
その後ネットで「麺屋やまひで」が「林製麺所」の麺を使っているとの情報を得て今回の訪問となった。
e0208833_19571234.jpg

さて、私の台湾まぜそばのチェックポイントは麺・台湾ミンチ・タレ・魚粉・ニンニクの5点である。
麺はやはり「林製麺所」なのか、コシのあるしっかりした噛み応えだ。
そして味も「麺屋はなび」で味わった旨みがある。
これはほぼ「林製麺所」の麺と推定できる。
台湾ミンチは甘味は控えめで味付けも薄めだが香辛料の辛さが際立っている。
辛さは「麺屋はなび」よりも強い。
タレは台湾ミンチの味付け同様やや薄味でこれも香辛料の辛さを引き立てる要因になっている。
魚粉は入っているのかいないのか分からないくらい風味が弱かった。
ただこれは原料由来のものだから次食べた時はまた違ったものになっている可能性はある。
ニンニクは擦りたてで問題なし。
ということで今回の最大の注目ポイントである麺がよかったのでなによりだ。
タレと魚粉がガンガン押してきたら最高だったに違いない。
先日食べた「台湾まぜそばはなび大阪店」と今回の「麺屋やまひで」だがどちらがいいかといえば一長一短がありどちらとも言い難い。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-29 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺やひなた 貝と煮干の醤油らーめん(期間限定)

今年オープンの店では一番行ってる店「麺やひなた」。
すごく優しい味というのが私のイメージ。
期間限定が出たので食べてみた。
e0208833_08101856.jpg
「貝と煮干の醤油らーめん」
醤油らーめんという割には醤油は濃くない。
そのため貝の味がはっきりと伝わる。
貝の味を凝縮して油に絡ませているのでマイルドな貝味になっている。
そして煮干の味もそのあとから追っかけてくる。
とても「麺やひなた」らしい優しい味わいだ。
塩がやや苦みの感じるのだがこれもこの店の特徴なのかもしれない。
麺もツルっとしているのに噛み応えがあり満足度は高い。
この店のオリジナリティーがしっかりして確立されている。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-28 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

台湾まぜそばはなび大阪本店 元祖台湾まぜそば

「麺屋はなび」の大阪直系店「麺屋つばき」が今年7月に「台湾まぜそばはなび大阪本店」と店名を変えリニューアルオープンした。
平日に行ってきたのだが常に店内満席で中待ちと外待ちまでできている。
「はなび」というブランド力の凄さを見せつけられた思いだ。
e0208833_15483732.jpg
店の前に麺箱が置かれている。
「はなび製麺」と書かれているので名古屋の本家で使われている「林製麺所」の麺と違う。
これは予想できたことなのだが少々がっかりした。
「はなび製麺」は要するに自家製麺で「林製麺所」は製麺の専門業者だ。
これは食べてすぐにわかるくらい違いが大きい。
果たしてこの日食べた「はなび製麺」の麺は柔らかくて茹で上がり後に麺を棒でかき混ぜてわざと傷を付けているので歯ごたえがない。
先月名古屋で食べた「林製麺所」の麺は棒でかき混ぜた後も麺に歯ごたえがあってしかもうまみもあった。
これこそが「麺屋はなび」の台湾まぜそばが絶大な人気を誇っているの所以であってフランチャイズ店や遠隔地の店舗で使っている「はなび製麺」の麺は台湾まぜそばのだいご味を十分発揮しきれていないように思う。
ちょっと話がややこしくなったが、次に台湾ミンチ。
この日食べた台湾ミンチはやや甘みがある。
ただし本家の台湾ミンチも店ごとに味付けに若干の違いがある。
私は甘いほうが好みでありミンチはあまり辛くしてほしくないのでこれはよかった。
魚粉だが先月名古屋店で食べたのは魚粉自体にうまみがありよかったのだが今回はやや雑味の感じられる魚粉で残念。
ただこれも仕入れ先や時期や産地で味に変化がありたまたまよくなかったのかもしれない。
細かく比較するとちょっと劣勢の評価となってしまったがタレの味は本家とあまり変わらなかったので麺さえよければといったところだろう。





