拉麺BLUES

むぎとオリーブ銀座店 鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA 

東京遠征二日目の最後の店は銀座にあった。
東京の銀座って何てゴージャスな街なんだろう。
華やかな大通りは大阪にはない賑わいを見せる。
そういえば大阪には銀座がない。
いや銀座らしい通りがない。
e0208833_06365628.jpg

さて「むぎとオリーブ」だが意外と小さな店だった。
銀座にあるから家賃も高いのだろう。
客層は意外とというかほとんどが若者でセレブ感はまるでなし。
安心して入れる店だった。
e0208833_06370270.jpg
ほとほと困ったのが券売機で店内にはメニューがあるものの券売機表示では何があるのかよく把握できなくて本来食べたかった「鶏SOBA」をスルーしてしまい「鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA」を選んでしまった。
e0208833_06370858.jpg

スープは鶏と煮干しの融合が感じられるがハマグリの味はさほど感じることができない。
トリプルスープの泣き所なのか融合しすぎて一つ一つがわからなくパターンだ。
でもそれは悪くはない。
煮干し感がやや抜きんでているのものの鶏と蛤の追い討ちが舌に伝わってくる。
そしてなによりも麺がいい。
歯ごたえのある麺はテイガク製でこれも「むぎとオリーブ」の特徴となっている。
次来た時は迷わず「鶏SOBA」を選ぶが、つけ麺の食べてみたくなるような魅力のある店だ。


[PR]

# by oretokumou | 2018-11-07 06:37 | 遠征 | Comments(0)

ラーメン巌哲 鮪塩

東京の麺哲「巌哲」
客は早稲田の学生が多い。
e0208833_00052032.jpg
「鮪塩(しびしお)」1000円
e0208833_00052680.jpg
マグロでスープを取った関西ではなかなかお目にかかれないラーメンだ。
スープは意外とあっさりした味で醤油ダレにすればマグロの味が隠れてしまいそうだ。
ということでマグロスープは塩だれしか合わせていない。
その優しい味のスープに麺哲独特のプラスチックのような麺がよく合う。
関西人が東京にきて関西に恋しくなったらこの店に飛び込むのかもしれない。

[PR]

# by oretokumou | 2018-11-06 00:05 | 遠征 | Comments(0)

真鯛らーめん麺魚 特製真鯛らーめん

東京遠征の2日め。
今回の最大の目的が鯛らーめんで有名な真鯛らーめん麺魚。
鯛らーめんの元祖みたいなラーメン店でその味を確かめに行った。

e0208833_10113610.jpg
せっかく来たのでチャーシュー多目で煮玉子も付いた特製真鯛らーめんを頼んだ。
e0208833_10120683.jpg
鯛パイタンの塩味スープは鯛の味をストレートに感じさせてくれる。
鯛のアラを使っているとはいえずいぶん贅沢なラーメンだ。
レアチャーシューも特製だけあってたっぷり入っている。
ただそのうち肉汁がスープに溶け込んで鯛の味を崩しにかかる。
やはりチャーシューはほどほどにした方が良かった。
それとパイタンという高濃度のスープはやはり途中でくどさを感じてしまう。
まだまだこの濃さが癖になるには時間がかかりそうだ。

[PR]

# by oretokumou | 2018-11-04 10:12 | 遠征 | Comments(0)

らぁ麺屋 飯田商店 濃密鶏清湯と濃密昆布水のつけ麺 大つけ麵博


「大つけ麵博」の第4陣(10月25日~31日)は9店舗が参加している。
その中でひときわ目立ったのが「らぁ麺屋 飯田商店」だ。
他の店はせいぜい20人程度の行列だが、この店はおおよそ120人くらい並んでいて待ち時間表示も80分となっていた。
私は東京旅行ということで時間はたっぷりある。
長時間待ちを覚悟で最後尾に付いた。
e0208833_07155585.jpg
80分を覚悟して並んでみたが意外にもその行列はどんどん進んでいく。結局40分ほどでつけ麺を受け取ることになったのだがブースの中では8人くらいの人が配膳をしていてさすが行列慣れした店だけあると思った。
e0208833_07160303.jpg
恐らくこれから他店も同様のものを出してくるだろうと思われる昆布水のつけ麺。
個人的にはヌメヌメしたつけダレは口当たりが悪くてあまり好きではないのだがやはり麺がうまくてなかなかおいしい。
麺は中太ほどの太さでしなやかでつるっとしていてこれぞ日本一の自家製麺だと感じた。

[PR]

# by oretokumou | 2018-11-02 06:30 | ラーメンイベント | Comments(0)

Japanese Ramen Noodle Lab Q 北海地鶏醤油らーめん 大つけ麵博

e0208833_06472686.jpg
東京の新宿で行われた「大つけ麵博」今回はサブタイトルが「ラーメン日本一決定戦!!」となっている。
サブタイトルというか実質的には本題となっており、今やつけ麺だけでは限定感があるのだろう。

e0208833_06473567.jpg
「北海地鶏醤油らーめん」
e0208833_06475334.jpg
おそらくこれは「近鉄あべのハルカス店」の催事で出たものと同じであろう。
鶏油が特徴の鶏醤油清湯ラーメンだ。
スッキリしてコクのある醤油に鶏油がまろみを与えるとにかくおいしいラーメンだ。
スープは最後の最後までクリア感がありごくごく飲める。
麺もツルるんとしたストレート麺でなんぼでもすすれるように感じる。
だがこの手のラーメンってみな同じような味に感じてしまう。
画一的でそれぞれの店の抜きんでたところが感じられない。
それでも私個人としてはこの清湯スープが今のところ一番好きな味かもしれない。
それよりもこの店の催事にかける姿勢はすごいと思う。
店で食べる味と感動を催事でも余すところなく感じさせてくれるのがすごい。

[PR]

# by oretokumou | 2018-11-01 06:48 | ラーメンイベント | Comments(0)