拉麺BLUES

タグ:伊丹市 ( 18 ) タグの人気記事


がふうあん 鶏のこく塩ラーメン そして2017年月別ベストラーメン10~12月

大晦日の昼はほとんどのラーメン屋が休みに入っている。
「がふうあん」も昼は休んで夜のコラボ営業の準備にかかっていると思ったら普通に営業していて驚いた。
正真正銘これが今年のラーメン食べ納めになるかも。
もしかしたら同じ「がふうあん」で22時からの夜営業が最後になるかもしれない。
e0208833_19154992.jpg
「鶏のこく塩ラーメン」は以前よりも魚介味が強くなっている。
そしてそれがうまみをもたらしている。
麺も以前と変わっていた。
以前はパツツンとしたキレのある麺だったがそれが弱くなっている。
しなやかさがあるのでまろやかなスープには合っている。
これとあれがいいというのではなく一つにまとまったおいしさがある。
以前はコアなファン層が多かったが年齢の幅の拡がるラーメンにスライドしているような気がした。


さて2017年月別ベストラーメンの続きを。

10月
この月は札幌遠征と百貨店催事が目につくがそれでも一番おいしかったのが「豊中麺哲」だ。
薄口の醤油が味を壊さないスープと絶妙の固さの麺がいつもながならにすばらしい。
11月
11月はラーメンを食べるには一番いい季節かもしれない。
寒くもなく暑くもないベストコンディションだ。
芦屋の「ふうりん」は久々に食べたがとてもおいしかった。

12月
ラーメンEXPO2017」で食べたご当地ラーメンが尾道の旅情を思い出させてくれた。
「尾道ラーメン喰海」



今年もご愛読ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。



[PR]

by oretokumou | 2017-12-31 19:30 | ラーメン実食 | Comments(0)

宮っ子ラーメン伊丹店 宮っ子ラーメン

宮っ子ラーメンの伊丹店に行ってきた。
伊丹店ではあるが伊丹市の最北端の宝塚市と言ってもいいくらいの場所にある。
e0208833_17450632.jpg
宮っ子ラーメンって本当においしいと思う。
豚骨ベースなのだが博多の豚骨とはちょっと味が違う。
神戸の「もっこす」に近いのだが「もっこす」は油分のこってり感が強い。
そして「もっこす」がしょっぱくて「宮っ子」が甘い。
似ているのだが全然ちがう感じがする。
数年前に「宮っ子」は阪急電鉄の傘下に収まった。
だから味が平坦で薄っぺらなものになったかと言えばそうではない。
今でもすごくおいしい。
昨今のラーメン業界はヒットすればそれを別の会社に売り払ってしまうことが多い。
いわゆるビジネスモデルになってしまっている。
会社は営利を追求するのでそれは他人がとやかく言う余地はない。
でも阪急系列に収まっても宮っ子は宮っ子であり、この味が堪能できるのであればもう阪急でも阪神でもどこでもいい。
そこで阪急に移管されてこの味を出し続けているのであるのだから阪急電鉄グループには感謝だ。
ラーメン1杯が620円。
これはすごく頑張っている。

[PR]

by oretokumou | 2017-12-29 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

どうとんぼり神座イオン伊丹昆陽SC店 小チャーシュー煮玉子ラーメン

朝9時から開いているイオンのフードコート。
やっぱり人気は神座だ。
一番安い「おいしいラーメン」(545円)にしたかったがちょっと恥ずかしくて「半チャーシュー煮玉子ラーメン」(802円)にした。

e0208833_18413086.jpg
とにかく白菜と肉の煮込まれた味が強い。
甘くて少し酸味があって何か懐かしい味もする。
ラーメンというより鍋物のような気にさせるのはたっぷり入った白菜のおかげ。
麺も硬さを感じるあの独特の麺だ。
この麺がなければ神座のラーメンとは言えない。
肉もちょっと塩味がきついが昔の中華料理屋のチャーシューっぽくて懐古的になる。
すごく久々に食べたのだがやはりこの味はくせになりそう。
残念ながら今はラーメン屋が多すぎてなかなか神座に来ることがないのだが、ローテーションに加えてもいいくらいおいしいかった。





