拉麺BLUES

タグ:西宮市 ( 25 ) タグの人気記事


元祖博多中洲屋台ラーメン一竜 西宮北口店 赤ダレとんこつラーメン

本日12月8日福岡に本部のある豚骨ラーメンのチェーン店(もしくはフランチャイズ)「一竜西宮北口店」がオープンした。
e0208833_16315978.jpg
場所は西宮市の中津浜線沿いで阪急電車踏切のすぐ南側。
西宮北口店ではあるが駅からはちょっと遠い。
だが駐車スペースが14台分あるので車で移動する人にとっては便利かもしれない。
e0208833_16320720.jpg
店内はテーブル席も多くファミリー向けの様相も漂う。
サイドメニューは焼きめしや餃子もありじっくりラーメンを楽しめる雰囲気がある。
九州でもこういうラーメンレストランが数多くあり昼休みにふらっと寄れるのが懐かしく感じられる。
さてラーメンだが一蘭のような「赤ダレ」入りを頼んだ。(710円)
赤ダレ無しだと680円になる。
スープは関西を意識したのだろうか、臭みというかえぐみを抑えていてまろやかに感じられる。
福岡なら店の中に充満した豚骨の臭さが魅力なのだが関西ではそれがネックになってしまう。
せっかく中洲屋台ラーメンと店名に入れているのだからもっとえぐいのを期待していただけに拍子抜けだ。
麺は固めで頼んだがちょっとほぐれにくいようだ。
関西では「一蘭」と「一風堂」が人気を得ているがこの「一竜」はどちらかと言えば「一風堂」に近いように思える。
この二大巨頭に割って入って行けるのか興味は深い。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-08 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

神戸牛しぼりらーめん生粋 こってり牛醤油らーめん

12月1日西宮市の山手幹線EDIONの向かいに「神戸牛しぼりらーめん生粋」がオープンしたので早速行ってきた。
e0208833_23164767.jpg
それぞれに牛骨を使っているが種類は牛白湯の醤油と塩と味噌の3種と牛骨清湯1種の計4種がある。
このメニューを見ただけで外食関連企業の経営とわかる。
オープン初日ということで客を一斉に入れず少しずつ入店させている。
調理係も配膳係も試行錯誤しながらオペレーションを決めていってる感じ。
特にプレオープンやレセプションをやっていなかったのだろう。
手探り状態でのグランドオープンだった。
そのため外では大勢の客が並んでいた。(30人くらい)
e0208833_23163092.jpg
「こってり牛醤油らーめん」通常730円だが今回はオープニング特価で500円。
e0208833_23163805.jpg
牛骨ラーメンはかなり前だが同じ西宮の「たんろん」で食べたのが初めてだった。
その時は油に牛の味を感じたのだが今回もそうだった。
牛骨を長時間煮込んだ白湯スープの上にたっぷりと油が浮かんでいる。
その油が牛肉を焼いたときに流れ出る油と同じ味がする。
鶏の油が鶏油ならこれは牛油だ。
この油が結構しつこくてこってり感を増幅させている。
だが牛骨の白湯スープ自体はクセのないまろやかなスープで食べやすいのだが豚骨のような病みつきになるうまさではない。
麺は特に思うことはない普通の麺だがスープに合っているのではないだろうか。
チャーシューは牛ではなく豚肉で結構入っているのだがこれはオープン記念のサービスではないだろうか?
メニューの写真よりも多く入っている。
ただこのチャーシューが冷蔵庫で保管していたようで冷たかったのはオープン初日ならではのオープンあるあるだ。
最近あちらこちらで見かける牛スープのラーメンだが個人的にははまるまではいかない。
やっぱりラーメンは豚骨や鶏ガラが一番向いているように思える。
ブームに押し込んでくるというか無理やりブームを誘導することはどうだろう?
今回は「こってり牛醤油らーめん」のみの提供だったので他のメニューも食べてみたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-03 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

