拉麺BLUES

なかた屋 背あぶら濃厚魚介中華

e0208833_20261271.jpg
6月に長期休業ののちにリニューアルオープンした「なかた屋」にメニューが追加された。
今回新たに加わったのは「煮干し中華」「濃厚魚介中華」「油そば」だ。
一気に3つもメニューが増えどれにしようか迷ったが「なかた屋」創成期のオリジナルメニューであった「背あぶら濃厚魚介中華」をオーダーした。

e0208833_20260780.jpg
すっきりした煮干しそばに背脂を加えたこってり感を増したラーメンだ。
麺はプリッとした歯ごたえとツルツルした触感が感じられるが麺の味は独特の無味乾燥な味わい。
これは「なかた屋」創業当時から引き継がれているが今回は麺に固さを感じ6月にリニューアルした時は柔らかさを感じたので改良したのかもしれない。
スープは塩分の効いた濃い味だ。
この店のラーメンはそれぞれの具材や素材が突き抜けていて悪く言えばバランスが悪いのだがそれが強い印象となって脳裏に焼き付いてしまう。
それ故にまた食べたくなってしまうのが不思議だ。

[PR]

# by oretokumou | 2018-10-23 10:13 | ラーメン実食 | Comments(0)

阿波座10番 10番ラーメン

10月17日西宮市中前田に新店がオープンした。
メインは豚骨ラーメンだが二郎っぽいのやら油そばもラインナップされている。
今回はオープン記念ということで煮卵とノリとご飯つきで500円の「10番ラーメン」をオーダーした。
e0208833_20255705.jpg
ごくごく博多ラーメンに忠実ではあるが臭みを抑えてすっきりとした感じもする。
豚骨の濃度は高くなくその分塩だれが効いていて塩分の濃い味になっている。
それでもクセがない分すごく飲みやすくてかなりおいしい。
麺も博多風細麺でぱつんとした歯ごたえが心地よい。
病みつきになるというところまでは行かないもののこれはおいしいのでまた食べてみたくなった。

[PR]

# by oretokumou | 2018-10-17 20:38 | ラーメン実食 | Comments(0)

くそオヤジ最後のひとふり あさりをふんだんに使った〆の一杯 まんパクin万博2018

今月閉店する「くそオヤジ最後のひとふり」が「まんパクin万博2018」に登場!
平日のオープン時なのでまだ人は少ないがくそオヤジだけが行列だ。
e0208833_18410619.jpg
あさりをふんだんに使った〆の一杯 (850円)
チャーシューこそないがあさりが店で出すのより多く入っていて850円だから良心的な価格だ。
250円プラスでチャーシューが4枚入るのでそっちにすればよかったと悔やむ。
e0208833_18411432.jpg
麺は全粒粉配合の中太麺でこれがなかなかおいしい。
スープも店で出しているのとほぼ同じでやや甘みがあるしつこさのない醤油味で飲みやすい。
過去にも書いたが個人的には並んでまで食べたいとは思わないがこうまで行列ができると好奇心で味わいたくなる。
食べて大満足とまではいかないがそこそこ満足のできる味で入場料を払ってまで来た甲斐はあった。
e0208833_19070410.jpg
ラーメン一杯じゃあ物足りないので唐揚げとコロッケも食べてみた。
からあげがおいしかったが小さくて量が少ないのがちょっと不満。


[PR]

# by oretokumou | 2018-10-16 08:00 | ラーメンイベント | Comments(0)

中華そば無限 中華そば無限

「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」のビブグルマンに大阪から3軒のラーメン店が選出された。
まず「ラーメン颯人」は前回より継続選出であとは「中華そば無限」と「ぎょぎょぎょ」だ。
ビブグルマンに選ばれるとたちまち人気行列店になるので混まないうちにと「中華そば無限」に行ってみた。
なお、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」という文字を他のサイトからコピペしたら文字がでっかくなってしまった。
戻し方が分からんのでこのまま表示させる。
e0208833_08311183.jpg
さて、中華そば無限だが今回「中華そば」をチョイスした。
ほかに「油そば」と「煮干しそば」があったが「中華そば」がメインのようだ。
スープだが、「名古屋コーチンの丸鶏と水と醤油だけを使った贅沢なスープ」と券売機に書かれていた。
確かに贅沢だ。
で今回食べたのは実は名古屋コーチンのガラも入っていて翌日から発売すると告知されていたビブグルマン掲載記念の「ダブルコーチンの中華そば」だった。
ガラも入れたらコストを下げるのかと一瞬思ったがそうではないようだ。
ブラッシュアップと言うのか、味にコクや深みを出しているようだ。
要は鶏の味を分かりやすくしたような感じだ。
それでも最後にふりかけられた鶏湯が味覚の全面にくるのでその鶏感とか奥行きは正直分からなかった。
あと麺が茹で過ぎで柔らかかったのが気がかり。
個人的な好みは固いというか噛み応えのある麺が好きだからこれは好みの相違か?
あっ、ようやくデフォの文字の大きさに戻ったが、最近小さな文字が読みづらくなったので大きいほうが読みやすい。
でも大きくする方法も分からないので次回からはまたデフォの文字になるかも…


[PR]

# by oretokumou | 2018-10-15 08:31 | ラーメン実食 | Comments(0)

坦坦麺専門店 DAN DAN NOODLES. Enishi 香醇

「坦坦麺専門店 DAN DAN NOODLES. Enishi」に「香醇」が新たに加わっていた。
オープン時には「」はなく「中辛」が」の役割をしていると思っていた。
でも「中辛」は別物のようだった。
では「ラーメンまぜそばえにし」の時に私が一番好きだった「」をいただいてみた。
e0208833_08551646.jpg
」辛さ。しびれノーマル。
e0208833_08544633.jpg
「ラーメンまぜそばえにし」の「香醇」の味はだいぶ忘れてしまった。
で、今回食べた味はタレの味がしっかり感じられて芝麻醤を使っていないのできりっとした辛さと痺れを感じることができる。
そして「ラーメンまぜそばえにし」の瀬口店主が宇治の「晴耕雨読」で出している「汁なし担々麵 酢」の味によく似ている。
いや似ているというよりほぼ同じレシピを「坦坦麺専門店 DAN DAN NOODLES. Enishi」に提供しているのかもしれない。
「坦坦麺専門店 DAN DAN NOODLES. Enishi」の「香醇」は酢を使っているものの「晴耕雨読」ほどは酸っぱくない。
でも卓上に昆布酢や辛子酢を置いているのでそれらをうまく使えば「晴耕雨読」のよ唸酸味のある味にできそうだ。
唐辛子や花椒の辛さと痺れがストレートに感じられてうまみもあるが、「中辛」のほうがよりうまみが感じられる。
ここのメニューの中では私は「中辛」が一番好きだ。

[PR]

# by oretokumou | 2018-10-13 04:36 | ラーメン実食 | Comments(0)