[PR]

by oretokumou | 2017-12-05 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

夢屋台伊丹店 夢らーめん

超ひさびさに夢屋台。
尼崎店が本店で、もう10年以上前からある言ってみれば老舗的な店。
当時は豚骨といえば臭いスープの認識で「夢屋台」はそれを食べやすい方向に持っていった尼崎の開拓者的な店。
それでも地味に店を増やして今では5店舗に拡張した地道な経営で知られる尼崎の中心店。
当時は虎一番、麺屋花星、ヒゲ犬とともに尼崎四天王を誇っていたような記憶がある。
その中でも夢屋台は一番地味な存在だった。
e0208833_19061415.jpg
味は豚骨でこってり感がある。
以前尼崎店で食べた時はかなり好きな味だったがこれはちょっと違うような気がした。
当時はまだラーメン屋も少なく私自身豚骨ラーメンが好きで進化系豚骨を求めていてまさに求める味だった。
豚骨のこってり感を持ちつつクセのないおいしさもあった。
時代は流れ味が変わるのはいいことだが昔のはおいしかったと思うのは過去に対する美化かもしれない。
もしかして尼崎店と伊丹店では味が違うのかもしれないので一度尼崎店にも寄ってみないといけない。


[PR]

by oretokumou | 2017-10-25 00:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

がふうあん バイブそば(限定)

がふうあんのコラボ。
コラボ店は、がふうあん×零一弐三×やまの×千茶屋×アモーレ。
参加店多すぎて何が何やらよくわからないが、要はお祭り騒ぎのようだ。
基本コラボは好きじゃないが、「ワイワイやってます!」みたいなのが魅力なので行ってみた。
e0208833_08244795.jpg
「バイブそば」850円。
ネーミングがもうおちゃらけでお遊びムード全開。
それでもラーメンは真面目に作った感が半端ない。
鶏と豚骨のスープが根底にあるものの煮干しのビター感がいい。
煮干しの味がこれ以上ないくらいのベストな状態だ。
泡と煮干しの取り合わせもいい。
泡は鶏と豚が作り上げたものだが、そのうま味と煮干しのベストな味がシンクロナイズして久々においしい超煮干しそばをいただいた。
1杯850円だがこれはすごく価値がある。
わざわざ4店の店主が出張して提供するとなると赤字は必至。
これ以上のお遊びラーメンはないだろうし味も文句なしの一杯だった。
こんなお遊びならいつでも付き合いたい。

[PR]

by oretokumou | 2017-08-23 09:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

博多豚骨ラーメンまるせん伊丹中央店 ラーメン白

関西スーパー伊丹中央店のフードコートに神戸を本拠に置くラーメンチェーン店「博多豚骨ラーメンまるせん伊丹中央店」が先日オープンした
関西スーパー伊丹中央店といえば関西スーパーの本店であり本社のある場所だ
だが、このあたりは次々と商店街の店舗が閉店し、そのあとにはマンションが次々と建っていく
しかもこの周辺には近年「阪急オアシス」が次々と新店をオープンさせ関西スーパーを隅に追いやる勢いで攻め込んでいる
関西スーパー本店のリニューアルは社運を賭けたテコ入れだと誰の目にも明らかだ
e0208833_17180876.jpg

今回食べたのは豚骨ラーメン
私は豚骨ラーメンマニアでありファンでもある
だがフードコートなら食べずしてその味は想像できる
あんな感じだなと・・・
で、食べてみたらやはりその通りだった
これは別に悪いことではない
スーパーの客がメインなんだから幅広い要求を満たさなければならない
そこにこだわりの豚骨ラーメンを出しても客にしてみれば「なにそれ?」といった反応だろう
実際食べてみて思ったのがまったく臭みのない味である
こだわりの店も「手間をかけて臭みのないスープを作りました」というコメントがよく聞かれる
豚骨マニアの私としては「本当にそれでいいの?」と思うことがある
だが豚骨ファンの私は「臭みのないのは食べやすくていい」という反応も示してしまう
フードコートという状況ではこのラーメンに対する評価は良と言える
価格は650円でやや微妙な価格設定
スーパーのお客さんはきっと高いと思ってるんだろな
かつてこの阪急伊丹駅界隈に「虎と龍」というチェーン店にしてはかなり本格的な豚骨ラーメンを出す店があったのだがすでに閉店してしまった
その穴を「博多豚骨ラーメンまるせん伊丹中央店」(本社は神戸市)が埋めてくれるのだが神戸~姫路は意外と博多ラーメンのアンテナショップ的なチェーン店が多い

追記
麺はやわ目で出されたので麺固めで頼むのが得策かもしれない
高菜と紅しょうがは自分で入れることができる

[PR]

by oretokumou | 2017-07-07 20:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