贔だしや 貝だし塩そば

来るたびにメニューや提供形態が変わる「贔だしや」。
テコ入れした甲斐があったのか店前に待ち席まで出来ていた。
e0208833_06463037.jpg
当初の「貝だし鶏そば」「貝だし魚そば」「貝だし豚そば」というラインナップはなくなって、「貝だし塩そば」と「貝だし醤油そば」の2本立てとなった。
まあその方が客にとってもわかりやすい。
でもそれじゃあバラエティーが弱いのということで・・・。
e0208833_06463592.jpg
香味油で選択肢を増やすことになってた。
2×3の6パターンから選ぶことができる。
今回は「塩そば」の鶏油をチョイスした。
e0208833_06464280.jpg
だが、このパターンは初回に食べたのと同じ味だ。
ちなみにチャーシューは初回は厚切りだったが、今は食券購入時に厚切りか薄切りを選ぶことができる。
厚切りだと50円増しとなるので薄切りをチョイス。
スープだが貝の凝縮された味はオープン当初から変わらずさすが貝を押しているだけある。
鶏油を選んだので鶏と貝の両方を楽しむことができ、食べ進むうちに油が少なくなると今度は貝のうまみが押し寄せてくる。
麺は柔らか目のつるんとした麺でこれもなかなかいい。
清湯スープの少ない西宮のラーメン屋だが、ここはオアシスのような存在だ。
次は新メニューの「まぜそば」か「貝だし醤油」を食べてみる。

[PR]

by oretokumou | 2017-11-26 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

西宮市の新店情報

山手幹線沿い、EDION向かいの「神戸牛しぼりらーめん生粋」。
12月1日(金)オープン予定。
e0208833_15344168.jpg


もう1軒。
中津浜線阪急電車の踏切南西側のカラオケルームを改装中。
福岡の「中洲屋台ラーメン一竜」のフランチャイズ店。
直営店ではないだけにどこまで本店に迫れるかが注目。
e0208833_15344812.jpg



[PR]

by oretokumou | 2017-11-24 16:00 | ラーメン情報 | Comments(0)

なかた屋 こく煮干しそば

先日阪神百貨店のイートインで「長尾中華そば」の「こく煮干し」を食べてから頭の中が煮干しでいっぱいになってしまって同じ青森煮干しの「なかた屋」(西宮市)が気になって仕方ない。
味の比較もしたかったので行ってきた。
e0208833_18033916.jpg
同じこく煮干しでも「なかた屋」はかなり濃厚でほぼ煮干をかじって油の入った水を飲んでいるような感じだ。
えぐみも感じられ正直これを味わって食べるというのは無理な話で、苦痛すら感じる。
ただ食べ終えた後の充実感は快感に近いものがありその余韻がいつまでも残る。
口の中にずっと残る煮干しの味が心地よくもある。
麺は大げさに言えばスカスカで安っぽい学食のラーメンのようだがこれが懐かしとなり今食べているのに夢の中で食べているような錯覚におちいる。
私はめったにラーメンの添え物には触れないが(麺とスープ中心に感想を書いている)メンマがかなりおいしい。
トッピングもあまり頼まないほうだが次回は麺とネギをトッピングしたくなりメニューの価格を確認。(それぞれ100円)
スカスカの麺と並で180gもあるボリュームでサイドメニューを頼まなくても腹いっぱいになる。
この店は絶対に人にはお勧めできないが自分の中ではベスト5に入る店だ。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-26 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺屋いっちょう 台湾まぜそば

西宮にまぜそばの店があるので行ってみた。
「台湾まぜそば」880円。
値段が高いのは20分間食べ放題の唐揚げとライスの値段が織り込まれているからだ。
e0208833_19040287.jpg
私のまぜそばのチェックポイントは4つ。
1.麺 2.タレ 3.台湾ミンチ 4.魚粉

1.まず麺だが歯ごたえがあるのはいいのだがちょっと固くて麺が詰まった感じがする。
(適度に歯ごたえばありモチっとした麺がベスト)
2.タレに濃さがなく水増しした感じで香辛料の辛さを消してしまっている。
3.辛めの台湾ミンチだが2.で述べたタレの水っぽさがその辛さを消してしまってる。
4.魚粉の味自体はよいが風味が弱い。
ネギに白ネギを使っているのも水っぽさを感じさせる一因ではないだろうか?
タレの量は減らした方がいいと思う。
追い飯が自由に自分で入れられるのがよかった点だ。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-14 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

