拉麺BLUES

タグ:豊中市 ( 36 ) タグの人気記事


中華そば堀川 醤油そば

昨日行ったら臨時休業で出直して行ってきた。
限定で未食の「にぼしそば」が目当てだったがこの日の昼は提供なしでレギュラーメニューの「醤油そば」を注文した。
e0208833_19194700.jpg
食べるたびにブラッシュアップされていて毎回違った味わいを見せる「醤油そば」。
今回は鶏ガラ味が真っ先に感じられた。
今までは濃いめの塩と煮干の陰に隠れてあまり感じられることのなかった鶏味。
正直鶏ガラを使っているのかいないのか分からないくらいだった。
でも今回は明確に鶏の風味が感じられる。
しかもそれが味を崩していないので今まで食べた中では一番うまい。
鶏のコクがまろやかでそこにキレのある煮干しが加わるのだがその煮干まで包み込んで優しい感じの煮干しに変化させている。
いつも感じる、この店の特色でもある濃度の高い塩分がややおとなしくなっていてすごくいい出来栄えになっている。
麺も硬くもなく柔らかくもなくちょうどいい塩梅で以前のように伸びることもない
もし東京に店を構えたならビブグルマンをも獲得できる実力店だと思う。

[PR]

by oretokumou | 2017-10-02 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン哲史 ホンビノス貝の塩つけ麺(期間限定)

久々の「ラーメン哲史」。
つけ麺のレギュラーメニューがなく限定ならあるので食べてみたのだがこのホンビノス貝、実は全く知らなかった。
調べてみると北米やカナダに生息する外来種らしいが食用になるということで駆除することはないらしい。
生態系が乱れるとかで外来種は駆除されがちだが食用はOKってご都合主義やしないか?
まあええけど。
e0208833_19331566.jpg
ホンビノス貝はハマグリの代用っぽい存在らしいがハマグリよりも異様にでかい。
そしてその味は潮の味が強くて磯臭い味がする。
砂抜きのいらない貝なので身の中に海水がたまっているのだろうか?
それとも内蔵が大きくて塩味が濃く感じるのだろうか?
どちらにしてもこの磯臭さは味付けをした方がおいしく食べられるように思える。
鶏ガラと塩で味付けしたスープで食べるとストレートに貝の味が伝わり過ぎて西洋っぽいくどさを感じてしまう。
麺はさすが麺哲出身の店主だけあっておいしい。
麺にスープをちょこっと付けて食べるのが粋であり麺のうまみを十分感じることができるのでいいかもしれない。
スープは鶏と塩、そしてホンビノス貝から出るエキスから成り立っているが日本の貝のような風味はあまり感じられないので出汁の出にくい貝かもしれない。
さてこのホンビノス貝、食材として広まっていくのか今後注目してみたい。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-01 00:00 | ラーメン情報 | Comments(0)

中華そば堀川 塩そば

前にも書いたが「中華そば堀川」は大阪にあるという感じではなく東京から東北にあるような店のように感じる。
それがまた落ち着ける。
客層は近所の人が多いようだ。
e0208833_19024727.jpg

さて「塩そば」
やはり塩分濃度は高い。
でもそれがこの店の特徴なのでほかの客はしょっぱいと思うであろうが私は想定内のしょっぱさだ。
それよりも魚介の味が枯れた感じですごくいい。
別に古い材料を使っているわけでもないのに枯れた感じがする。
醤油の使い方で出る枯れた味だろうか?
麺は以前の伸びやすい麺ではなくしっかりと歯ごたえの残る麺で理想的だ。
チャーシューはレアで固いのが難点だがこれは時流に逆らわない方法だろう。
いずれにしても他では味わえないここならではの塩そばだ。

[PR]

by oretokumou | 2017-09-09 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 つけ麺

今しばらく食べないと禁断症状になる店が二つある。
一つが「極汁美麺umami」でもう一つが「中華そば堀川」だ。
「極汁美麺umami」は家から遠くても行きたい店で、「中華そば堀川」は家から比較的近いのでついついおろそかになりもうぼちぼち行かなあかんと思ってしまう。
つけ麺は過去2回食べて今回が3回目。
味も忘れかけてた頃だ。
e0208833_18003984.jpg
味は忘れかけてたのだがうまい。
スープがやや甘めなのはつけ麺特有の味だがその分煮干しのビターな感じがない。
(前回はビター感があったように思う)
煮干しと動物系の味がほどよく混ざり合い非常に食べやすくなっている。
個人的にはもっと煮干しを利かせてくれたほうがいいのだがこれはこれで十分楽しめる。

さてこの店、服部にあるのだが店に入った瞬間にまるで関東か東北の店に来たような錯覚を覚える。
煮干し醤油のスープがそう思わせるのだろう。
このトリップ感がまた禁断症状を催すのでちょっとやばい。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-26 21:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 醤油そば(大盛)

この濃い色のスープの写真を見ると煮干しの効いた出汁が想像されて脳が活性化される
何という条件反射
e0208833_08525472.jpg
さて以前に今回と同じ「醤油そば」の大盛りを頼んだ時は麺がだんだん伸びて最後は柔らかくなり大盛りの欠点を感じてしまったのだが、いつからかこの店の麺が腰のあるようになって大盛りでも大丈夫かなという期待で注文してみた
麺は細麺と言ってもいいくらい細いのだがしっかりした密度があり時間がたっても伸びることはない
湯がく時間も調整しているのだと思えるがこれなら大盛りでも大丈夫だ
スープはやはり塩分の効いた濃い味だ
以前一時まろやかになりスープの色も淡くなったようだがまた元の濃い味に戻っている
塩分補給が必要な夏場だからだろうか?
この濃さでさらに煮干しの苦みが効いていれば申し分ない
余談になるがこの日は冷やしメニューが休止で数名の客が冷やし目当てで来ていて残念がっていた
ラーメンもすでに冷やしが認知されてきたようだ