がふうあん 我風ブラック

飲み会の締めにがふうあん
飲んだ後は体が塩分を欲するらしい
それで締めにラーメンということになるらしいのだが私の場合はただただラーメンが食べたいだけ
それでも濃いラーメンがこの日は食べたかったので「我風ブラック」を頼んでみた
e0208833_10004297.jpg
濃い醤油と思ってたがこれが意外と濃く感じられない
その分煮干しの味がすごく感じられる
まあ酔っていたので味に関してはこの程度のコメントしか思い浮かばない
なんかあっという間に食べつくしたような気がする
まあおいしいからそうなったのだろう
ただ麺がちょっと固いような感じだった
ゆで時間うんぬんより麺自体の持つ固さ
この固さはわりと好評なのだが酔って食べると「固い」という単純な感想しか思い浮かばない
真偽のほどはしらふで食べに行くしかない

[PR]

by oretokumou | 2017-01-27 10:01 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンおざき屋 白おざき

先月「虎と龍伊丹店」の居抜きでオープンした店
前回はプレオープン初日での実食だったが、今回は正式オープン後
抜かりのない営業をしているのだろう
この日の夜は外待ちができるくらいにぎわってた
e0208833_08303495.jpg
前回は牛骨清湯スープの「おざきらー麺」を食べた
今回は牛骨白湯スープの「白おざき」を注文
さて白湯というフレーズだがいつしかラーメンにも導入され認知されている
鶏白湯で使われたのがきっかけと思う
でも豚骨はあまり白湯というフレーズは用いられない
そもそも豚骨イコール白湯というイメージが出来上がっている
牛骨においては清湯、白湯で区別したほうがわかりやすい
で、今回食べた牛白湯だが鶏、豚とは違ってマイルドでクリーミーで臭みが少ない
処理方法でそのようになったのかもしれないが鶏や豚とはまた違った味が感じられる
油の味がステーキの肉汁のような風味がある
スープのすっきりさでは牛>鶏>豚の順であるがインパクトや病みつき度では逆に豚>鶏>牛になってしまうような感じだ
今回辛さなしを選んだのでそういう順位付けになってしまったのかもしれないが「小辛・中辛・大辛」が選べるので物足りなさを補うには辛さを選べばいいのかもしれない
麺は多加水の縮れ麺でスープとの相性はいい

[PR]

by oretokumou | 2016-11-04 15:30 | ラーメン実食 | Comments(0)

ラーメンおざき屋

まだプレオープン中だけど伊丹に新店誕生!
ここは以前「虎と龍伊丹店」のあったところでほどんど前のままの状態で営業されている
高菜と紅しょうがの入れ物もそのまま使っているのが微笑ましい
e0208833_18235482.jpg
まだプレオープン中なのであまり突っ込んで書かない
正式オープンは17日とのこと
e0208833_18241180.jpg
「おざきらー麺」
牛骨を煮込んだ清湯スープだ
確かに牛スープらしいうまみあふれる味がする
今回手違いで中辛を選んでしまった
辛さなし、小辛、中辛、大辛がチョイスできるようだがてんぱって中辛にしてしまった
私の本意としては辛さなしで食べたかったのだが・・・
それでも先ほども書いたように牛スープのおいしさは感じられる
ただ豚や鶏に比べるとそのおいしさも素直すぎて物足りない
ヘビー感がないのである
あるいは醤油の濃さもない
逆に醤油の濃さがあるとこの素直な牛のうまみは完全に打ち消されてしまいそう
広く多くに愛される味なので今後の接客やサービスにかかってくるのではないだろうか?
もう一つのメニューに「白おざき」というのがあり、これは牛の白湯スープのようである
正式にオープンしたらこれを食べに行こう
e0208833_18480669.jpg






[PR]

by oretokumou | 2016-10-15 08:00 | ラーメン実食 | Comments(0)

「虎と龍伊丹店」あとに「ラーメンおざき屋」オープン予定

「虎と龍伊丹店」が突然閉店
そのあとに入るのが「ラーメンおざき屋」
e0208833_20543475.jpg
スープは牛骨を使用
「まこと屋」のようなスープになるのだろうか?
e0208833_20551206.jpg
伊丹は阪急伊丹線という盲腸線のターミナルでありわざわざ遠方から来るには不便な土地
この立地でどれだけ健闘するのであろうか?
e0208833_20555687.jpg
通常営業では深夜2時まで営業するようなので飲んだ帰りにうってつけ


[PR]

by oretokumou | 2016-10-08 21:07 | ラーメン情報 | Comments(0)