[PR]

by oretokumou | 2017-09-21 00:00 | Comments(0)

麺のようじ海 塩ラーメン(鯛)

過去に食べた鯛出汁ラーメンでこれはと思ったものがなかったのでやや消極的なのだが、この店の看板メニューでもあるので食べてみた。
e0208833_20211933.jpg
鯛出汁ラーメンの弱点でもある鯛の臭み(白身魚の臭み)は抑えられている。
しかし鯛のうまみというものがなかなか伝わってこない。
魚の味はするのだがそれがラーメンのうまみにはなっていない。
前回食べた鮪出汁は赤身系の魚らしいいい出汁が出ていたのだがやはり鯛はなかなかラーメンになじまないような気がする。
スープ単独ではおいしいのだが麺をすするとだしから漂う香りがやはり魚臭くて麺の味を殺してしまう。
いまだに鯛出汁系は好きになれない。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

会津山塩らーめん塩々 会津山塩らーめん

台風も去り天気がいいのでちょっと福島まで行ってきた。
お目当ては会津らーめん。
喜多方ラーメンともいう。
e0208833_21040499.jpg
「会津山塩らーめん」を注文!
e0208833_21041189.jpg
喜多方ラーメンらしい塩味の効いたほんのり鶏ガラの味がするおいしいラーメンだ。
旅気分で食べるご当地ラーメンは最高!
麺も縮れた平打ち麺でおいしい!(喜多方の朝日屋食品製使用)
チャーシューはもうちょっと入れてほしい。
e0208833_21042256.jpg

 

会津山塩らーめん塩々(しょっぺしょっぺ)

大阪市福島区玉川1-2-51


[PR]

by oretokumou | 2017-09-18 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

金久右衛門本店 大阪ブラック

何を言われようがうまいものはうまい。
金久右衛門はそんなラーメンだと思う。
チェーン展開すると途端に評価を下げられがち。
いや、そうではなくうまいからチェーン展開できるのだと思う。
店員の質や店ごとの味の格差を指摘されるが実際にそこまで格差はあるのだろうか?
本店は他店の指針になっているはずなので本店なら間違いないだろう。
「麺や福はら」と「極汁美麺umami」に立て続けにフラれたので帰り道途中の「金久右衛門本店」に寄ってみた。
e0208833_23301808.jpg
さっそく食べてみた。
やはりうまい!
しかもうますぎる。
隣の知らない兄ちゃんも一口食べて「生き返える~」ともらす。
醤油が濃いが濃いなりにうまみが芳醇だ。
魚介はさほど感じられず鶏のうまみがおいしさを構成している。
醤油が濃いのに辛くはなくほのかな甘みもあり実においしい。
麺は太麺だがこれもまた素晴らしい。
自家製麺だろうか?外注だったか?いやそんなことはどうでもよく太さ、硬さ、歯ごたえどれを取っても素晴らしい。
やはり本店は旨かったので今度は支店にでも行ってみて比較してみよう。


[PR]

by oretokumou | 2017-09-10 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつか坊主 醸 赤味噌らーめん

白味噌は何回か食べたが赤味噌初めてかもしれない。
e0208833_08345593.jpg
味は想像通りだ。
田舎味噌のような味がこの店らしくていいのだが、昨今のラーメントレンドからすればすごく古めかしい感じもする。
店としてはトレンドを捉えたメニューも提供しているのだがこの元味的な味は郷土料理をも感じさせる。
麺も中太縮れ麺で武骨で粗野な感じがする。
食べていて最初から最後まで味変することもなく安定感がある。
蛍池の改装前のこじんまりした店で食べていたころが懐かしく思えてきた。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-05 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

縁乃助商店 丸鶏の極み醤油(限定)

e0208833_21422814.jpg
スープは甘さが気になった。
このビジュアルからキレッキレのスープを想像していたからそれが後を引く。
麺は平打ちだが「This is 中川」に共通する麺だ。


[PR]

by oretokumou | 2017-08-19 23:00 | ラーメン実食 | Comments(0)