拉麺BLUES

タグ:淀川区 ( 35 ) タグの人気記事


麺やひなた 貝と煮干の醤油らーめん(期間限定)

今年オープンの店では一番行ってる店「麺やひなた」。
すごく優しい味というのが私のイメージ。
期間限定が出たので食べてみた。
e0208833_08101856.jpg
「貝と煮干の醤油らーめん」
醤油らーめんという割には醤油は濃くない。
そのため貝の味がはっきりと伝わる。
貝の味を凝縮して油に絡ませているのでマイルドな貝味になっている。
そして煮干の味もそのあとから追っかけてくる。
とても「麺やひなた」らしい優しい味わいだ。
塩がやや苦みの感じるのだがこれもこの店の特徴なのかもしれない。
麺もツルっとしているのに噛み応えがあり満足度は高い。
この店のオリジナリティーがしっかりして確立されている。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-28 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺のようじ海 塩ラーメン(鯛)

過去に食べた鯛出汁ラーメンでこれはと思ったものがなかったのでやや消極的なのだが、この店の看板メニューでもあるので食べてみた。
e0208833_20211933.jpg
鯛出汁ラーメンの弱点でもある鯛の臭み(白身魚の臭み)は抑えられている。
しかし鯛のうまみというものがなかなか伝わってこない。
魚の味はするのだがそれがラーメンのうまみにはなっていない。
前回食べた鮪出汁は赤身系の魚らしいいい出汁が出ていたのだがやはり鯛はなかなかラーメンになじまないような気がする。
スープ単独ではおいしいのだが麺をすするとだしから漂う香りがやはり魚臭くて麺の味を殺してしまう。
いまだに鯛出汁系は好きになれない。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

サバ6製麺所 西中島店 サバ醤油そば

チャーハンが旨い「サバ6製麺所」の西中島店に来た。
日曜日でサラリーマンが少ないエリアだがわざわざ食べに来た客が多い。
やはりこれはサバブームの影響だろうか?
なぜかサバに注目が集まる昨今である。
e0208833_21473133.jpg
ラーメンは前回と同じで濃い醤油にサバの魚粉がドバっと入った強烈魚介ラーメン。
麺がもっちりしていて口当たりがよくおいしい。
そしてチャーハン!
個人的に最高レベルと思える理想の味だ。
私が学生時代に阪急大宮駅の1階にあった中華料理屋のチャーハンの味。
若干違う感じもするのだが、なつかしくてなつかしくて感傷的。
この店と「宮っ子ラーメン」だけは必ずチャーハンセットを頼む。
おいしい!

[PR]

by oretokumou | 2017-08-09 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺やひなた 芳醇鴨らーめん

e0208833_18161393.jpg
期間限定でおそらく17日が最終日の「芳醇鴨らーめん」
河内鴨の脂を使っているらしい
「脂」という字はにくづき(つきへん)に旨って書く
脂は旨いってことなんだろう
e0208833_18162659.jpg
さて「芳醇鴨らーめん」
塩らーめんに鴨の脂を使っているが意外としっかりした味だ
通常メニューの「塩らーめん」は優しさの感じるややおとなしい味なのに対しこちらは芯のある味だ
そして麺はきんせい系列のなかでは細くてしなやかな麺なのだがスープがしっかりしているため食べていても物足りなさを感じない
焦がしネギが結構入っているのだがこれもスープの邪魔にはならず意外と鴨脂に合っている
全般的にあっさりしたラーメンと言えるのだがそれが軽すぎることなく最後までうまみを持続させる
採算を度外視したメニューということで次いつ出されるのかはわからないが記憶に残る1杯だ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-18 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

みつ星製麺所西中島店 和風らーめん

日々のラーメン記録を目的としてこのブログを書いているが、自分の好みのラーメン屋が固まりつつあるのを感じる
「みつ星製麺所」もその一つだ
福島の本店には数回行ったが今ほど好みではなかった
まあ評判はすごかったのでその中に自分を置くのも癪だったような気がする
でも西中島店ができてそれ以外にも数店でき、それにつれて「みつ星製麺所」に対する世間の評価が徐々に下がってきた
そうなれば世間の評価に逆らう必要もなくなり純粋に私が「みつ星製麺所」の味を楽しめる環境が出来上がった
(性格が歪んでるなw)
今でも福島の本店には行かないがそれは家から西中島より遠いだけであって機会があれば福島店にも行ってみたい
e0208833_19411762.jpg
今回食べたのは「和風らーめん」
豚骨と魚介のダブルスープだが豚骨自体は薄い
もし魚介が入ってなかったら完璧なライト豚骨だ
だが、魚介は必要
魚介が入ってこそこのおいしいラーメンが出来上がる
すごくおいしいのにこの手のラーメンって他ではお目にかからない
豚骨というと濃度勝負みたいなとこが一般的にあるのでこの薄い豚骨スープは好みも分かれやすい
上新庄の「天狗庵(てんぎゃん)」がこのような味だったように思うが「天狗庵」も久しく行っていないので記憶違いかもしれない
いずれにしても至福のひとときを味合わせてくれるラーメンだ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-11 22:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺やひなた 魚介鶏白湯らーめん

