拉麺BLUES

麺や一芯 白しょうゆ

前にも書いたが神戸は鶏清湯ラーメン店がなかなか出てこない。
そこでこの「麺や一芯」に期待が集まる。
まだ食べていないセミレギュラー的な「白しょうゆ」を食べてみた。
e0208833_19421191.jpg
これは煮干し系の魚介味が鋭い。
前回食べた「鶏しょうゆ」のように醤油ダレは若干甘めのまろやかな味。
それを甘ったるくせず煮干しで引き締めている。
数量限定だけにレギュラーの「おしげしょうゆ」よりもインパクトは強い。
コストの問題もあるがむしろこちらをレギュラーにとも思う。
いや色々食べられるのいいのかもしれないが。

[PR]

# by oretokumou | 2018-06-22 19:43 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 つけ麺

今月長期休業から復活した「なかた屋」に「つけ麺」も復活した。
私は「なかた屋」のつけ麺よりも中華そばのほうが好きだがそれでも気になる復活の「つけ麺」を食べてみた。
e0208833_19025905.jpg
想像通りの粉系の煮干しがすごく効いたつけダレだ。
そしてそれに呼応するかのように醤油ダレがいい感じで絡み合ってる。
つけ麺では魚介豚骨ってよくあるが、これは魚介醤油である。
このスープ、麺に絡めて食べるのもいいのだがスープだけ味わってもなかなかのものだ。
つけ麺にしては麺が腰がなくて柔らかいのだがそれでもスープのうまさが帳消しにしてくれる。
店主さんが青森の本店で修行して西宮に持ち込んだ煮干しラーメンと煮干つけ麺は今のところ関西のほかでは味わえないので貴重な店だと言える。


[PR]

# by oretokumou | 2018-06-22 19:04 | ラーメン実食 | Comments(0)

元長屋 ラーメン

博多の有名店「元祖長浜屋」で20年修行し独立した店が姫路にやってきた。
なぜ姫路にということが気になるが、播州には播州ラーメンなるものが西脇市に存在するもののそれ以外は豚骨ラーメンが幅を利かせている。
車の運転でも交差点で右折車を優先するお先にどうぞ的な運転が姫路で見られたが、これは福岡でも頻繁にみられる運転特性だ。
福岡と姫路は共通点が多い。
e0208833_19162408.jpg
スープは薄い醤油ダレを入れて豚骨スープを引き締めている。
福岡で食べた味と若干の違いがあるような気がするが福岡で食べたのより食べやすい。
逆に言えば豚骨のクセがやや弱い感じだがそれでも食べた後の豚骨ラーメン独特の至福感は半端なく感じられる。
食べた後の余韻が長引くのでしばらくたつとまた食べたくなる。
習慣性のあるうまさだ。
麺は固めんチョイスでやや硬い。
実は普通に茹でたほうがおいしいのだが博多流に言うと艶つけて固めんを頼んでみた。
姫路に来れば長浜ラーメンが食べられるのはうれしい。
高槻の鷹が閉店したのでなおさらだ。

[PR]

# by oretokumou | 2018-06-17 19:40 | ラーメン実食 | Comments(0)

なかた屋 こく煮干しそば

長期間休業していた西宮の「なかた屋」が6月11日に再開した。
メニューが一部変更となったのだが店主さんが女性から男性に変わっていた。
その男性とは以前の女性店長の弟さんのようで青森の本店で修行してきたようだ。
e0208833_08190930.jpg
メニューは「こく煮干しそば」と「つけ麺」の2本立てで今回は「こく煮干しそば」を注文した。
e0208833_08191902.jpg
濃度は以前のものと同じくらいで濃厚な煮干しだがマイルドさはこちらの方がいいようだ。
スープに動物系を使っているというある客のツイートがあったが味わってみて動物系が使われているかどうかは判別がつかない。
でもとろりとしたコクのある味は動物系のものかもしれない。
麺が前回のものとはかなり変わっていた。
以前のものよりも加水が高くなっていて歯ごたえが弱い。
以前のものはもさもさした感じで口当たりは悪かったがそれでも食べなれていたせいか今回のスープをはじく感じの麺は違和感を感じた。
まあこれも慣れだと思うがメンマの味付けが弱いのがちょっと残念だった。
次は「つけ麺」を食べてみる。

[PR]

# by oretokumou | 2018-06-17 08:32 | ラーメン実食 | Comments(0)

麺や一芯 鶏しょうゆ

オープン当初は「おしげ醤油」と「おしげパイタン」の2本立てだったが徐々に品数を増やしつつある「麺や一芯」。
最初は何か拍子抜けの感があったがそれも解消されつつあるようだ。
注目点は清湯醤油に力を注いでいることだ。
神戸といえば白湯が主流でなかなか清湯スープに注目が集まらない。
その殻を打ち破ってくれるパワーを感じるのが今回行った「麺や一芯」だ。
今回はその新メニュー「鶏しょうゆ」を食べてみた。
e0208833_18471227.jpg
魚介を廃した鶏清湯だ。
鶏油はほどよく入っていて特有のくどさはない。
醤油がキレというよりまろやかなでマイルドな味だ。
突出したアピール感は無いが優しい感じの鶏清湯でそこはかとなく懐かしさも感じる。
これならこの先何度食べてもいいと思った。
まだまだ客も少ない(失礼)ようで落ち着いて食べることができる。
でも繁盛してほしい。

[PR]

# by oretokumou | 2018-06-15 20:46 | ラーメン実食 | Comments(0)