拉麺BLUES

タグ:大阪市 ( 159 ) タグの人気記事


桐麺本店 鶏出汁塩らーめん 3周年丹波黒どり限定スープ

三津屋のJETこと「桐麺」ももう3年たったのか。
このたび限定として出されるのは地鶏の「丹波黒どり」を使ったオリジナルメニューだ。
e0208833_08463822.jpg
せっかく地鶏を使うならと出汁のわかりやすい「鶏出汁塩らーめん」にした。
e0208833_08464473.jpg
丹波黒どりを使っているのに値段はいつもと同じで嬉しい。
e0208833_08465110.jpg
さて、この塩らーめん、2号店である十三の「中華そば桐麺」の塩そばによく似ている。
スープは魚介が前面にだされており鶏の味は控えめだ。
それでも私の好みで言えばベストの味。
大阪、いや関西で一番好きな塩らーめんだ。
私は鶏を強調した塩ラーメンは少々苦手で、和風ともいえる魚介味ラーメンは関西風で好きだ。
桐麺はその点和風味を強調していて今回使った丹波黒どりもその風味はあまり分からない。
いつも熱々のスープなのにそれに負けないしっかりした麺は食べていて最後までうまさを維持してくれる。
他のメニューも丹波黒どりを味わいたいのだが12月1日~3日だけのメニューでもう食べられないのが残念。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-04 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

カドヤ食堂 つけそば

カドヤ食堂も一時は行列もなくなったと思ったらまた最近は盛り返しているようだ。
かつてのツルミにあったころのような行列ではないものの10人近くの外待ちがよく見られる。
客層は遠方から来た人たちが多いようだ。
大阪のラーメン店の代表格を求めてやってくるのだろう。
e0208833_19442111.jpg
つけそば並950円。
かなりのいいお値段だ。
つけダレのほうには肉がたっぷり入っているのだが麺の量が少ない。
200gあるかないかだ。
大盛りにすると250円アップなのでかなりつらい。
麺は独特のツルッとした麺で口当たりがなめらか。
つけダレは甘くて酸味のある醤油ダレ。
この味は鶴見の頃からあまり変わっていないように思える。
店主さんが製麺室で打つ麺がこの店の命と言えるのかもしれない。
出来れば大盛(1200円)で食べてみたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-01 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺弥 七福鈴 辛白湯らーめん橙

福島区の玉川に出来た「弥七」とどこかしらの飲食業者との共同プロデュース店らしい。
「弥七」ということで開業時より興味を持っていたが、辛いラーメンを出すとのことで躊躇していた。
だが、たまたま近くを通ったら日曜でも開いていたので入ってみた。
日曜のお昼時だが店内は閑散としていてカウンター席もあるのにテーブル席に案内された。
これで落ち着いて食べられるのだが店内はほかに客がおらずちょっと寂しい。
あの「弥七」プロデュースの店でなぜ?
場所が悪すぎるのか?
e0208833_09365487.jpg
ベースは鶏白湯だ。
それを唐辛子で辛くしている。
鶏白湯の甘味と唐辛子の辛味が合わさって辛いのにまろやかな味になっている。
参考に食べログのレビューを読んでみると一番辛さの抑えられた「辛白湯らーめん橙」でも辛くて汗が出ると書かれていたので恐る恐る食べてみたがそんなに辛く感じない。
もう一つ上のランクの辛さでもよかったかもしれない。
麺は盛岡冷麺風のやや透き通ったツルッとした麺で麺箱からテイガクの麺だと分かる。
テイガクにしては今まで食べたことのない変わった麺でこういうのも作ってるのかと思う。
確かに盛岡冷麺風でもあるが鶏白湯のまろやかさもあり担々麺風でもある。
ただどっちつかずで初めて味わう味であり食べていて終止不安な気持ちになる。
生の白菜やモヤシと鶏モモ肉の塊がいままでのラーメンのトッピングになかっただけに他と比較することができない。
ラーメンの新境地として打ち出したのかもしれないがこれを共感できるかどうかはかなり人を選ぶかもしれない。
(麺はデフォの玉子麺が出されたが全粒粉配合麺のチョイスも可能とあとで知った)

[PR]

by oretokumou | 2017-11-29 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

別邸三く中華㐂蕎麦 鶏出汁蕎麦しお

別邸のほうの「三く」はこれで二度目の実食になる。
初回は「しょうゆ」のほうを食べたがその時は「しお」はなかった。
今回数量限定だが「しお」が登場していて、これで醤油と塩という基本パターン2種が揃ったことになる。
ということで「しお」をオーダーした。
e0208833_08380162.jpg
まずスープだが、ストレートに鶏のコクが感じられる。
それ以外の素材の味はぼやけた感じで魚介も感じられない。
これは意外だった。
麺は中細の加水やや少なめな感じ。
950円という値段だけあって麺の量は180g前後はあるかと思う。
食べているうちに少し麺が柔らかくなっていくのだが急いで食べれば問題ない。
チャーシューも3枚入っていて値段通りの価値はある。
油の濃さがちょっとくどく感じたのだが見て満足し、食べて満足できるラーメンだった。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-28 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺やひなた 醤油らーめん

最初にこの店に来たときはきんせい系列にしてはおとなしい感じがした。
でも何度か来るうちにそのじんわりとくる旨さにはまってしまった。
今回は3度目の実食となる「醤油らーめん」。
e0208833_21030250.jpg
今回はぐっとくるというより優しくてすっきりした感じがする。
甘味はほどほどで塩分に苦みは感じない。
麺にスープがしっかり乗っていつもながらうまい。
この店のメニューで食べていないのが鶏白湯つけ麺。
いよいよ次回の実食となるか。