贔だしや 貝だし豚そば

西宮のたんろんと宮っ子に挟まれた新店だがオープンしてまだ間もないのにもう値上げしていた。
リニューアルらしい。
〇〇がプロデュースしました!という店にはすぐに内容が変わるのはよくあることだがここもそうだったのかという思いが強い。
罠というか策略っぽい。
品名は変わっていないが「貝だし豚そば」はオープン後まだ食べていないのでどのようにリニューアルしたのかは定かではない。
e0208833_18531069.jpg
貝がゴロゴロ入っているが濃いスープに入った貝を食べても貝の味がストレートに伝わってこない。
貝はにぎやかしに添えられていると思った方がいいのかもしれない。
前回と前々回に「貝だし鶏そば」と「貝だし魚そば」を食べたのだが今回食べた「貝だし豚そば」は背脂が入っていて醤油も濃厚なのでこってり感がある。
貝の味はしなくもないのだがこってりさが貝の風味を抑えてしまっている。
それでもこってり好きな若い人たちにはこのほうがいいのだろう。
グループで来た人たちはそれぞれが好みの味を持っているのでメニューに多様さを持たすのはいいことだと思う。
でも貝の味を味わうのなら「貝だし塩そば」や「貝だし魚そば」をチョイスするのがいいだろう。
かといって今回の「貝だし豚そば」は悪くはなくむしろ本来のラーメンとしての要素を持っているのでこれはこれでおいしかった。
うまみ調味料によるおいしさも感じられるが麺がしっかりしていて食べごたえがあるのがいい。
客が少ないのは気になるが個人的には好きな店なのでずっと続けていてほしい。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-08 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 こく煮干しそば

西宮の「なかた屋」が長期休業のあとリニューアルオープンした。
もう閉店かと思われたのだが突然のオープンだ。
e0208833_21081031.jpg
ラインナップに変更がありシンプルなメニュー構成になった。
値段もかつての良心的価格から普通の値段になっている。
まあ700円だから今の相場で言えば安いほうだ。
「こく煮干しそば」を頼んだ。
e0208833_21081914.jpg
スープが超ど煮干しになっている。
以前は煮干しを煮だした清湯スープだったが、今回は煮干しを大量に放り込んだ濁ったスープだ。
決して悪くはなく普通に食べられるのだが、以前の澄んだスープが好きだっただけにちょっと残念な気分にもなる。
あと残念なのがチャーシューが肩ロースからバラ肉に変わったことだ。
これだけメニューががらっと変わったのは経営者が変わったのだろうか?
ただ、麺は以前と同じものでほっとした。
ぜひ清湯煮干しを復活させてほしい。



[PR]

by oretokumou | 2017-07-31 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

贔だしや 貝だし魚そば

先週に引き続き食べに行った
西宮市城ヶ掘という兵庫のラーメン聖地に先週出来た新たな店だ!
e0208833_09282979.jpg
スープ自体は貝の味がしっかり抽出されていて貝のおすましのようなのだが香味油に煮干しを使って魚介風味を合わせている
魚介と貝のうまみがそれぞれ主張しWスープの様に楽しめる
麺はつるっとしたきんせい系統の麺(作ってるのはツルミ製麺らしいが)
おいしいのだがJunk Storyが作っていますという主張がなくて客を引き付ける力が弱いような気がする
その店は誰が作っていますというアピールは必要だ
いわゆるカリスマ性ってやつ
味の付加価値というか、人の魅力も味のうちだと思う
「贔だしや」は誰が作ってますというのがまだ見えてこないし確固たる核というかイメージがない
それは徐々に作り上げられるものだと思うがぜひこの地で繁盛してほしい




[PR]

by oretokumou | 2017-06-11 12:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

満麺の笑み 塩らーめん(海塩) 

西宮のラーメン聖地にジャンクストーリープロデュースの店が出来て活気づく西宮
その陰にあり去年オープンしたこの店は今どうしているのだろうか?
気になって行ってみた
e0208833_06511006.jpg
塩らーめん(海塩)
スープは魚介100%ということで和蕎麦的な味が印象的
えきそばチックな味がする
これをラーメンと呼べばいいのか疑問が残るがかん水を使った麺だからラーメンカテゴリーに当てはまる
動物系が使われていないことで物足りなさを感じてしまうが定期的に通いたくなる魅力はある
オープン以来塩と醤油の2本立てて営業しているようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-06-07 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)