拉麺BLUES

なかた屋 こく煮干しそば

今年も残り数日となりラーメンの食べ納めにかかろうと思う。
食べ納めということは私の好きなラーメン屋が中心になる。
そのトップバッターは西宮の「なかた屋」。
関西でも数少ない青森煮干しラーメンを出す店だ。
この日は「こく煮干しそば」にメンマをトッピングしてみた。
e0208833_14101231.jpg
煮干も濃いがオイルもたっぷり入っていて重厚感がある。
そしてこの店の特徴ともいえる塩分の濃さが客を選別する。
好きな人は好きだがこの塩分の濃さは嫌いな人もいるだろう。
まあこの日も塩分が濃かったが私は難なく食べることができた。
塩は高血圧やその他の身体への悪影響は大きいので控えるべきかもしれない。
でも塩分不足になる夏向きのラーメンかもしれない。
塩は体に悪いが夏場に熱中症で不足するのもまた悪い。
夏にラーメンを食べるのはむしろいいことかもしれない。(ほんとか?)
麺はいつものぼそっとした感じでこれも好き嫌いが分かれそうだ。
でも青森のラーメンがこのぼそついた麺ならこれはこれで趣がある。
今回はメンマトッピングをした。
前回「こく煮干しそば」を食べた時にメンマがやたらうまかった。
それで100円追加してメンマをトッピング!
小皿に入ったメンマが100円だ。
結構食べごたえはある。
ただ味付けが塩辛かったので前回食べた時のようなおいしさはなかった。
メンマも毎回同じ味でないということが今回よくわかった。


[PR]

by oretokumou | 2017-12-28 14:04 | ラーメン実食 | Comments(0)
<< 宮っ子ラーメン伊丹店 宮っ子ラーメン 銀座 篝 大阪店 蛤と牡蠣醤油... >>