[PR]

by oretokumou | 2017-11-27 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつか坊主 やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン(阪神百貨店催事)

阪神百貨店催事「食と器と調理道具台所マルシェ」に行ってきた。(11月22日~28日)
「みつか坊主」がイートイン出店しているからだ。
みつか坊主は先日大阪城公園のラーメンイベント「森ちゃんのラーメンフェスタ2017」にも出店されていた。
e0208833_20405146.jpg
「やまご味噌さんのすっきり味噌ラーメン」全部のせ。
「五味醤油」という味噌店とのコラボで甲州味噌を使っている。
食べた感じは「みつか坊主」の白味噌らーめんに近い味でその違いが判らない。
それでも麦麹の残った味噌はすっきりしていて田舎風味を感じさせる。
麺茹では少々柔らかいがおいしい麺である。
ラーメンとしてのインパクトはないものの落ち着きのある味噌ラーメンは「みつか坊主」ならではのもの。
行けそうでなかなかい行く機会のない「みつか坊主」だが催事という機会で2週連続で味わうことができたのはさいわいだ。


[PR]

by oretokumou | 2017-11-25 00:00 | 百貨店催事 | Comments(0)

Style坊主ver.2-みつか囃子-コラボ限定!秘伝醸味噌のまぜそば

森ちゃんのラーメンフェスタ2017第2幕最終日の連食の2食目がこちら!
e0208833_19045903.jpg
ラーメン劇場 みつか囃子。
四人囃子というロックバンドは知ってるが、みつか囃子は知らない。
e0208833_19051288.jpg
トマトに箕面ビールスタウトも入っているらしい。
スタウトって何だろう?
調べてみると黒ビールや上面発酵というワードが出てくるがなんだかよくわからない。
要するに黒味噌(赤の濃いやつ)ということか?
限定メニューなのですぐに忘れそう。
e0208833_19051846.jpg
いわゆるまぜそばだ。
ネギとノリがやたらと多い。
赤いのがトマトだがネギに隠れてよく見えない。
右端にあるのが黒味噌。
そして緑のがおくら。
このおくらがネバネバ感を醸し出していて麺によく絡みつく。
骨っぽい魚粉が魚介味を感じさせるのだがいかんせん骨っぽくて固い。
麺はやはりイベントでは茹で時間を十分に取ることができないのか固い。
かなり期待していたみつか坊主だがかなり消化不良気味だ。
ノリはこんにいらないし白ネギも多い。
ただ固ゆでの麺だがこれはなかなかおいしかった。
店で出せば肉味噌ももっと入ってただろうし麺も増量できたはず。
みつか坊主の野外イベント参加はなにか違和感を感じてしまう。
店で食べるのが一番なのだが明日から百貨店の催事に出店するらしい。
これはこれで行かなきゃなるまい。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-21 10:25 | ラーメンイベント | Comments(0)

麺のようじFACTRY 炙りチャーシューと鶏節香る濃厚トリトンらーめん 森ちゃんのラーメンフェスタ2017

森ちゃんのラーメンファイル第2幕が始まった。(11月17~19日)
平日なのに天気も良く盛況のようだ。
e0208833_08101198.jpg
今回の注目は京都の「らぁ麺とうひち」だがその前に並びたい店があった。
「麺FACTRY JAWS+麺のようじ」のユニットだ。
e0208833_08110079.jpg
先着20名にTシャツが配布されるので食券(850円)を購入しいち早く並んだ。
13番目でTシャツゲット!
これでラーメン代の元を取った。
e0208833_08103043.jpg
「麺のようじ」ではいつも塩や醤油の清湯スープを頼むので白湯は今回が初めてだ。
e0208833_08103695.jpg
食べてみるとよくある鶏と豚骨の白湯ラーメンだがやはり王道のうまさがある。
じっくり煮込まれたスープは大量に仕込んでいるのでぶれないうまみがある。
大き目のチャーシューが2枚入っているのも利益度外視の感がある。
麺もいい具合に茹でられている。
イベントにしてはなかなかのうまさだった。
これはもう一回食いたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-18 08:30 | ラーメンイベント | Comments(0)

麺やひなた サンマとキノコの醤油らーめん(期間限定)

サンマを使ったスープって高いのだろうか?
結構いい味が出ると思うのだがあまり見かけない。
以前「ラーメン香澄」の限定でサンマ出汁のラーメンを食べたがかなりおいしかった。
e0208833_15135758.jpg
さてこのスープ、やはりおいしい。
カツオの繊細さと煮干の力強さを合わせ持ったコクと旨みのあるスープだ。
原材料が高いので定番にはなりそうにないけどラーメン向きの素材だと思う。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-15 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

手打ち麺やす田 手打ちらあめん塩

この店もほんと久しぶり。
オープン以来だから6年ぶり。
青ネギの長いのが乗っているのが特徴。
これを見ただけで「手打ち麺やす田」とすぐわかる。
e0208833_15034116.jpg
イリコ出汁だが煮干し感は弱くイリコの美味しい部分だけ味わえる。
塩もそれほど濃くなく優しい味わい。
それでも手打ち麺がしっかりスープをつかんでいて弱々しさはない。
麺が縮れた福島風で喜多方ラーメンにも似ている。
久々だが次は醤油をいただきたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-14 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)