拉麺BLUES

支那そばかりん 味噌そば

また阪神尼崎徒歩圏内の「支那そばかりん」に行った。
とにかく「塩そば」がうまいので他のメニューも気になる。
で、今回は「味噌そば」を食べてきた。
e0208833_18531324.jpg
味噌ラーメンと言えばまず思い浮かぶのが札幌ラーメンだけど、この店の味噌ラーメンはあっさりした感じで「みつか坊主」に近い。
動物系のコクや油分を抑えておりさらっとした味噌汁のようなスープだ。
濃厚な味噌を期待してたのだけどこの店のコンセプトはあっさり系なのでこれは正解かもしれない。
麺はこの味噌に合わせているのか塩や醤油の麺とは違うような気がする。
ツルっとした食感だ。
ちょっと箸でつかみづらい。
残すはあと油そばのみで次回も楽しみ。



[PR]

# by oretokumou | 2018-01-22 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

田中の中華そば 中華そば

店舗に看板がなくて外見もラーメン屋っぽくなくてなかなか探せなかった「田中の中華そば」。
「塩元帥」「人類みな麺類」にいた方が独立して出店したらしい。
であれば期待は大きい。
込むことを避けて平日に行ってみたが11時オープンということで待ちなしで入れた。
e0208833_14475272.jpg
「中華そば」と「貝そば」の2種類があるがまずは「中華そば」を頼む。
醤油がキレッキレではなくふんわりとした感じで人類系統の味を思わせる。
カツオの風味があるがそれもまろやかな感じ。
こじんまりとまとまった感が強く、突っ張ったところも欲しい気がした。


[PR]

# by oretokumou | 2018-01-20 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

きんせい総本家夢風 弓削田生醤油そば (限定)

以前一日限定で食べた「トリュフ香る醤油」がレギュラーメニューになっていた。
でも1杯1000円。
ワンコインならぬワン札だ。
出来ればコインで済ませたい。
e0208833_15510330.jpg
そしてこの日は一日限定、しかも15食しかない限定メニューが出された。
「弓削田生醤油そば」(900円)
店主の趣味の領域みたいな限定らしい。
当然利益はあまりないという。
とにかく値段の高い醤油とイカ魚醤、鶏ガラ、鶏油だけで作ったスープはシンプルこの上ないだろう。
昔懐かしとも言われかねない醤油ラーメン。
はたしてお味は?
e0208833_15510702.jpg
とにかく一口目にすすったスープがいい。
キレッキレの醤油で鶏の味も素晴らしくいい。
鶏に臭みがなく、それでいてコクがあり、食べた後も口の中にその粘り気みたいなのがずーっと残っている。
何がいいのか?鶏の油なのか?
いろいろ考えてみても今回使った素材は数えるほどだ。
鳥ガラ、鶏油、生醤油、イカ魚醤それ以外のものは使っていないというシンプル構成。
それならだれでも作れそう。
でも最高においしい。
これ、レギュラーで売るとしたら1000円越えらしい。
だからおいしいのだ。
おいしいラーメンは金かければ作れる。
でもそれでは売れない。
そんなラーメンを今回作ってみたとのこと。
しかも1000円でおつりが戻ってくる。
ラーメンの奥深さを垣間見た。

[PR]

# by oretokumou | 2018-01-19 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

支那そばかりん 塩そば

先週に引き続き「支那そばかりん」で実食。
先週食べた「醤油そば」は一口目がやたら旨くて感動し、食べ進むにつれてうまみが減退し、尻すぼみだったのだが、今回の「塩そば」はどうだろう?
醤油でマスキングされることがないので素直に出汁の味が伝わり最後まで楽しめるはずだ。
e0208833_14233931.jpg
今回も最初の一口は最高にうまい。
このタレ秀逸すぎる。
感じとしては塚本の「麺やひなた」のような味だが香味油がとにかく惹きつける。
「醤油そば」ほどの魚介感はないがその分鶏の味が感じ取れる。
「塩そば」だが塩分がきついわけではなく全体的にまとまっている。
そして最後に残ったスープまでおいしくて大満足。
今まで食べた淡麗系の塩ラーメンの中では一番のうまさかもしれない。
「支那そばかりん」としてオープンして1年、メニューも味噌と油そばが登場しまだまだ進化しそうだ。




[PR]

# by oretokumou | 2018-01-17 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

あの「中華蕎麦とみ田」が映画に!

2月17日~【大阪】シネ・リーブル梅田 06-6440-5930

 2月17日~【大阪】シネマート心斎橋 06-6282-0815


話題にならないと忘れそうなのでリンク貼ります。



[PR]

# by oretokumou | 2018-01-15 00:00 | 映画 | Comments(0)