[PR]

by oretokumou | 2017-07-21 10:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 塩そば

前回この「塩そば」を食べたのは体調不良で味覚がおかしかった時
味がしっかり感じられずに食べたのだがネガティブな印象は残っていない
であればしっかりした味覚で臨めばおいしいに違いないと思い注文した
e0208833_22532394.jpg
魚介味がストレートに感じられる
ストレートすぎて魚の臭みまでわかる
魚介&塩
実にコントラストの強い塩ラーメンだ
麺は中細で以前のような柔さはない
ここに醤油を加えたらさらにおいしいラーメンになる
それがこの店の看板メニューの「醤油そば」である
醤油そば最高!

[PR]

by oretokumou | 2017-05-17 12:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 たまり醤油そば

このブログの使い方だがタグを所在地と店名で登録しているので例えばAという店の訪問履歴を探すのであればその所在地(都道府県もしくは市町村)でタグをクリックし、そこに店名があれば店名のタグをクリックすれば全訪問履歴が抽出される
実に使い勝手のいいブログだ!
適宜変更するメニューも自分のお気に入り店に関しては写メをアップするのだ!
e0208833_21265590.jpg
「中華そば堀川」は私のフェイバリットラーメンショップ
それでも「中華そば堀川タグ」をクリックすれば前回の訪問が2017.2.11ということが判明する
3か月前である
「ちょっと間隔開け過ぎだ」と反省
で、今回頼んだのが今まで食べていない限定の「たまり醤油そば」
e0208833_21270391.jpg
この絵づらで東大阪の高井田系ブラックラーメンということがわかる
ブラックペッパーが最大のポイントだ
麺も太麺でもう間違いない
とにかく醤油が濃くて煮干しのビター感があまり感じられないのだがそれでもそこは「中華そば堀川」
スープを飲むたびに煮干し味が感じられる
麺がモチモチでうまい
ちょっと堀川っぽくない限定ラーメンだ


[PR]

by oretokumou | 2017-05-09 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

豊中麺哲 醤油

私の麺哲詣でも年に1回なのか
もっと行ってたと思ってたのだが・・・
今年は月1くらいにしたいけど新店が次々オープンするから無理っぽい
e0208833_08361288.jpg
さて「豊中麺哲」の「醤油」
味は「大阪麺哲」とほぼ同じ味
チャーシューに薄切りバージョンがこの豊中にも登場していたのが新たな発見
やはり世はレアチャーシュー時代なんだな
でもデフォはこの写真の通り分厚い豚肉だ!
10年前は麺哲と言えば関西ラーメン界でも不動の頂点あたりに位置してた
今でもカドヤ、きんせいと肩を並べる三大巨頭の一角を担っている
でも古臭さも持ち合わせているのが「麺哲」だろうか?
いや、店員さんはすこぶる若い
この若さが「麺哲」をこれからも支えていくのだろう
嫌いじゃない、私は
是非とも麺哲イズムをこの先も永らえていてほしいと心より願う
そして私は若きラヲタ予備軍たちに「豊中麺哲を食え!」と言い続けていくのだ

[PR]

by oretokumou | 2017-04-23 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

中華そば堀川 醤油そば

Twitterでマイナーチェンジしたとのツイートを読んだ
であればすぐに食べに行きたいのがラヲタの性
さっそく確認に行ってみた
e0208833_17070867.jpg
おいしい!
今までで一番かもしれない
まずスープの表面に漂う鶏油に鶏のコクが感じられる
今までは鶏の存在が分かりずらいことがあったがしっかりした鶏味だ
全体的にまろやかになったのは前回のマイナーチェンジからだが、今回は醤油を変えてさらに印象が変わった
今までの醤油のえぐい感じがない
それじゃあ「中華そば堀川」のアイデンティティが弱くなったともいえるのだが、醤油がまろやかになった分煮干しの味もくっきりと感じることができる
麺も以前の柔らかさがなくしっかりした固さを残しておりまさしく三位一体となった感じがする

煮干しのビター感と醤油の重厚感がなくなったのは寂しい気もするが進化しているのだから文句は言えない
たまには以前やっていたビター煮干しを限定で出してくれたらと思う

[PR]

by oretokumou | 2017-02-11 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメン哲史 肉醤油

「城東烈火」からはしごで「ラーメン哲史」
麺哲からの独立店は数少ない
破門になった店3軒以外であげると3軒か4軒くらい
そのうち一番家から近いのが「ラーメン哲史」
喫茶店跡に作った店だけに店の外観はラーメン店っぽさがなく隠れ麺哲といった様相
e0208833_09121704.jpg
醤油は麺哲にしては濃いほうかもしれない
麺哲と言えば淡口醤油だから醤油味がくっきりとしていてわかりやすい
そして鶏味というか動物系のコクがすごい
麺も麺哲にしては独特の口当たりでやや縮れたもっちりした麺だ
チャーシューはレアと煮豚で相反する取り合わせ
スープにこくがありすぎてややくどさを感じるもこれが「ラーメン哲史」の特徴なのかもしれない

[PR]

by oretokumou | 2017-01-28 18:00 | ラーメン実食 | Comments(0)