念願の「麺やひなた」の魚介鶏白湯だ!
「塩らーめん」と「醤油らーめん」がおいしくてなかなかこの「魚介鶏白湯らーめん」にたどり着けなかった
e0208833_16340434.jpg
まずスープ
(大体このブログは最初にスープの感想を書いている)
クセのない臭みを抑えた鶏白湯はじんわりとそのうま味が口の中に拡がっていく
そしてそのスープの濃度は濃い
まるでつけ麺のような濃厚さだ
麺は塩や醤油と共通なのだろうか?鶏白湯にしてはしなやかで細いストレート麺だ
「麺やひなた」のスープは決して突っ張ることのないじんわりとそのうま味を伝えてくれる優しいスープ
だが麺とスープが絡んで口の中に発するアンモニアのようなにおいが気になってしょうがない
たとえて言えば「天下一品」のあのアンモニアっぽいにおい
鶏白湯スープの最大の弱点と思えるアンモニア臭は太麺を使えばさほどそのにおいは気にならないように思う
スープを単独でレンゲですくって味わってみても、また、麺をスープに絡ませないようにして食べてみてもそのアンモニアっぽいにおいは発生しない
ということは麺には責任はなく、またスープにも責任はない
それでもスープと麺の合体作用によって発するアンモニアっぽいにおいはなんなのだろう?
この店のつけ麺はまだ食べていない
仮説だが鶏白湯は太麺のほうが合っているのかもしれない
「ラーメン人生JET」の鶏煮込みそば並の平打ち麺にすればどうだろう?
失礼なことを書きすぎすぎたがスープは丁寧な処理がされていて本当にうまい



[PR]

by oretokumou | 2017-07-09 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺のようじ海 塩ラーメン 鮪(マグロ)(限定メニュー)

面目躍如なり!
e0208833_18190896.jpg
前回は「塩ラーメン」の鰹(カツオ)出汁を頼んだ
店内が鯛の匂いで充満し味わうどころではなかったしカツオ出汁なのに鯛の味もしてすごい違和感を感じた
でも今回の塩ラーメンは限定だがマグロ出汁で本来の「麺のようじ」らしさの出たラーメンだ
鶏とマグロのWスープなのだがこれがなかなかいい
マグロにはカツオのように香りが発散するうまみはないが、カツオによくあるうどんやそばのような味ではなく塩ラーメンによく合う味になっている
うまみの高さではなく深みのあるスープになっている
麺はつるりとした口当たりのいい麺だがやや柔らかいのが気になった
でもこれは茹で過ぎではなく麺本来の柔らかさだろう
限定なのでこのマグロスープはしばらく登場しないようだが個人的には定番メニューのカツオよりもおいしく思えた


[PR]

by oretokumou | 2017-07-06 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺のようじ海 塩ラーメン(鰹)

6月24日阪急十三駅近くに出来た「麺のようじ」の2号店
私は1号店は仕事仲間に薦めるほどの店で、この2号店の期待とうれしさは大きい
e0208833_18003422.jpg
さて2号店の「麺のようじ海」
パチンコ台のような店名だ
ラーメンは塩と醤油があり塩を頼むと「鯛と鰹」のいずれかを聞かれた
店内は鯛のにおいが漂っていてそのにおいが魚臭さをも放っている
それで鯛はやめて鰹にしたのだが、ラーメンが出来上がり食べてみても鯛のにおいが気になって落ち着いて味わえない
スープにはあっさりした鰹の味がするのだがどこかしら鯛の味もする
鰹オンリーではなく鯛もスープに使っているのかもしれない
あっさり基調の塩味で悪くはないと思うのだが店内に漂う鯛のにおいがきつすぎてこのラーメンが持つ本来の味を感じることが困難であったのは残念
好きな店の2号店だけにこれでは終わらないはず
店が落ち着いた時期に改めて食べに行こうと思った

[PR]

by oretokumou | 2017-07-03 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

くそオヤジ最後のひとふり しじみらーめん

この店では過去2回の実食で「はまぐりらーめん」「あさりらーめん」と食べたので今回は「しじみらーめん」をチョイス
e0208833_17465359.jpg
スープは甘くて薄い醤油であっさりしていて行列店にしてはおとなしい感じがする
名物は貝とレアチャーシューでビジュアルから受けるインパクトはある
麺は全粒粉配合の口あたりがツルッとした麺でグループ店の中では一番食べやすくておいしい麺だ
ではなぜ行列店なんだろう
いろいろ観察してみて分かったのだが店員の教育が行き届いている
元気な挨拶はもちろんのこと、店員同士の会話もお互い敬語が交わされていて連携プレーが素晴らしい
人を食ったような会社名(UNCHI株式会社)とは裏腹の人材育成の素晴らしい店で客にまた来たいと思わせるのが行列の秘訣だろうか?

[PR]

by oretokumou | 2017-07-02 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

桐麺 鶏出汁醤油らーめん

三津屋のJETこと「桐麺」(このフレーズ私だけのものです)
この店で清湯スープのラーメンをまだ食べたことがないので今回が初めてだ
十三に出来た2号店の「中華そば桐麺」では一度食べたので比較してみたい
e0208833_09424921.jpg
「鶏出汁醤油らーめん」
魚介あふれる和風だしとオイリーでちょっぴり甘めなのは十三の「中華そば桐麺」に似ている
十三で店主さんが「レシピは違う」と言ってたのだが私はよく似ていると思った
甘さがこちら「桐麺本店」のほうがやや抑えられた感じだ
そして塩分がちょっと強く感じたのだがこれはブレの範囲かもしれない
とにかくこの店の特徴である中太麺が印象的でインパクト抜群
麺ありきのおいしい醤油ラーメンだ

[PR]

by oretokumou | 2017-06-17 10:00 | ラーメン実食 | Comments(0)