拉麺BLUES

カテゴリ:ラーメン談義( 12 )


ロックンビリーS1

e0208833_20423218.jpg

まさかの尼上りのロックンビリーS1
東京ではラーメンウォーカーで全国区ナンバーワンを獲得したお店
全国区といえども知名度は関東地区以外はそれほどでもないのかもしれない

尼崎に来てオープンして2週間
初日こそ早朝より行列が見られたが二日目からは落ち着きを見せ
その後は行列もなく拍子抜けといった様相
やっぱ地関西のラーメンって東京都と相通じない部分が多々あるようだ

つけ麺にしても関東流濃厚豚骨魚介はすぐさま「またおま」とののしられつけ麺衰退の要因となった
で、今関西で容認されているつけ麺といえば鶏清湯主体のラーメンの延長線上にあるものであって
それはつけ麺の醍醐味というよりラーメンの麺量が多いタイプという
食いごたえのあるものでしかない

まだ名古屋では関東流のつけ麺が認知されていて丸和、中村屋など関東流の店が好まれている

関ヶ原を超えると食文化は大いに変化を見せる
それはラーメンしかり

ロックンビリーS1が尼崎に骨をうずめる覚悟で来たという
口先だけでなく本当にそうなってほしいと私は望んでいるが
現状を見ると玉五郎の二の舞になりそうで気が気でない

多くの客に来てほしいがどうも不安になってしょうがない
[PR]

by oretokumou | 2014-07-26 17:02 | ラーメン談義 | Comments(0)

濃厚系を食べると必ず・・・

淡麗系と濃厚系はラーメンの二極化現象
私は最近は淡麗系が好み
それでもただ単にあっさりなのはちょっとがっかり
淡麗かつ油の濃いラーメンがベスト

一方濃厚系はというと最近は敬遠がち
濃厚豚骨や濃厚鶏白湯はうまいのだが食べた後が問題
おなかが緩くなるのである

スープを飲み干すからいけないのであろうが、せっかく作ってくれたんだからどうしても飲んでしまう
そして帰途に着く途中で便意をもよおしてしまう

大量の脂で構成された食べ物を食べたのだから当たり前といえば当たり前のこと
それでも懲りずにまた食べてしまう悲しいさが

そういうことで最近は淡麗系についつい食指が向いてしまう
[PR]

by oretokumou | 2013-12-20 17:54 | ラーメン談義 | Comments(0)